「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【酒田】北前船文化!港町のクラシカルな名所を訪ねて!

【酒田】北前船文化!港町のクラシカルな名所を訪ねて!

【酒田】北前船文化!港町のクラシカルな名所を訪ねて!

by mapple

更新日:2018年9月9日

かつて「西の堺、東の酒田」と称されるほど栄えた港町・酒田。藩政期の京文化の影響を色濃く受けた江戸期や明治期の建造物が残る街並みをのんびり散策してみよう。

モデルコース

START JR酒田駅
⇩ 自転車11分・徒歩25分
➀ 山居倉庫
⇩ 自転車10分・徒歩20分
➁ 日和山公園
⇩ 自転車3分・徒歩5分
➂ 山王くらぶ
⇩ 自転車2分・徒歩4分
➃ 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓
⇩ 自転車8分・徒歩17分
➄ 本間美術館
⇩ 自転車2分・徒歩5分
GOAL JR酒田駅

無料レンタサイクルで街めぐり

酒田駅や「マリーン5清水屋」など、酒田市内15か所で自転車が無料レンタルできる。どこの乗り場へ返却してもいいので街歩きに便利。気軽に借りて自由に見てまわろう。

1 山居倉庫

旧藩主・酒井家によって建てられた米保管倉庫
明治26(1893)年に建てられた米保管用の倉庫で、今も農業倉庫として活躍中。全12棟のうち3棟が資料館やレストラン、売店として利用されている。

1 山居倉庫

ケヤキ並木と倉庫の風景は情緒たっぷり

[ココに注目!]
蔵の屋根
巨大な三角屋根は二重構造。米が長期保存できるよう内部を夏の高温から守っている。

ケヤキ並木
日本海の強風や夏の日光から蔵を守るために植えられた。新緑や紅葉の季節は特に美しい。

山居倉庫内の「庄内米歴史資料館」では米に関する資料や農具などが展示されている

庄内米歴史資料館の詳細情報


住所
山形県酒田市山居町1丁目1-8
交通
JR羽越本線酒田駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで10分、山居倉庫前下車すぐ
営業期間
3月~12月28日
営業時間
9:00~17:00(閉館)、12月は~16:30(閉館)
休業日
期間中無休

おみやげはココで!

酒田夢の倶楽
民芸品や工芸品、銘菓や漬け物などのおみやげ品が豊富にそろう。併設の、酒田の歴史や文化を紹介するミュージアム「華の館」は入場無料。

おみやげはココで!

みやげ品がずらりと並ぶ

酒田夢の倶楽の詳細情報


住所
山形県酒田市山居町1丁目1-20
交通
JR羽越本線酒田駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで10分、山居倉庫前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館、12~翌2月は~17:00<閉館>)
休業日
無休華の館は展示替え期間休、1月1日休

山居倉庫の詳細情報


住所
山形県酒田市山居町1丁目1-8
交通
JR羽越本線酒田駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで10分、山居倉庫前下車すぐ
営業期間
3月~12月28日
営業時間
9:00~17:00(閉館)、12月は~16:30(閉館)
休業日
期間中無休

2 日和山公園

港を望む公園で復元された北前船を見る
酒田港を一望する小高い場所に広がる憩いの場。園内では日本最古級の木造六角灯台や北前船の復元船などを見ることができる。春は桜の名所としても知られ、花見客で賑わう。夕日スポットでもある。

2 日和山公園
by pixta

[ココに注目!]
北前船の復元船
江戸時代に上方との海運で繁栄した酒田。当時活躍した北前船の復元船が池に浮かぶ。

2 日和山公園
by pixta

展望台からは六角灯台を望める

日和山公園の詳細情報


住所
山形県酒田市南新町1丁目10
交通
JR羽越本線酒田駅から庄内交通酒田市内廻りAコースバスで4分、寿町下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休

3 山王くらぶ

かわいらしい「傘福」を展示するかつての老舗料亭
もとは明治28(1895)年建築の老舗料亭。格式ある建物は組子入建具など見どころが多い。人形作家・辻村寿三郎氏の人形の展示や「傘福」の体験工房もある。

3 山王くらぶ

[ココに注目!]
傘福
子どもの成長を祈って飾る吊るし飾り。山王くらぶでは豪華絢爛な「傘福」を展示している。

3 山王くらぶ

縁起のよい細工が色とりどりに吊るされる

3 山王くらぶ

国の登録有形文化財

山王くらぶの詳細情報


住所
山形県酒田市日吉町2丁目2-25
交通
JR羽越本線酒田駅から庄内交通酒田市内廻りAコースバスで4分、寿町下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
無休、12~翌2月は火曜、祝日の場合は翌日休12月29日~翌1月3日休

4 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓

料亭文化の華やかさを伝える酒田舞娘の演舞
江戸時代の料亭「相馬屋」の建物を修復。国の登録有形文化財建造物で歴史的価値が高い。酒田舞娘の演舞が鑑賞できるほか、酒田ゆかりの竹久夢二の作品も展示。

4 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓

畳は紅花染め!
華麗な演舞は毎日14時から。予約不要

[知りたい!]
酒田舞娘とは?
江戸の昔、北前船の繁栄を背景に京都の華やかな料亭文化が酒田にもたらされた。舞妓のことを「舞娘」というのは酒田独特の呼び方。

4 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓

朱色の塀が目をひく

4 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓

和情緒あふれる館内

舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓の詳細情報


住所
山形県酒田市日吉町1
交通
JR羽越本線酒田駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
水曜8月13日休、12月30日~翌1月3日休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×