おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【秋田タウン】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【秋田タウン】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【秋田タウン】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

by mapple

更新日:2018年12月2日

秋田城跡史跡公園

広大なスケールは圧巻
秋田城周辺の発掘調査で発見された遺構を現地に復元し、史跡公園として整備されている。秋田城跡歴史資料館から徒歩5分で秋田城の中心施設、政庁に行ける。東門や古代水洗トイレといった復元建物などは必見。

秋田城跡史跡公園

史跡公園内にある奈良時代の工法を用いて復元された東門

秋田城跡

最北の古代城柵官衙遺跡
天平5(733)年、蝦夷と出羽国の支配を目的に築かれた秋田城の遺構。当時の工法をそのままに復元された東門は必見だ。全国的にも珍しい奈良時代の古代水洗トイレも発見、復元されている。

秋田城跡歴史資料館

古代秋田城の謎を追いその姿を再現
秋田城跡の案内や解説を行う資料館として、発掘調査の出土品や調査成果を展示・公開している。赤外線カメラによる解読体験コーナーなど新しい展示手法を取り入れている。

秋田城跡歴史資料館

古代城柵官衙遺跡秋田城の全容がわかるジオラマ

秋田城跡歴史資料館

平安時代最新鋭の甲の実物展示

秋田城跡歴史資料館

秋田城跡を訪ねる前に立ち寄りたい資料館

秋田城跡歴史資料館の詳細情報


住所
秋田県秋田市寺内焼山9-6
交通
JR秋田駅から秋田中央交通将軍野線または寺内経由土崎線秋田厚生医療センター前行きバスで20分、秋田城跡歴史資料館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30
休業日
無休12月29日~翌1月3日休

秋田城跡史跡公園の詳細情報


住所
秋田県秋田市寺内大畑地内
交通
JR秋田駅から秋田中央交通将軍野線または寺内経由土崎線秋田厚生医療センター前行きバスで20分、秋田城跡歴史資料館前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
入園自由(4~11月の9:00~16:00は無料ガイドあり)
休業日
無休

秋田市大森山動物園 あきぎんオモリンの森

ガラス越しにライオンと対面
ゾウやキリン、カピバラやレッサーパンダに会える。猛獣舎「王者の森」ではガラス越しにライオンやトラが見られる。動物の食事風景が見られる「まんまタイム」が人気だ。

秋田市大森山動物園 あきぎんオモリンの森

アカコンゴウインコのメレブちゃんは大人気

秋田市大森山動物園 あきぎんオモリンの森

ふれあいコーナーではウサギにさわれる

秋田市大森山動物園 あきぎんオモリンの森

雄大なアフリカゾウ

秋田市大森山動物園 あきぎんオモリンの森

カンガルーの親子はいつも一緒にたわむれている

秋田市大森山動物園 あきぎんオモリンの森の詳細情報


住所
秋田県秋田市浜田潟端154
交通
JR秋田駅から秋田中央交通大森山動物園行きバスで36分、終点下車すぐ
営業期間
1・2月、3月第3土曜~11月
営業時間
9:00~16:00(閉園16:30)、冬期は10:00~14:30(閉園15:00)
休業日
期間中無休、1・2月は月~金曜、祝日の場合は開園1月1~3日休

アトリオン

秋田の情報を手に入れよう
秋田市立千秋美術館やコンサートホールを備えた秋田市中心部の複合施設。地下1階のあきた県産品プラザでは、品ぞろえ豊富な秋田の物産品を購入できる。

アトリオン

地下1階のあきた県産品プラザはおみやげ探しに最適

アトリオンの詳細情報


住所
秋田県秋田市中通2丁目3-8
交通
JR秋田駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:00~22:00(閉館、施設により異なる)
休業日
施設により異なる1月1日休

秋田県立博物館

秋田の歴史や自然について学ぼう
人文展示室、自然展示室といった常設展示で秋田の歴史や自然を解説。先覚記念室では、秋田ゆかりの人物152名を紹介している。分館の旧奈良家住宅は国の重要文化財。

秋田県立博物館

秋田の歴史を旧石器時代から時代ごとに展示

秋田県立博物館の詳細情報


住所
秋田県秋田市金足鳰崎後山52
交通
JR奥羽本線追分駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館)、11~翌3月は~16:00(閉館)
休業日
月曜、祝日の場合は振替休あり年末年始休、点検期間休

秋田の夏の風物詩

秋田では、夏になるとあちらこちらに「ババヘラアイス」の露天販売が現れる。秋田弁でおばさんの意味の「ババ」が、「ヘラ」を使ってコーンに盛り付けることからその名がついた。イチゴ味のピンクとバナナ味の黄色のアイスが、まるで花びらのように美しい。秋田観光の途中で露店のパラソルを見つけたら、ぜひ食べてみよう。

秋田の夏の風物詩

昔懐かしい素朴な味わいのアイスだ

0185-46-2066(進藤冷菓)

筆者:mapple

まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19

発売日:2018年01月25日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19」です。掲載した内容は、2017年6月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×