「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  【淡路島観光なら】明石海峡大橋の楽しみ方と島の定番観光スポット

【淡路島観光なら】明石海峡大橋の楽しみ方と島の定番観光スポット

島の芸術に触れる!【伝統芸能&現代アートスポット】

島の芸術に触れる!【伝統芸能&現代アートスポット】

500年の歴史をもつ淡路人形浄瑠璃のほか、島在住の芸術家たちの独特の感性に満ちたアトリエなど、淡路島には不思議な魅力のアート空間が点在。気になるスポットを訪ねてみよう。

【伝統芸能】 淡路人形座

受け継がれる淡路人形
国の重要無形民俗文化財に指定されている淡路人形浄瑠璃の常設館。定時公演が一日4回あり、伝統芸能をじっくり鑑賞できる。上演前には人形教室が開催され、操り方の解説や、実際に人形に触れることもできる。

淡路人形座

内部とは対照的にコンクリートに覆われた近代的な外観

人形浄瑠璃とは

情感あふれる太夫の語りと重厚な太棹三味線、三人で操る人形が哀歓の人間模様を生き生きと描く。500年の歴史の中で創意工夫が重ねられた舞台芸術の粋だ。

人形浄瑠璃とは

淡路人形座の詳細情報


住所
兵庫県南あわじ市福良甲1528-1地先
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで48分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)、公演は10:00、11:10、13:30、15:00
休業日
水曜12月26~31日休、臨時休あり

【現代アート】淡路大磯アート山大石可久也美術館

緑の丘の上に建つ美術館
小高い山の上にある自然と調和した美術館では、大石可久也・鉦子夫妻の作品を常時展示。1階のカフェは一面の海を見渡せる癒しの空間。ランチは予約が必要。樹齢2000年の一枚板から作られた大テーブルも魅力的。

淡路大磯アート山大石可久也美術館

大石可久也氏の作品を集めたメインギャラリー2階

淡路大磯アート山大石可久也美術館

鉦子館はファンタジックな作品がいっぱい

淡路大磯アート山大石可久也美術館

急な坂道を上りきるとアートな空間が現れる

淡路大磯アート山大石可久也美術館

貝でデコラティブされた電話

淡路大磯アート山大石可久也美術館

大石可久也の個性的なオブジェもたくさん

淡路大磯アート山 大石可久也美術館の詳細情報


住所
兵庫県淡路市楠本2159
交通
JR神戸線舞子駅から本四海峡バス東浦・大磯方面行きで15分、淡路夢舞台前下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
月・火曜、祝日の場合は開館冬期休館日あり、年末年始休

続きをよむ

【淡路島】感性あふれる芸術空間でのんびり過ごしたい♪

<足を延ばして>淡路島土生港から連絡船で離島へ【沼島】

イザナギとイザナミの2神によって造られた日本最初の島、「おのころ島」。その最有力候補とされるのが沼島だ。淡路島から連絡船でわずか10分、神話の里を旅しよう。

<足を延ばして>淡路島土生港から連絡船で離島へ【沼島】
写真:123RF

沼島

国産み神話の里
南あわじ市の土生港から連絡船に乗って10分、沼島に到着する。ここには上立神岩をはじめとする奇岩が海上にそびえ立ち、1億年前の地球のシワに例えられる鞘型褶曲という世界的に貴重な岩石もある。また、関西屈指の品質を持ったハモの漁場としても有名で、夏場はハモ料理をめあてに多くの人が訪れる。

神話の里 沼島

沼島海水浴場は驚くほど透明度が高い

神話の里 沼島

おのころ神社は100段の階段を上って到着

神話の里 沼島

イザナギとイザナミの二神の石像が建つ

神話の里 沼島

島の中央に鎮座する沼島八幡神社

神話の里 沼島

国生み神話にも登場する上立神岩

島へのアクセス

土生港から
沼島汽船で10分(一日10便運航) 片道470円/往復900円
土生港へのアクセス
陸の港西淡かららんらんバス南北幹線で57分、沼島汽船場前下車すぐ/西淡三原ICから20km
沼島汽船 0799-57-0008

島へのアクセス

島を結ぶ連絡船「しまちどり」

島へのアクセス

わずか10分の船旅

島へのアクセス

夏は親子連れも多い

島へのアクセス

風情あふれる町並みが広がる

島へのアクセス

のどかな海の風景に心安らぐ

島へのアクセス

沼島のハモは京都の料亭でも一級品扱い

沼島の詳細情報


住所
兵庫県南あわじ市沼島
交通
神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから県道31・76号を灘方面へ車で20km、土生港から沼島汽船沼島行きで10分、沼島下船すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

続きをよむ

【沼島】淡路島土生港から連絡船で出かけよう!

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  > 
×