コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【角館】必食グルメ!秋田の美味がここに集結!

【角館】必食グルメ!秋田の美味がここに集結!

by mapple

更新日:2018年12月2日

観光客で賑わう小京都・角館には、地元のおいしいものから、秋田を代表するさまざまなグルメが勢ぞろいする。さあ、まずは何を食べてみる?


角館しちべぇ

蔵座敷で食べる比内地鶏
武家屋敷と町人町の境に建つ、蔵座敷のある食事処。素材にこだわり、なかでもおすすめは秋田の味覚、比内地鶏のきじ焼き丼。肉のコクや風味が口の中に広がる。ほかにも秋田牛などの地元食材メニューが並ぶ。

おすすめMENU
豆腐三昧 1836円
緑豆稲庭うどん 1242円

比内地鶏きじ焼き丼 1728円
コクのある比内地鶏の肉を網焼きにしたどんぶり。風味と香ばしさが口中に広がる

減農薬で栽培した大豆から作られた豆腐三昧

しっとりとした趣のある座敷席

角館駅から向かって武家屋敷通り入口にある

食堂いなほ

料亭の味を気軽に堪能
角館の名料亭「稲穂」の姉妹店。さまざまな秋田の名物料理を手軽に味わえる店として人気がある。とくに彩り鮮やかな漬物が並ぶ「がっこ懐石」や比内地鶏といぶりがっこを卵でとじた「いなほ風比内地鶏丼」はおすすめ。

おすすめMENU
いなほ風比内地鶏丼 900円
角館風稲庭涼うどん 1000円

がっこ懐石 1500円
秋田のさまざまな漬物が楽しめるうえ、いぶりがっこと親子丼まで付いてくる

昔使用していたがっこ桶が置かれた入口

むら咲

自家製きりたんぽを食べよう
秋田が誇る米「あきたこまち」を使い手作りしたきりたんぽを、3日かけてとった旨みとコクの鶏ガラだしスープと合わせるきりたんぽ鍋がイチオシ。鯉の甘露煮や地場産の野菜がふんだんに入った武家飯も名物。

おすすめMENU
武家飯 1620円
鮎のなれずし 700円

きりたんぽ鍋 1750円
あきたこまちのきりたんぽと、比内地鶏のスープという贅沢な組み合わせがたまらない

1階がテーブル席で、2階は予約制の個室

茶寮 百穂苑

美術品に囲まれた旧家のレストラン
ペルシャ絵画絨毯をはじめとする美術品に囲まれて、郷土料理の栗おこわや店オリジナルのコーヒーが味わえる店。建物は阿仁マタギ発祥の地である根子のまたぎ頭領の屋敷を移築したもので、築400年と伝わる。食事をすれば2階の資料館も見学ができる。

おすすめMENU
栗おこわ定食(松) 4860円
オリジナルブレンド・ショレビアンセット 1270円

栗おこわ定食(梅) 2160円
やさしい味わいにリピーターの多くが注文する。季節の小鉢など満足の8品

ペルシャ絨毯で仕上げた絵画が所狭しと飾られている

旬菜料理 月の栞

手間ひまかけたきりたんぽ鍋
手作りのきりたんぽや比内地鶏のだしを使った、秋田ならではの料理を堪能できる。比内地鶏のつくねや焼鳥などは地酒とともに味わいたい一品。オリジナルの宅配きりたんぽも人気で、地方発送もしてくれる。

おすすめMENU
比内地鶏すき焼膳 2700円
稲庭うどん(冷・温) 972円

比内地鶏キリタンポ膳2052円
リピーターも多い、比内地鶏の旨みたっぷりのきりたんぽ鍋と、稲庭うどんのお得なセット

くつろげる2階席が店主のおすすめ

レストラン 樅の木亭

秋田の旬を匠の技で味わおう
角館の町並に調和した、田町武家屋敷ホテルにある和食会席料理店。山菜や海の幸、旬の食材を料理長が厳選し、繊細なアレンジを施した匠の技が光る料理として提供。ランチから本格ディナーまで幅広く楽しめる。

おすすめMENU
ディナーコース 5400円〜

特選武家屋敷弁当 2916円〜(昼のみ、要予約)
秋田の旬の食材を匠の技が光る特製弁当に。素材の味を生かしたシンプルな味わい

ランチ、ディナーともに予約してから出かけよう

郷土料理 東海林

旬の食材を使ったヘルシー料理
大正時代から続く歴史ある郷土料理店。春は山菜と川魚、夏は桧木内川の鮎、秋はきのこ、冬は鴨と旬の食材をふんだんに使った料理が楽しめる。なかでも鴨料理が一番人気。

おすすめMENU
コース料理(夜)5400円〜※要予約

コース料理(昼)3240円〜
予約を受けてから食材を仕入れるため完全予約制。料理は季節ごとに替わる

落ち着いた雰囲気で角館の旬が味わえる

御狩場焼

伝説の味が300年ぶりに復活!
今から300年以上前に、角館城主・佐竹北家が狩りをしてキジや鴨に山椒味噌をつけて焼いたのが始まり。当家の21代当主である、佐竹敬久秋田県知事が公認し復活。角館の17店舗で、各店工夫を凝らした御狩場焼が食べられる。

お食事処 ふきや

七代佐藤養助稲庭うどんの専門店
角館で唯一、稲庭うどんの名品「七代佐藤養助」が食べられる店。家庭的でふんわりとした甘みの、名物だし巻き玉子も一緒に頼むのがおすすめ。店内は稲庭うどんをはじめとした、みやげコーナーが充実しているのもポイント。 

おすすめMENU
稲庭冷しうどん 900円
だし巻き玉子(単品) 350円

稲庭冷しうどんセット 1250円
代表メニューの稲庭うどんと人気のだし巻き玉子のセットは、うれしいゆかりおにぎり付

家庭的な味が人気のだし巻き玉子

みやげコーナーもある店内

お食事処 桜の里

ゴマと醤油、2つの味を食べ比べ
稲庭うどんや比内地鶏を中心に、食事から酒の肴まで秋田の名物が豊富にそろう。秋田が誇る郷土グルメがセットで味わえる、稲庭うどん比内地鶏親子丼セットが人気。ほかにも店内では、さまざまな秋田の名物や名産品を購入できる。

おすすめMENU
究極の親子丼 1620円
稲庭うどん比内地鶏親子丼セット(温・冷)1728円

稲庭冷やし二味うどん 972円
自慢の自家製ゴマだれと和風だしつゆの、2つの味が一緒に食べられるとあって人気

比内地鶏の串焼きもテイクアウト可能

お食事処藤八堂 珈琲館ぱにあ

ツルリとした喉ごしの稲庭うどん
もともとは挽き割り納豆の元祖という藤八堂。ツルリとした食感の稲庭うどんや、塩でいただく天ぷらがおすすめ。ほかにも素材にこだわった秋田の味が楽しめる。閉店時間も遅めなので夕食にも利用できる。

おすすめMENU
天婦羅稲庭うどん(温)1420円
きりたんぽ鍋 1950円

天婦羅稲庭うどん(冷)1420円
天ぷらにちょんとつける抹茶塩が、味を膨らませてくれる。稲庭うどんは大盛りも可能

ゆったりとしてくつろげる店内

十兵衛

佐藤養悦稲庭干しうどんを提供
由緒ある「稲庭干しうどん」のひとつ、佐藤養悦本舗の稲庭うどんなど、秋田名物を食べられる店。旨みとコクたっぷりの比内地鶏のカレーやラーメン(どちらも864円)もおすすめ。

おすすめMENU
稲庭うどん比内地鶏親子丼セット 1728円
比内地鶏のつくね 378円

稲庭冷やしゴマダレうどん 864円
角館にはあまり出回っていない「佐藤養悦」のうどんを使用。コシと喉ごしに定評がある

明るくて初めてでも気軽に入れる雰囲気

角館地そば そばきり長助

自家栽培、自家製粉にこだわり
自家栽培、自家製粉の地そばが自慢。十割と二八が好みで選べる。農業も営む店主が有機栽培したそばの実を、みずから製粉し手打ちした地そばは、それを目当てに全国からファンが訪れるほどの人気。

おすすめMENU
もりそば十割 702円
2種食べくらべもり 1188円

十割二色もり 1026円
殻ごと挽いた田舎そばと、殻をむいたそばの十割二色もり。味の違いを比べてみよう

休日や観光シーズンは行列覚悟の人気店

自家製粉 手打蕎麦の店 角館そば

自慢の二八そばをたぐろう
手打ちならではのそば本来の味や香りを大切に、低温管理された玄そばを使う分だけ自家製粉して、そばを打ち続ける店。こだわり抜いた味わいの二八そばは甘みや香りが引き出され、モチモチした食感で人気の一品。

おすすめMENU
鴨ざる 1300円
もりそば 750円

あゆ天そば 1600円(数量限定)
軽い食感にサクサク揚げたアユの天ぷらと、繊細なそばの風味との相性が絶妙

売り切れ次第閉店なのでお早めに

手打ちそば さくらぎ

田沢湖の湧き水で打ったそば
水は田沢湖の湧き水、そば粉も田沢湖産と、相性の良い素材を使用するこだわりの店。吟味してとっただしに、秘伝の熟成かえしを合わせたまろやかなつゆは、そばをひき立ててくれる。

おすすめMENU
地鶏南蛮そば 1050円
そば屋のカレーライス 850円

天ざるそば1050円
こだわりの粗挽き二八そばと天ぷらのセット。まろやかなつゆは天ぷらにもピッタリ

ジャズが流れる店内はまるで和カフェのようにモダン

筆者:mapple

まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19

発売日:2018年01月25日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19」です。掲載した内容は、2017年6月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×