コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【小坂】鉱山の町として栄えた産業遺産が建ち並ぶレトロな町!

【小坂】鉱山の町として栄えた産業遺産が建ち並ぶレトロな町!

by mapple

更新日:2018年12月9日

かつては鉱山で栄えた小坂町。最盛期には秋田県2位の人口を誇り、さまざまな近代化が進められた。その面影が残る町並みを散策してみよう。

明治百年通りをそぞろ歩き

明治から昭和初期にかけて、鉱山の町として栄えた小坂町。歴史的建造物が建ち並び、明治の香りが漂う空間、『明治百年通り』を歩こう。

明治百年通りって?
国土交通省の「美しいまちなみ賞」にも選ばれた、全長約300mのレトロな並木通り。明治期の貴重な建造物や庭園を整備保存したもので、タイムスリップ気分を味わえる。

康楽館

国内最古級の和洋折衷芝居小屋 明治の芝居小屋
明治43(1910)年に鉱山で働く人たちのための娯楽施設として建てられた木造芝居小屋で国の重要文化財に指定されている。今でも常打芝居のほかに、歌舞伎などが上演される。古き良き時代の芝居小屋を堪能しよう。

館内は黒子の案内で見学することができる

芝居小屋のお弁当を食べよう!
「光月(こうげつ)」1000円は3日前までの予約で芝居を見ながら食べられる

小坂鉱山事務所

最盛期の栄華を今に伝える 世界に知られた小坂鉱山のシンボル
明治38(1905)年建築の小坂鉱山の旧事務所で、2001年に現在地に移築された。白漆喰が塗られた豪華なルネッサンス風の建物は当時の繁栄を伝え、国の重要文化財に指定されている。内部は鉱山の資料展示のほかショップ、レストランもある。

細部にいたるまでデザインされた建物は見応え十分

モダン衣装室

ドレスを着て記念写真を撮ろう
ズラリと並んだなかから、好きな衣装に着替えて撮影できる。時間内なら何着でもOK!衣装レンタル(30分)720円。

天使館

ルネサンス風の美しい建造物
昭和7(1932)年にカトリックの保育園として建築。記念撮影スポットとしても人気があり、ほかの建造物に負けない立体的なデザインがポイント。

現在はさまざまな催しが行なわれている

【ランチはココで】レストラン青銅館

とんがり屋根が目印のレストラン
地元の食材を生かした季節の料理を、洋食を中心としたバラエティ豊かなメニューで提供。店内は大きな窓で雰囲気も明るく、観光にも利用しやすい。

アカシアまつり

国内最大級の群生を誇るシンボルとして、毎年開催される町民手作りのイベント。アカシアはちみつや地産地消グルメ販売の露店で賑わう。

白い可憐な花の甘い香りに包まれる

小坂鉄道レールパークへGO!

駅構内がまるごとミュージアム
小坂鉱山を支えた鉱山鉄道が、鉄道ミュージアムとして復活。家族で楽しめるレールパークに行ってみよう!

小坂鉄道レールパーク

大人から子供まで一日中楽しめる 小坂鉄道100年の歴史がよみがえる
小坂鉱山とともに繁栄し、2009年に廃線となった小坂鉄道跡地を利用したテーマパーク。懐かしの車両展示や体験を通じ、大人から子どもまで楽しめる。

左側の駅舎が入場ゲートを兼ねている

珍しい車両や雪国ならではの設備が見られます!

●小坂鉄道で活躍した列車がたくさん!
小坂鉱山鉄道で実際に活躍した、さまざまな車両が展示されている。

昭和37(1962)年まで運行の11号蒸気機関車

●ブルートレインあけぼの
寝台特急「あけぼの」が宿泊施設に。営業日は4〜11月の金・土曜。

●観光トロッコ
家族みんなで一緒に乗車できるトロッコ。小坂鉄道の最終地点まで運行する。300円、小人150円

普段は見られない風景も見ることができる

●レールバイク
線路の上を走行するレールバイク。自分の力で線路を疾走する気分はまた格別!500円、小人250円

いろいろ体験しよう

●運転体験
ディーゼル車両をスタッフ指導のもとで実際に運転できる。5000円

お試し運転のほか、体験後に証明書が発行される本格運転コースもある

おみやげもチェック!

人気のおみやげは、小坂鉄道クリアファイル200円と駅名ストラップ500円。

小坂の立ち寄りスポット

小坂町立総合博物館・郷土館

十和田湖や鉱山の歴史を紹介
約1300万年前の海底火山活動で造られた小坂町の黒鉱の成り立ちや、十和田湖の大地形成、小坂鉱山と人々の暮らしなどを紹介。【見る】

モダンなレンガ造りの外観

七滝

落差約60mの神聖な名瀑
「日本の滝百選」に選ばれた名瀑で、頂上から下段まで7つの段があるとされる。滝の下まで行くことができるので、下から見上げると相当の迫力。竜神が祀られる神聖な滝といわれる。【見る】

江戸時代の紀行家、菅江真澄も訪れたという

旧工藤家住宅「中小路の館」

小坂町の大地主、名家の旧宅
小坂町の大地主でもあった工藤家の旧宅。武家様式を受け継ぐ住宅は、貴重な木材を使用した重厚な造りとなっている。館内には、工藤家伝来の古文書や什器を展示。【見る】

現存の建物は明治18(1885)年に建てられたもの

筆者:mapple

まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19

発売日:2018年01月25日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19」です。掲載した内容は、2017年6月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×