コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【酒田】北前船文化!港町のクラシカルな名所を訪ねて!

【酒田】北前船文化!港町のクラシカルな名所を訪ねて!

by mapple

更新日:2018年9月9日

かつて「西の堺、東の酒田」と称されるほど栄えた港町・酒田。藩政期の京文化の影響を色濃く受けた江戸期や明治期の建造物が残る街並みをのんびり散策してみよう。

モデルコース

START JR酒田駅
⇩ 自転車11分・徒歩25分
➀ 山居倉庫
⇩ 自転車10分・徒歩20分
➁ 日和山公園
⇩ 自転車3分・徒歩5分
➂ 山王くらぶ
⇩ 自転車2分・徒歩4分
➃ 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓
⇩ 自転車8分・徒歩17分
➄ 本間美術館
⇩ 自転車2分・徒歩5分
GOAL JR酒田駅

無料レンタサイクルで街めぐり

酒田駅や「マリーン5清水屋」など、酒田市内15か所で自転車が無料レンタルできる。どこの乗り場へ返却してもいいので街歩きに便利。気軽に借りて自由に見てまわろう。

1 山居倉庫

旧藩主・酒井家によって建てられた米保管倉庫
明治26(1893)年に建てられた米保管用の倉庫で、今も農業倉庫として活躍中。全12棟のうち3棟が資料館やレストラン、売店として利用されている。

ケヤキ並木と倉庫の風景は情緒たっぷり

[ココに注目!]
蔵の屋根
巨大な三角屋根は二重構造。米が長期保存できるよう内部を夏の高温から守っている。

ケヤキ並木
日本海の強風や夏の日光から蔵を守るために植えられた。新緑や紅葉の季節は特に美しい。

山居倉庫内の「庄内米歴史資料館」では米に関する資料や農具などが展示されている

おみやげはココで!

酒田夢の倶楽
民芸品や工芸品、銘菓や漬け物などのおみやげ品が豊富にそろう。併設の、酒田の歴史や文化を紹介するミュージアム「華の館」は入場無料。

みやげ品がずらりと並ぶ

2 日和山公園

港を望む公園で復元された北前船を見る
酒田港を一望する小高い場所に広がる憩いの場。園内では日本最古級の木造六角灯台や北前船の復元船などを見ることができる。春は桜の名所としても知られ、花見客で賑わう。夕日スポットでもある。

by pixta

[ココに注目!]
北前船の復元船
江戸時代に上方との海運で繁栄した酒田。当時活躍した北前船の復元船が池に浮かぶ。

by pixta

展望台からは六角灯台を望める

3 山王くらぶ

かわいらしい「傘福」を展示するかつての老舗料亭
もとは明治28(1895)年建築の老舗料亭。格式ある建物は組子入建具など見どころが多い。人形作家・辻村寿三郎氏の人形の展示や「傘福」の体験工房もある。

[ココに注目!]
傘福
子どもの成長を祈って飾る吊るし飾り。山王くらぶでは豪華絢爛な「傘福」を展示している。

縁起のよい細工が色とりどりに吊るされる

国の登録有形文化財

4 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓

料亭文化の華やかさを伝える酒田舞娘の演舞
江戸時代の料亭「相馬屋」の建物を修復。国の登録有形文化財建造物で歴史的価値が高い。酒田舞娘の演舞が鑑賞できるほか、酒田ゆかりの竹久夢二の作品も展示。

畳は紅花染め!
華麗な演舞は毎日14時から。予約不要

[知りたい!]
酒田舞娘とは?
江戸の昔、北前船の繁栄を背景に京都の華やかな料亭文化が酒田にもたらされた。舞妓のことを「舞娘」というのは酒田独特の呼び方。

朱色の塀が目をひく

和情緒あふれる館内

5 本間美術館

充実の本間コレクションと優雅な庭園も楽しみな施設
酒田の大地主・本間家に代々伝わる、東北諸藩からの拝領品や、歴史的に貴重な品々を展示。鳥海山を借景とする池泉回遊式庭園も見ごたえがある。

季節ごとに表情を変える庭園

[知りたい!]
酒田と本間家
江戸時代の豪商で、大名をも凌ぐ巨大な財力で知られた大地主・本間家。多くの慈善事業や公益事業で人々の尊敬を集めてきた。

テイクアウトグルメ&漁港みやげはココで!

みなと市場

漁港みやげが豊富
「市民の台所」をコンセプトに、日本海に揚がる新鮮な魚介や乾物などの海産物を豊富に扱う。特産品や日本酒なども充実している。

自分用にもぴったりの品が並ぶ

ジェラート モアレ

手作りジェラートの専門店
常時17〜18種類が並ぶジェラートの専門店。地元産の果物や野菜を使った季節感あふれるジェラートや、もちもちの生パスタなども人気。

さいとう精肉店

惣菜が充実した精肉店
惣菜や弁当がおいしいと地元で評判の精肉店。なかでも庄内豚のレバー唐揚げ(100g、175円)が人気で、リピーターも多い。

毎週水曜には手作りのパンも店頭に並ぶ

ここもおすすめ!立ち寄りスポット

本間家旧本邸

本間家が庄内藩主に献上した豪邸
本間家3代光丘が幕府巡見使宿舎を新築し、庄内藩主酒井家に献上した築250年の屋敷。武家屋敷と商家造りが一体となる珍しい建築様式は必見。

手前は武家屋敷、奥は商家造り

旧鐙屋

酒田を代表する廻船問屋の屋敷
当時の繁栄ぶりは、井原西鶴の『日本永代蔵』に描かれたほど。「酒田三十六人衆」として町政にも参画、日本海海運に大きな役割を果たした。

by pixta

現在は国指定の史跡となっている

土門拳記念館

酒田が生んだ世界的写真家
水辺にたたずむ静かなミュージアム。昭和を代表する写真界の巨匠・土門拳の作品約7万点を収蔵。

by pixta

美しい庭園も見どころ

展示室には迫力の生プリントが並ぶ

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×