トップ > 中国・四国 > 四国 > 内子・宇和島 > 

この記事の目次

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】エメラルドグリーンに輝く絶景「果報バンタ」(うるま市)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】エメラルドグリーンに輝く絶景「果報バンタ」(うるま市)

ぬちまーす製塩ファクトリーの敷地内にある、別名「幸せ岬」。標高約120mの崖の上からの眺めが美しく、近くには龍神風通や三天御座という御嶽もあるパワースポットです。

果報バンタ

住所
沖縄県うるま市与那城宮城2768ぬちまーす製塩ファクトリー敷地内
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10号を宮城島方面へ車で25km
料金
無料

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】時が止まったような島で昔の沖縄を思う「浜比嘉島」(うるま市)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】時が止まったような島で昔の沖縄を思う「浜比嘉島」(うるま市)

平安座島の南に位置する周囲7kmの小さな島。琉球の創世神アマミキヨ(アマミチュー)にまつわる史跡が残っています。昔ながらの風情を感じる瓦屋根の民家や白砂の路地があり、郷愁をそそります。

浜比嘉島

住所
沖縄県うるま市勝連浜、勝連比嘉
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10・238号を浜比嘉方面へ車で20km
料金
情報なし

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】本島随一の絶景ポイント七色に輝く海のナイスビュー「万座毛」(恩納村)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】本島随一の絶景ポイント七色に輝く海のナイスビュー「万座毛」(恩納村)

サンゴ礁が広がる海に切り立つ断崖は、まるでゾウの鼻のよう。崖の上一面は天然芝で覆われ、周囲には遊歩道が整備されています。眼下に広がるエメラルドグリーンの海は刻々と色合いを変化させ、夕暮れ時はとくに美しいです。

万座毛

住所
沖縄県国頭郡恩納村恩納
交通
沖縄自動車道屋嘉ICから県道88号、国道58号などを恩納方面へ車で6km
料金
情報なし

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】ビッグスケールの城跡を散策「今帰仁城跡」(今帰仁村)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】ビッグスケールの城跡を散策「今帰仁城跡」(今帰仁村)

全島統一前の三山時代に本島北部を統治した北山王の居城。13世紀頃に築城され、城壁は自然の地形に合わせて石灰岩の岩塊を積み上げたもの。9つの城郭からなる城壁の長さは1.5kmと首里城にも匹敵するスケールが魅力です。

今帰仁城跡

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58・505号を今帰仁方面へ車で27km
料金
入場料(今帰仁城跡・歴史文化センターと共通)=大人400円、小・中・高校生300円/(障がい者手帳持参で無料、高齢者はなし)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】恋の神話が残る神秘的な島「古宇利島」(今帰仁村)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】恋の神話が残る神秘的な島「古宇利島」(今帰仁村)

神が宿る島といわれ、七森七御嶽と呼ばれる拝所が残るほか、アダムとイブの伝説に似た物語が伝わっています。周囲約8kmの小さな島で、「恋の島」としても知られています。

古宇利島

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で28km
料金
情報なし

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】那覇から約20分の沖合に浮かぶ無人島「ナガンヌ島」(渡嘉敷村)

【沖縄ひとり旅×おすすめスポット】那覇から約20分の沖合に浮かぶ無人島「ナガンヌ島」(渡嘉敷村)

那覇から西へ約15kmの沖合に浮かぶチービシと呼ばれる島の一つ。サンゴのかけらでできた真っ白な島でガイドツアーのみ上陸することができます。プライベート感溢れるどこまでも青い海で、海水浴やマリンスポーツを楽しみましょう。

ナガンヌ島

住所
沖縄県島尻郡渡嘉敷村ナガンヌ島
交通
泊港からナガンヌ島行き定期運航船で20分、ナガンヌ島下船
料金
入場料=3200~4200円(4~6月・10月)、4800~5800円(7~9月)/(乗船料込、別途環境協力税100円)
1 2 3

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください