>  >  >  >  >  > 

【角館】必食グルメ!秋田の美味がここに集結!

まっぷるマガジン

更新日:2018年12月2日

この記事をシェアしよう!

【角館】必食グルメ!秋田の美味がここに集結!

観光客で賑わう小京都・角館には、地元のおいしいものから、秋田を代表するさまざまなグルメが勢ぞろいする。さあ、まずは何を食べてみる?


角館しちべぇ

蔵座敷で食べる比内地鶏
武家屋敷と町人町の境に建つ、蔵座敷のある食事処。素材にこだわり、なかでもおすすめは秋田の味覚、比内地鶏のきじ焼き丼。肉のコクや風味が口の中に広がる。ほかにも秋田牛などの地元食材メニューが並ぶ。

おすすめMENU
豆腐三昧 1836円
緑豆稲庭うどん 1242円

角館しちべぇ

比内地鶏きじ焼き丼 1728円
コクのある比内地鶏の肉を網焼きにしたどんぶり。風味と香ばしさが口中に広がる

角館しちべぇ

減農薬で栽培した大豆から作られた豆腐三昧

角館しちべぇ

しっとりとした趣のある座敷席

角館しちべぇ

角館駅から向かって武家屋敷通り入口にある

食堂いなほ

料亭の味を気軽に堪能
角館の名料亭「稲穂」の姉妹店。さまざまな秋田の名物料理を手軽に味わえる店として人気がある。とくに彩り鮮やかな漬物が並ぶ「がっこ懐石」や比内地鶏といぶりがっこを卵でとじた「いなほ風比内地鶏丼」はおすすめ。

おすすめMENU
いなほ風比内地鶏丼 900円
角館風稲庭涼うどん 1000円

食堂いなほ

がっこ懐石 1500円
秋田のさまざまな漬物が楽しめるうえ、いぶりがっこと親子丼まで付いてくる

食堂いなほ

昔使用していたがっこ桶が置かれた入口

むら咲

自家製きりたんぽを食べよう
秋田が誇る米「あきたこまち」を使い手作りしたきりたんぽを、3日かけてとった旨みとコクの鶏ガラだしスープと合わせるきりたんぽ鍋がイチオシ。鯉の甘露煮や地場産の野菜がふんだんに入った武家飯も名物。

おすすめMENU
武家飯 1620円
鮎のなれずし 700円

むら咲

きりたんぽ鍋 1750円
あきたこまちのきりたんぽと、比内地鶏のスープという贅沢な組み合わせがたまらない

むら咲

1階がテーブル席で、2階は予約制の個室

茶寮 百穂苑

美術品に囲まれた旧家のレストラン
ペルシャ絵画絨毯をはじめとする美術品に囲まれて、郷土料理の栗おこわや店オリジナルのコーヒーが味わえる店。建物は阿仁マタギ発祥の地である根子のまたぎ頭領の屋敷を移築したもので、築400年と伝わる。食事をすれば2階の資料館も見学ができる。

おすすめMENU
栗おこわ定食(松) 4860円
オリジナルブレンド・ショレビアンセット 1270円

茶寮 百穂苑

栗おこわ定食(梅) 2160円
やさしい味わいにリピーターの多くが注文する。季節の小鉢など満足の8品

茶寮 百穂苑

ペルシャ絨毯で仕上げた絵画が所狭しと飾られている

旬菜料理 月の栞

手間ひまかけたきりたんぽ鍋
手作りのきりたんぽや比内地鶏のだしを使った、秋田ならではの料理を堪能できる。比内地鶏のつくねや焼鳥などは地酒とともに味わいたい一品。オリジナルの宅配きりたんぽも人気で、地方発送もしてくれる。

おすすめMENU
比内地鶏すき焼膳 2700円
稲庭うどん(冷・温) 972円

旬菜料理 月の栞

比内地鶏キリタンポ膳2052円
リピーターも多い、比内地鶏の旨みたっぷりのきりたんぽ鍋と、稲庭うどんのお得なセット

旬菜料理 月の栞

くつろげる2階席が店主のおすすめ

旬菜料理 月の栞

レストラン 樅の木亭

秋田の旬を匠の技で味わおう
角館の町並に調和した、田町武家屋敷ホテルにある和食会席料理店。山菜や海の幸、旬の食材を料理長が厳選し、繊細なアレンジを施した匠の技が光る料理として提供。ランチから本格ディナーまで幅広く楽しめる。

おすすめMENU
ディナーコース 5400円〜

レストラン 樅の木亭

特選武家屋敷弁当 2916円〜(昼のみ、要予約)
秋田の旬の食材を匠の技が光る特製弁当に。素材の味を生かしたシンプルな味わい

レストラン 樅の木亭

ランチ、ディナーともに予約してから出かけよう

郷土料理 東海林

旬の食材を使ったヘルシー料理
大正時代から続く歴史ある郷土料理店。春は山菜と川魚、夏は桧木内川の鮎、秋はきのこ、冬は鴨と旬の食材をふんだんに使った料理が楽しめる。なかでも鴨料理が一番人気。

おすすめMENU
コース料理(夜)5400円〜※要予約

郷土料理 東海林

コース料理(昼)3240円〜
予約を受けてから食材を仕入れるため完全予約制。料理は季節ごとに替わる

郷土料理 東海林

落ち着いた雰囲気で角館の旬が味わえる

1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19」です。掲載した内容は、2017年6月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください