トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 

【東京】夏は手持ち花火で夕涼み! 東京・浅草橋の玩具花火専門店をご紹介

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2023年7月10日

この記事をシェアしよう!

【東京】夏は手持ち花火で夕涼み! 東京・浅草橋の玩具花火専門店をご紹介

大きな花火大会もたまにはいいけど、夏は何度でも花火を楽しみたい!
そんなときは、子供のころに親しんだ手持ち花火で気軽に夏を満喫するのはいかがですか?

江戸文化の象徴ともいえる花火。じつは下町風情漂う浅草橋に専門店があるのです!
ここでは家族で、友だち同士で、デートでも楽しめる手持ち花火専門店とその遊び方をご紹介します。

夏といえば…花火!しかし打ち上げ花火の大会まではまだ日があるし…と考えふと思い浮かんだのが手持ち花火。しかし、「最近めっきり手持ちの花火をしていないな…」と思い、購入できるお店を調べると、東京・浅草橋に玩具花火の専門店があるとの情報をGET!

花火専門店には一体どんな花火が置いてあるのだろう。と、期待に胸を膨らませて、さっそく現地に行ってきました。

江戸っ子の街・浅草橋

JR浅草橋東口前の江戸通りは、風情ある問屋街や人形屋などが多く立ち並んでいます。江戸時代の五街道の一つで、周辺には史跡が沢山あるので江戸の歴史を感じられる町でもあります。

『花火コーディネーターのいる店』長谷川商店さん

早速、JR浅草橋駅から徒歩ですぐ。元祖・浅草橋玩具花火店の長谷川商店さんにやってきました。

『花火コーディネーターのいる店』長谷川商店さん

ぱっと明るい店内には、400~500種類もの花火が並んでいます。

お手頃なセット花火はもちろん、どれも試してみたくなる個性豊かな玩具花火手持ち花火吹き上げ花火が所狭しと並んでいて、ひとつひとつ手に取るだけで楽しいお店です。

さっそくお話をお伺うことに。

昭和二十二年創業という歴史ある長谷川商店さんの三代目・ 長谷川公章さんは以前より『花火コーディネーター』として、それぞれのお客さんの目的や予算に合わせて、最適な花火をチョイスするサービスを行っているそう。

小学校のPTA会介護施設のミニ花火大会など、子供から大人まで、花火を楽しむ人に合わせた構成・演出を組み、素敵な夏の思い出をプロデュースする、なんとも粋な心遣いです。

そんな長谷川さんのプロデュースしたミニ花火大会は大好評。毎年リピーターが増えていき、今では北海道から沖縄まで全国各地から依頼が飛んでくるほどです。

もちろんここに直接足を運んでくれたお客さんの花火コーディネートもするよ。前の年に一緒に花火を選んだ年配のお客さんが、
「孫が、『おじいちゃんおばあちゃんの買ってきてくれる花火が面白いから、セット花火はいらなーい』なんて言ってくれたから今年もまた来たよ。」って言ってくれたり。』

『女の子とのデートで花火をするんだけど…って相談に来てくれた男の子もいたなぁ。誰とどこでどう楽しみたいか、それぞれの思いに合った花火を選んでおすすめするよ。』

お客さん一人ひとりに寄り添った花火コーディネート、素敵ですね…!ちなみに私のように、何も決めずにこのお店に来た方におすすめの花火ありますか?例えば…うーん…変わり種のものだったり…』

『一口に変わり種といっても、かなりの種類があるよ!水に入れても燃え続けるものとか、花火の先端が超回転するものとか、花火の持ち手にチョコやカレーの香りがついてるものとか。本当に色々。
最近だとSNSの写真映えを気にするお客さんも多いから、そういう時は煙が少ないものをおすすめしたりもする。』

『知らなかったものがたくさん…!これは本当にコーディネートしてもらわないと、どれにしようか決められなさそうですね…』

『普通の手持ち花火にしても、セット花火に入っているものは燃焼時間が15~20秒くらいだけど、ここに置いてるものは40秒から2分までのものがあるから、それだけでも少し違うよね。

燃焼時間が長いと、せわしなく火を付ける必要がなくて、一緒に花火をしている人…親子や友達と、花火の情緒や会話をゆっくり楽しめるからおすすめだよ。』

桃の香りの花火を嗅がせて頂きました。かわいらしい甘い香り!

水中でも消えない、不思議な『水中金魚はなび』

本当にたくさんの種類の変わり種花火が!

素敵なお話の合間にも、役立つ花火豆知識を教えて頂きました。

●花火に消費期限はない!?
『実は花火にはこれといった消費期限が無い』という衝撃の事実。保管方法さえしっかりしていれば、長く持つものなんですね。
その証拠にと、綺麗に火花を散らす50年モノの線香花火の映像を見せて頂きました。

●ススキ花火のピロピロはちぎってから遊ぶ・・・はもう古い!?
知っている人は知っている、ススキタイプの花火の先端のピロピロはちぎってから火を付けるという花火の豆知識…。
実は今、そのピロピロが火薬を少量含んでいて、先端から火を付けてもしっかり着火するタイプの花火が登場しているんです。『ごみが出なくていいよね』と長谷川さん。

 

また、店内の吹き上げ花火には音の大きさや吹き上がる火花の距離をアイコンで表示した商品も。
中には長谷川商店さん独自の取り組みで、QRコードを読み込むとどんな火花を出すか見られるものもありました。とことんお客さんの目線に立っている長谷川商店さん。

『ありがとうございました…!!最後に、女性もしくは男性ふたりが楽しむ、予算2000円くらいの花火をコーディネートしていただけますか?』

『はいはい。まかして。』

5分、いや3分もかからず我々の要望を全て汲んだチョイスをして頂きました。時折止まって真剣に選びつつも、スパパっと花火を選んでいくのはさすがの技です…あっという間に女の子セット男の子セットが出現。

女性2人向けセット(左)と男性2人向けセット(右)

『今からとても楽しみです!!』

『そうそう、この花火を持ち帰るタイミングで笑顔になってもらえるとさ、きっと楽しい花火になるなって思うんだよね。』

最後の温かい一言がとても印象的でした。頼れる花火コーディネーター・長谷川さんがいる長谷川商店さんに、今年の夏はぜひ足を運んでみてくださいね。

長谷川商店
住所:東京都台東区柳橋2-7-3(MAP)
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休

どこか懐かしい雰囲気の人形の三桜さん

長谷川商店さんのすぐお隣、人形の三桜さんもぜひ行ってみてほしいお店。

どこか懐かしい雰囲気の人形の三桜さん

秋~春は木目込み人形などのお人形を置いていますが、夏は花火屋さんに様変わり。こちらもとても種類豊富な品揃えです。

朗らかな笑顔が素敵な店主の高橋さん

『ゆっくり見て行ってね。』

『ありがとうございます!種類がたくさん置いてあって迷いますね…この紙のパッケージの線香花火、純和風な雰囲気ですね。』

『そうそう。これは同じ浅草橋の山縣商店さんでしか卸してない国産の線香花火なんだよ。』

『そうなんですね!ぜひやってみたい…ちなみにこういった長手の線香花火を長く楽しむコツがあれば教えて頂きたいのですが…』

『先端の火薬が詰まった所を、固くなるように少しだけキュッと絞ると長持ちするかも。
あと、真下じゃなくて45度くらいのななめ下向きでやると、火の玉が落ちにくくなるんだよ。』

『ずっと真下に向けてやってました…!!試してみます!』

『あれ、このスボ手牡丹っていう線香花火…変わった形ですね。「西の線香花火」…?』

『関西を中心に広まった線香花火で、これは長手とは逆に、火が付いた部分を斜め上に向けて楽しむ線香花火だよ。国内で作っている所はもう一カ所だけなんだけどね。綺麗だからぜひ遊んでみて。』

他にも、燃焼時間が約150秒(約2分半)と驚異の長さを誇るスパーク花火も…燃え尽きるまでに一曲歌えそうな長さです。

他にも、おすすめの花火を手に取りながら、遊び方を楽しく教えて頂きました。

花火の楽しい遊び方を終始そっと温かく教えてくださる、どこか懐かしさのある駄菓子屋さんのような温かい雰囲気を感じることができるお店です。
花火はもちろん、お店にも癒されること間違いなしの人形の三桜さん。ぜひ訪れてみてくださいね。

人形の三桜
住所:東京都台東区柳橋2-7-4(MAP
営業時間:9:30~18:30
定休日:無休

公園に移動して、早速花火スタート!

おすすめして頂いた花火を楽しむべく、駒沢オリンピック公園の中央広場にやってきました。石畳になっているため、足元が安定していて困った虫が比較的少ないおすすめスポットです。

それではさっそく遊んでみましょう。
今回遊んだ花火の中から、編集部のおすすめの花火を女性向け・男性向け別に動画でご紹介します!

東京都内で花火ができる場所は…

都心部で花火をできる場所は年々限られてきてはいますが…大丈夫!今回花火を楽しんだ駒沢オリンピック公園を含め、東京都内の花火が許可されているスポット3か所を挙げてみました。

1.荒川区河川敷

2.駒沢オリンピック公園中央広場MAP

3.二子玉川公園ビジターセンターMAP

どのスポットも、場所が広いためのびのびと花火を楽しめそうです。
場所ごとのルールなどがあるので、各公式サイトをチェックしてみてくださいね。

※花火をする時は、水を汲んだバケツ・ゴミ袋を必ず用意し、火の元に十分に注意して正しい使用方法で楽しみましょう。終わった後はゴミを残さずきれいに撤収!

小さな花火大会で、日本の夏を感じましょう

今年の夏は、浅草橋に立ち寄って、ちょっと変わったおもしろい花火から質の高い国産花火まで、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。
きっと、いつもとは少し違う花火が楽しめるはず!この夏はぜひ、浅草橋の素敵な花火店に立ち寄ってみてくださいね。

※掲載した内容は、2018年6月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。

※表示価格はすべて税込です。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

小さな花火大会で、日本の夏を感じましょう

東京の新着記事

どこよりも詳しい東京駅「日本橋口」への行き方ガイド!穴場の待ち合わせスポットを徹底紹介!

東京駅の最北端にある「日本橋口」。 比較的人通りの少ない出入り口なので、混雑を避けた待ち合わせ場所としても便利な穴場スポットです。 この記事では、東京駅構内の各方面から日本橋口への行き方を分か...

どこよりも詳しい東京駅「銀の鈴」への行き方ガイド!便利な待ち合わせ場所に迷わず行ける!

混雑する東京駅のなかで「銀の鈴」は待ち合わせ場所として最適! 人混みの中で待ち合わせるのが苦手な人にぴったりのおすすめスポットです。 この記事では銀の鈴の特徴や場所、東京駅の各路線からの行き方...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべき生活用品販売店ランキング TOP3!気になる第1位は「無印良品 東京有明」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべき生活用品販売店をランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべき学習館・科学館ランキング TOP3!気になる第1位は「日本科学未来館」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべき学習館・科学館をランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべき海鮮料理屋さんランキング TOP3!気になる第1位は「つきじ丼匠」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべき海鮮料理屋さんをランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべきケーキ屋さんランキング TOP3!気になる第1位は「Brigela」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべきケーキ屋さんをランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが多...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべきお土産に人気の食品販売店ランキング TOP3!気になる第1位は「丸武」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべきお土産に人気の食品販売店をランキング。旅行好きのまっぷる...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべき公園ランキング TOP4!気になる第1位は「木場公園」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべき公園をランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが多く訪れた...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべき甘味処さんランキング TOP4!気になる第1位は「茂助だんご」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべき甘味処さんをランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが多く...

【旅行好きのまっぷるマガジン読者が選ぶ!】東京都江東区に行くなら訪れるべきとんかつ屋さんランキング TOP4!気になる第1位は「小田保」

まっぷるトラベルガイドでは、旅行ガイドブックまっぷるマガジンの昭文社が運営する無料旅行アプリ「まっぷるリンク」の利用状況から、江東区で訪れるべきとんかつ屋さんをランキング。旅行好きのまっぷるユーザーが...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!