コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【酒田】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【酒田】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年9月9日

最上川の河口に開けた港町。江戸時代には海運で栄え、山居倉庫や舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓、本間家旧本邸など、往時の繁栄をしのばせる建物が残る。山海の幸にも恵まれ、「酒田フレンチ」や酒田のラーメンなどグルメも評判。

海向寺

2体の即身仏が奉安される寺
湯殿山信仰の寺。本堂脇の即身仏堂には、末世までの人々の苦しみを救い願い事を叶えるため、厳しい千日修行を積んで即身仏になった忠海上人と円明海上人の2体が奉安されている。

8月1〜3日の縁日の期間は、夜間も即身仏を拝観できる

酒田市美術館

丘の上のモダンな美術館
日本洋画界の巨匠・森田茂の作品を中心に、酒田市出身の作家の作品を収蔵・展示。国内外を問わず幅広いテーマの特別展も展開する。建築家・池原義郎氏設計のモダンな建物も見どころ。

美術館入口の目印となるキャノピー

屋形船みづき

酒田湾をクルージング
鳥海山や日和山公園などを望みながら、市内を流れる新井田川と酒田湾をクルーズする観光船。新井田川の土手には桜並木があり、春には船上で食事を楽しみながら花見を満喫できる。

山居倉庫近くの山居橋真下から乗船し酒田湾へ

まごころ茶屋 三代目 兵六玉

名物・豆腐料理と郷土料理
庄内浜の地魚など地元の旬の食材を多用した和洋折衷の郷土料理と、地酒をゆっくりと味わえる居酒屋。味わい豊かな豆腐料理は約10種類もあり、人気を集めている。本格焼酎も多数そろえる。

コースは2700円から。プラス1620円で飲み放題(2時間、6名以上・要予約)付

食彩旬味 芳香亭

山居倉庫の中のレストラン
老舗料亭「香梅咲」の姉妹店。落ち着いた店内では、酒田名物の「むきそば」などの郷土料理や創作料理が味わえる。夜は地酒や焼酎が1ショットから楽しめる。旬の一品料理とともに堪能しよう。

手打そば出羽

こだわりの自家製素材
毎日自家製粉し、手打ちにこだわった風味豊かなそばが評判。天ぷらや、つけ合わせの野菜・山菜もほとんどが庄内産。酒田地区の特区認定第1号を取得した、自慢のどぶろくも味わってみたい。

だしがよく効いた「鴨汁そば」(普通盛、1050円)は国産の鴨肉を使う

酒田のラーメン

話題のご当地ラーメン
魚介系のだしを使ったスープは、あっさりしていてコクがある。多くの店が自家製麺を使っているのも特徴。澄んだスープと小麦の香る麺は何度でも食べたくなる味だ。

ワンタンメンの満月

創業58年、羽衣のような極薄の手打ちワンタンが評判の店。上品なあごだしスープと、具材と肉汁がたっぷり包まれたとろけるような食感のワンタンが絶妙だ。

あっさりした味わいのワンタンメン(780円)

麺処 味龍

国産小麦で打つ自家製麺は、熟成させることでもちもちの弾力が生まれる。煮干しや昆布だしの奥深いスープに、やわらかな「三元豚」のチャーシューが味わいを添える。

もちもちの熟成麺がうまい中華そば(730円)

山茶花

クラシカルな喫茶店
アンティークのアクセサリーや古時計が飾られたシックな店内で、深煎豆のコーヒーを味わえる。季節ごとに替わる多彩なデザートが人気で、なかでも、「オーギョーチーのクリームあんみつ」は絶品と評判。

「オーギョーチーのクリームあんみつ」(700円)

平田牧場本店

人気の「三元豚」や「金華豚」がそろう
平田牧場の「三元豚」や「金華豚」は、その優れた肉質で全国的な知名度と人気を誇る。希少な「金華豚」の精肉、作りたてのお惣菜やお弁当など、本店ならではの充実のラインナップが魅力。

中町木村屋

地元で愛される老舗パン店
市内に3店舗を構えるパン店。ポテトサラダ、チョコクリームなど7種がそろうコッペパンは、いずれも食べごたえ満点。デコレーションケーキやギフトにぴったりの菓子類も多数販売する。

コッペパンはポテトサラダ(292円)、ジャム(194円)など

日本ジオパークに認定された自然豊かな飛島へ

飛島

酒田港より北西に39km、周囲約10.2kmの小さな島・飛島。山形県唯一の離島へは、酒田港から定期船で75分で到着する。飛島は島の周囲を対馬暖流が流れるため温暖な気候で、一年中タブノキなどの常緑広葉樹に覆われている。大自然のなかで、海水浴や釣り、トレッキングなど多彩なレジャーが楽しめるのが魅力。日本有数の野鳥の飛来地でもあり、バードウォッチャーからも人気。日帰りでも、島内の民宿に宿泊しても満喫できる。2016年には「鳥海山・飛島ジオパーク」として日本ジオパークにも認定された。

問い合わせ
◉酒田市観光振興課
0234-26-5759

飛島までは酒田港から定期船「ニューとびしま」で75分。
乗船料往復4200円、子ども2100円、片道2100円、子ども1050円。海上荒天の場合は欠航。詳しくはTEL0234-22-3911(酒田市定期航路事業所)

by pixta

飛島海水浴場
泳いでいる魚が間近に見えるほど透明度の高い海水浴場。湾に囲まれ、波も穏やか。7月中旬から8月中旬は海水浴が楽しめる。

観光用自転車
小さな島内は、無料でレンタルできる観光用自転車でめぐるのもおすすめ。4月中旬から10月まで利用できる。

by pixta

賽の河原
飛島海水浴場から延びる海岸遊歩道を歩いた先にある。沖合に浮かぶ烏帽子群島の岩が波でもまれたもので、玉石がうず高く積まれている。島では霊の拠り所となっている場所と伝わる。

[ランチはココで]しまかへ

島民と観光客の憩いのカフェ
定期船が発着する勝浦港からすぐのところにある、春から秋までオープンするカフェ。島でとれた海藻や魚介、野菜などを使った「本日のランチプレート」がおすすめ。島産のとびうおや岩海苔などのアイスも好評。

本日のランチプレート

[おみやげスポット]島の駅とびしま

飛島産のおいしいおみやげを
勝浦港前にある「マリンプラザ」の2階にあるみやげスポット。島名産のとびうおを使っただし醤油や焼き干しなどがそろう。飲食スペースがあるほか、飛鳥刺し子の展示も行なっている。

とび魚だしめんつゆ贅沢ストレート 400円
とびうおの上品なだしが効いためんつゆ

小松屋

文豪が愛した羊羹が名物
天保3(1832)年創業の和洋菓子の老舗。みやげ品としても人気の高い銘菓「呉竹羊羹」は、青海苔を羊羹に練り込んだもの。大正時代の作家・竹久夢二の『風のやうに』の一節にも登場している。

オランダせんべいFACTORY

地元で愛される定番おやつ
「酒田米菓」の工場内にある施設。山形を代表する菓子のひとつ「オランダせんべい」をはじめとしたみやげを多数販売する。館内では「オランダせんべい」の工場見学や手焼き体験も楽しめる。

「ギフトBOXオランダちゃん」(864円)

菓子の菊池

おみやげに人気の酒田銘菓
小豆、コーヒー、やきいもの3種類の餡がある酒田銘菓「酒田むすめ」を製造・販売している。しっとりとした生地と餡のおいしさがマッチして、ティータイムにぴったり。酒田みやげにおすすめ。

酒田むすめ(120円)

産直たわわ

鳥海山麓の元気野菜を販売
旬の野菜や果物はもちろん、春の山菜や季節の花など年間を通して多くの旬菜旬果が店頭に並ぶ。特に山菜は、うど、わらび、みずなど豊富にそろえる。国道沿いにあり、駐車場も広々。

地元産の新鮮野菜も手ごろな価格で販売

山形の地酒専門店 木川屋新橋本店

魅力的な地酒が豊富に
酒田市内で地酒を買うならここ。県内の特注地酒やワインを豊富に取りそろえる。また、コンテストで日本一になったどぶろくを製造。庄内米のおいしさが堪能できると、人気が高い。

ワインのセレクトにも定評がある

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×