コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  長崎【伊王島】長崎港に浮かぶリゾートアイランド

長崎【伊王島】長崎港に浮かぶリゾートアイランド

by mapple

更新日:2018年2月7日

長崎タウンから船で20分、車で40分。長崎タウンからいちばん近いリゾートアイランド。長崎港の南西およそ10㎞の沖合に浮かぶ伊王島と沖ノ島を合わせて広い意味で伊王島と呼ぶ。スパ&宿泊施設の「長崎温泉 やすらぎ伊王島」を中核とするリゾート島で、温泉棟、エステ、レストランなどが集まる。長崎港から出航する高速船のほか、沖之島と長崎市香焼を結ぶ伊王島大橋を通って車でもアプローチできる。

伊王島を楽しみ尽くすための島での過ごし方

旅気分を盛り上げる船でワクワクアプローチ

長崎電気軌道大波止電停から徒歩すぐの長崎港ターミナルから伊王島へ高速船が運航していて、長崎港や女神大橋を眺めながらクルーズ気分が味わえる。所要は19分で、運賃は670円。

チャリでぐるっと一周るんるん島内観光

やすらぎ伊王島では、自転車をレンタルしてサイクリングで島の名所を見てまわることができる。伊王島海水浴場から夕陽ヶ丘展望所までは急な上り坂があるが、電動補助付きの自転車であれば楽々。そこから伊王島灯台まではすぐ。

by fotolia - ©setsuna

日本初の鉄造六角形の様式灯台「伊王島灯台」

by fotolia - ©sakura

昭和6(1931)年に建造されたゴシック式の馬込教会

エステと温泉でゆるゆるリラックス

やすらぎ伊王島は、リラクセーションメニューが充実している。青い海を望む露天風呂で温泉を楽しむもよし。オリーブを使った手もみのマッサージ、ハーブスチームによるタイ式ハーブテントなどの体験ができる。

ランチもディナーもウキウキ気分でセレクト

会席料理からイタリアンまでレパートリーが広いレストラン、目の前で料理人が腕をふるうバイキング、高島ひらめなど近海でとれた海の幸が味わえる食事処、初夏から秋までの期間限定のBBQなどの飲食施設がある。宿泊の場合は食事付きのプランがあるが、その日の気分で食べたいものを選ぶプランもいい。

長崎温泉 やすらぎ伊王島

1万㎡を超える敷地内に4つの宿泊施設と日帰り温泉、レストランなどの施設がそろう。泊まりがけ、日帰り利用ともに多彩なプランがあり、客室、食事、アクティビティなど思い思いの過ごし方ができる。近年は伊王島発着の軍艦島クルーズとセットになったプランがある。

ACCESS

❶長崎港ターミナルから高速船「コバルトクィーン」で19分
❷長崎駅からシャトルバスで45分(予約制、無料)
❸長崎自動車道長崎ICから長崎南環状線へ。新戸町ICで降りて県道237号、国道499号、県道29・250・118号を野母崎方面へ約30分、伊王島大橋を渡って約5分

こちらもCheck!

伊王島海水浴場 コスタ・デル・ソル

青い海と白い砂浜が広がる
スペイン語で「太陽の海岸」を意味する全長340mのビーチ。2か所の子供用プールのほか、休憩所や温水シャワー、更衣室などの設備がそろう。夏期のみ、やすらぎ伊王島から送迎バスが運行する。

7月中旬から8月末までオープン

長崎伊王島 島風の湯

そよ風がここちよい露天風呂でゆったり
長崎温泉やすらぎ伊王島の敷地内にある日帰り入浴施設。地下1800mから湧き出る自家源泉の湯を引く。幅18mの展望露天風呂は海に面していて、眺望がいい。併設の食堂では、近海でとれた海の幸を使ったメニューが味わえる。

目の前にみごとな海が広がる露天風呂

大浴場には庭園風の露天風呂がある

筆者:mapple

まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18

発売日:2017年05月23日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18」です。掲載した内容は、2017年1~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×