コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【千葉】“泊まれる小学校”『ちょうなん西小』は遊びかた無限大!夢の教室泊体験!

【千葉】“泊まれる小学校”『ちょうなん西小』は遊びかた無限大!夢の教室泊体験!

by まっぷるリンク おでかけ編集部

更新日:2018年9月14日

皆さんが小学校に通っていた頃、できたらいいな~と一度は抱いていた夢はありませんでしたか?

『グラウンド・体育館をひとりじめしたい!』
『教室に泊まってみたい!』
『職員室でお茶してみたい!』などなど…

実はなんと、それらを全て実現できてしまう場所があるんです!

それは、都心から車で90分、千葉県長生郡 長南町にある『ちょうなん西小』。

2017年3月末に、惜しまれつつもその学校としての役目を終えたかと思いきや…なんと!
今年7月に“泊まれる学校”に姿を変え、再び『開校』したのです。

仲間と泊まる学校』というフレーズにわくわく!さっそく現地に行ってみました。

千葉ちょうなん西小に登校!

千葉県のほぼ中央に位置する長南町は、都心からのアクセスがスムーズ!

東京から車で向かうなら約90分。
公共交通機関を利用の場合、東京駅発の高速バスで1時間ほどで最寄りの市原鶴舞バスターミナルに着きます。

送迎バンを利用可。いちどに乗れる最大乗車人数は8人。
大人数の移動に対応する専用バスの整備も現在進行中。

バスターミナルから車で約20分。『仲間と泊まる学校 ちょうなん西小』に到着!
外観は学校の姿をそのまま残し、初めて訪れるとは思えない懐かしさを感じます。

早速ちょうなん西小を探索していきましょう!

みんなで体育!ボールもラケットも使い放題『プレイエリア』

◇学校ならでは!広々『グラウンド』
目の前に広がるグラウンドは、思わず駆け出してしまう広々スペース!
周辺を緑に囲まれ、サッカーや野球も難なくのびのびと楽しめます。

一部の備品は貸出無料。事前に用意しておけば、キャンプファイヤーや花火も楽しめます。

◇明るい開放感!雨の日も安心の『体育館』
ちょうなん西小の体育館は、天井が高く、壁は大きい格子窓。光がたくさん入る明るい空間です。
格子窓を全て開けば、心地よい風が入る最高のプレイエリアに早変わり!

運動会でおなじみの赤玉・白玉を発見!

備品には『にし小』の文字
バレー・バスケ・バドミントンなどなど…一通りの備品が使えます。

体育館ならではの匂いと、キュッキュッと鳴る靴の音に懐かしい気持ちになりますね。

ステージに登壇すれば、校長先生や応援団長の気分!
『フレー!フレー!!西小ーーー!!』マイクなど音響設備もばっちり使えます。

【プレイエリア】グラウンド/体育館
1日1団体利用/宿泊者専用

みんなが使えるカフェや図書室!『地域交流棟』

校舎2棟の内の片方は宿泊スペースとは別に、一般にも開放している『地域交流棟』。泊まらずにふらりと立ち寄って使用できるスペースです。

 
◇『CHONAN Nishisho CAFE
職員室をリノベーションした、おしゃれな雰囲気のこちらのカフェでは、3種類のそば粉をブレンドしたこだわりのガレットや、季節の野菜や果物を使ったちょうなん西小特製ジェラートを頂くことができます。詳しいメニューはこちら
【営業時間:11:00〜16:00】

◇本の匂いが懐かしい『図書室』
小学校ならではの児童図書から、大人が読みたい実用雑誌まで幅広い蔵書ラインナップ。

◇お母さんに嬉しい『キッズルーム』
こどもに優しいふかふかのフロアシート。遊具や絵本も充実しています。

そのほか廊下など、随所に学校らしさが残ります。

 
【地域交流棟】
カフェ/図書室/ベビールーム/キッズルーム

一般利用時間:11:00~16:00

まるで修学旅行!?夢の教室泊がかなう『宿泊棟』

地域交流棟を一周した後は、いよいよ宿泊者のみの『宿泊棟』へ。

◇教室が1部屋まるごと宿泊室!

元教室が改装された宿泊室は畳の部屋とベッドタイプの部屋の二種類あります。
ベッドメイキングはリネン室からシーツを運ぶセルフサービス。
みんなで布団を並べれば気分は修学旅行!合宿や研修、団体旅行などに最適です。

元家庭科準備室や理科室のお部屋も

まくら投げの記憶が甦る広々スペース

広~い教室内に並ぶ布団。
団体向けの宿泊施設なのでは…と思いきや、家族や友達2~3人で泊まれる個人プランでの宿泊も歓迎とのこと。
学校宿の雰囲気を味わってみたい方はぜひ気兼ねなく予約してみてくださいね。

◇お風呂は長南町に湧く名水を使用!

そして、学校の教室を丸ごと改装したお風呂場も気になる所。お風呂場のドアを開けると、なんとそこにはヒノキが香る浴槽が!

教室内にお風呂があるわくわく感!

お風呂は大浴場タイプ(写真)と五右衛門風呂タイプの2か所。
男女の入れ替えは宿泊者の好きなタイミングで行えます。

お風呂のお湯は、なんと日本の名水百選に選出された、長南町『熊野(ゆや)の清水』を使用しているとのこと!
お湯は使う人ごとに張り替えすることも可能です。

時間も人の入れ替わりも気にせず、ゆっくり楽しめます。

懐かしい身長計で、久々の身体測定

風呂場のお隣には、運動後に嬉しいランドリースペース。

◇食事は食堂で給食スタイル!みんな揃って「いただきます!」

ちょうなん西小の食事は朝・昼・夜と、セルフサービスの給食スタイル
食堂に集まって、皆で楽しく配膳しましょう。給食をBBQに変更することもできます。

手を合わせて「いただきまーす!」

ちょうなん西小のオリジナル割烹着で、給食係になることも可。

宿泊者のみ使用できる特別教室も!

◇みんなでセッション♪『音楽室』
大型の打楽器やピアノなど、持ち込みの難しい楽器が利用できるのが嬉しいポイント。
(宿泊者専用教室 利用は21:00まで)

◇芸術合宿にも!『図工室』
机の天板を引き上げればデッサン机に早変わり!
(宿泊者専用教室 利用は21:00まで)

宿泊前に、仲間を集めて使い方会議♪

ちょうなん西小の施設担当の方にお話を伺うと、

・畳の部屋でのかるた部合宿
・校舎全てを使った肝試しレクリエーション
・美術部の制作合宿
・企業懇親会・研修・セミナー

 
などなど、予想しなかった楽しい・賢い使用方法が宿泊者から飛び出すことも。
皆さん思い思いのアイデアでこのちょうなん西小を利用しているそう。
まさに、アイデア次第で楽しみ方無限大!

研修・セミナーにも対応できる大教室

中庭はバーベキュー会場に早変わり

かわいいオリジナル消印がつく『福縁ポスト』。招待状はぜひこちらから♪

光がきれいに入る渡り廊下で、ちょっと変わった『学校ウエディング』もできそう!

10月は体育館でハロウィン仮装パーティーをしたり、
12月はロードバイクに乗る宿泊者がサンタの恰好をして長南町を走り、町内の子どもたちにプレゼントを配布したり。
ちょうなん西小オリジナルイベントも季節ごとに随時開催されるもよう。
ぜひ公式FB/インスタグラムでその楽しいようすを覗いてみてくださいね。

仲間と泊まる学校 ちょうなん西小
住所:千葉県長生郡長南町佐坪1348-1
宿泊料金:団体利用50,000~円、個人利用5,000~円
※料金・ご予約の詳細については公式サイトをご確認ください。

ちょうなん西小に泊まってみよう!

ゼミ合宿や企業研修などあらゆる世代が楽しめそうな、仲間と泊まる学校 ちょうなん西小

『いつもと違った旅行、合宿にしたいな~』と思っている幹事さん、
『ちょっと変わったお宿を利用してみたい!』と思っている方は、
今度の旅行に、ぜひこの小学校を選んでみてはいかがでしょうか?

楽しみ方無限大!自分だけの宿泊体験が叶う宿・ちょうなん西小にぜひ登校してみてくださいね。

掲載した内容は、2018年9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

筆者:まっぷるリンク おでかけ編集部

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×
×