観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  【高知】室戸ジオパークドライブ!おすすめスポット!

【高知】室戸ジオパークドライブ!おすすめスポット!

【高知】室戸ジオパークドライブ!おすすめスポット!

mapple

更新日:2018年12月22日

ダイナミックな景観の海岸線をはじめ、日本一大きなレンズを備えた灯台や弘法大師ゆかりの地など、太平洋に抱かれた室戸には見どころがいっぱい。

ドライブコース

南国IC
67㎞ 約2時間15分
キラメッセ室戸鯨館
9㎞ 約20分
室戸ドルフィンセンター
4㎞ 約10分
室戸岬灯台
2㎞ 約5分
室戸岬
1㎞ すぐ
御厨人窟
79㎞ 約2時間40分 南国IC

室戸世界ジオパークって?

ジオパークとは、地球の動きを感じられる重要な地形・地質、独特な生態系や文化を体感できる場所。室戸市は全域が世界ジオパーク。繰り返す地震とともに造られた雄大な大地で、亜熱帯性の動植物や豊かな食文化、温かい人々に出会える。

室戸世界ジオパークセンター

ジオパークの情報をキャッチ

展示コーナーや迫力満点のジオシアターは必見。各種ジオツアー(有料)を開催するほか、カフェやショップを併設。

室戸世界ジオパークセンター

室戸世界ジオパークセンター

住所
高知県室戸市室戸岬町1810-2
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅から高知東部交通室戸世界ジオパークセンター・甲浦行きバスで1時間3分、室戸世界ジオパークセンター下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店)
休業日
無休

キラメッセ室戸鯨館

散策前にまずはこちらで下調べ

道の駅 キラメッセ室戸にあるクジラ資料館。骨格標本や模型によるクジラの生態、室戸の文化と歴史を紹介する。

キラメッセ室戸鯨館

国道55号沿いに位置する

キラメッセ室戸鯨館

捕鯨で栄えた町の歴史を学ぼう

キラメッセ室戸鯨館

住所
高知県室戸市吉良川町丙890-11
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅から高知東部交通室戸世界ジオパークセンター・甲浦行きバスで27分、キラメッセ室戸下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休

室戸ドルフィンセンター

かわいいイルカに心がなごむ

漁港で飼育するイルカとふれ合える体験施設。イルカといっしょに泳ぐドルフィンスイムをはじめ、ハロードルフィンやドルフィンタッチなど5つのふれ合い体験プログラムがある。

室戸ドルフィンセンター

見事なジャンプを披露してくれる

室戸ドルフィンセンター

間近でふれ合えるよ

室戸ドルフィンセンター

住所
高知県室戸市室戸岬町鯨浜6810-162 海の駅とろむ内
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅から高知東部交通室戸世界ジオパークセンター・甲浦行きバスで45分、室戸営業所下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉園、時期により異なる)
休業日
無休、天候・イルカの体調による臨時休あり

室戸岬灯台

青い空と海を見晴らす白亜の灯台

青い空と海を見晴らす、室戸岬の先端に立つ白い灯台。朝日や夕日を浴びて輝く姿はとくに美しい。日本最大級の直径2.6mのレンズを備え、光達距離は49kmにもおよぶ。最御崎寺の奥にある。

室戸岬灯台

1899(明治32)年の完成以来、今なお現役

室戸岬灯台

住所
高知県室戸市室戸岬町
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅から高知東部交通室戸世界ジオパークセンター・甲浦行きバスで58分、スカイライン上り口下車、徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休

室戸岬

ビッグスケールの奇岩を見ながら散策を

四国の東南端に位置する岬。太平洋に向かいV字形に鋭く突き出た約53.3kmの海岸線の大部分は、室戸阿南海岸国定公園に指定されている。周辺には全長約2.6㎞の遊歩道があるので、岩や植物を観察しながらめぐってみよう。

室戸岬

室戸ジオパークの見どころスポット

室戸ジオパークらしい見どころがいっぱい

室戸ジオパークらしい見どころがいっぱい

天狗岩
天狗の横顔のように見えることからこの名が付いた。国道55号沿いで見られる

室戸ジオパークらしい見どころがいっぱい

ビシャゴ岩
マグマが地層に貫入してできたといわれる。昔この近くに住んでいた美女にまつわる悲しい伝説が残る

室戸ジオパークらしい見どころがいっぱい

行水の池
弘法大師が修行中に行水をしていたと伝えられる池

室戸岬

住所
高知県室戸市室戸岬
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅から高知東部交通室戸世界ジオパークセンター・甲浦行きバスで55分、室戸岬下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

御厨人窟

弘法大師伝説の残る神秘的な洞窟

約1200年前に修行中の弘法大師が住居としていたといわれる洞窟。この洞窟から見える風景は空と海のみで、ここから「空海」の法名を得たという。隣には難行の末に空海が悟りを開いたと伝わる神明窟があり、外観のみ見学できる。

御厨人窟

祭神は大国主命

御厨人窟

洞窟内には五所神社と呼ばれる社がある

御厨人窟・神明窟

住所
高知県室戸市室戸岬町
交通
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅から高知東部交通室戸世界ジオパークセンター・甲浦行きバスで1時間、岬ホテル前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる高知 四万十 足摺・室戸」です。掲載した内容は、2016年11月~2017年4月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×