おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

by mapple

更新日:2018年12月22日

江戸時代に城が築かれ、城下町として栄えた米子は、交通の便に恵まれた県西部の中心都市。ホテルや飲食店が多く集まっていて大山、境港にも近く、観光の拠点として利用すると便利。

問い合わせ
米子市観光協会 0859-37-2311
米子市観光案内所 0859-22-6317

旧加茂川沿い

江戸時代の栄華をしのぶ町並み

旧加茂川は江戸時代に積荷船が行き交ったところ。現在もところどころ土蔵や連子窓の商家の並ぶ景観が見られる。江戸時代の廻船問屋後藤家住宅は、外観のみ見学可能。

旧加茂川沿い

古い蔵が往時の繁栄をしのばせる

米子城跡

海を望む天空の城

米子市の中心地、湊山に築かれた近世初期の城郭跡。石垣や礎石は形態を留めており、天守台からの眺望は、多くの人々から親しまれている。

米子城跡

市街が一望できる米子城跡

アジア博物館・井上靖記念館

多彩な展示館が魅力

園内には大陸との交流を紹介する博物館と中国との交流に尽くした作家井上靖の記念館がある。ペルシャ館、モンゴル館なども併設。

アジア博物館・井上靖記念館

モンゴル遊牧民の移動の様子を展示するモンゴル館

米子水鳥公園

コハクチョウの集団越冬地として有名

野鳥の飛来地として知られ、通年水鳥を観察できる自然公園。コハクチョウの観察は、2月から3月上旬がおすすめ。

米子水鳥公園

大神山神社

静かな境内の散策が楽しめる

大己貴神(大国主命の別名)を祀る古代の官立の神社。アジサイや鯉の泳ぐ堀もあり、散策も楽しめる。

大神山神社

大山町にある大神山神社は、ここの奥宮

米子市立山陰歴史館

レトロな建物が歴史を物語る

米子を中心に山陰の民俗・歴史に関する資料を展示している。赤レンガの建物は、1930(昭和5)年建造の旧米子市役所。

米子市立山陰歴史館

建物も歴史を語る

和Cafe & Dining えんや 淀江店

ゆったりとした空間で和カフェを楽しむ

落ち着いた雰囲気の店内で地元の旬の素材を使った料理が味わえる。昼は多彩なランチやスイーツが好評。夜は一品料理と酒類が豊富にそろい、お酒メインでも料理メインでも楽しめる。

和Cafe & Dining えんや 淀江店

とっ鶏煮込みデミグラスソースの石焼きオムライス950円

荒磯 本店

山陰の旬の恵みを日本料理で

地元の産物を使った日本料理が味わえる。昼は松花堂弁当(2682円)、冬は活とらふぐコース(1万1080円)や松葉がにコース(1万5163円)が人気。

荒磯 本店

地の魚を生かした懐石料理5250円~

民芸割烹おなじみや

民芸品に囲まれ旬の美食を味わう

有名日本料理店で修業した気鋭の2代目が腕をふるう。店内はバーナード・リーチ、河井寛次郎らの作品が配され趣のある雰囲気。

民芸割烹おなじみや

コース料理5400円~(要相談)

加茂川・中海遊覧船

小さな船から町を眺めてみよう

加茂川から中海までを小船で観光できる遊覧船で、ひと味違う町めぐりが楽しめる。白壁土蔵前から、古い町並みを見ながら、船頭の案内に耳を傾けよう。所要時間は往復40分。

加茂川・中海遊覧船

加茂川音頭を聞きながら米子観光が楽しめる

大山そば 大黒屋

老舗の本格手打ちそば

創業86年という大山そばの老舗。大山高原で収穫した「霧下そば」を、殻ごと石臼で挽いたソバ粉を使うため、そばの香りが強いのが特色。

大山そば 大黒屋

割子そば660円(追加1枚220円)

大連

鳥取スタイルのちゃんぽんが名物

中華麺の上にトロトロのあんがたっぷりかかる鳥取流のちゃんぽんが名物。約12種類の具材が入り、ボリューム満点。塩、味噌、カレーの3種類がある。

大連

ピリ辛のみそちゃんぽん(700円)が一番人気

お菓子の壽城

見て食べて楽しめる菓子の城

米子城を模した天守閣が目を引く。「とち餅」をはじめ、中村茶舗の抹茶を使用した抹茶フォンデュなどの和洋菓子が並ぶ。

お菓子の壽城

本物の城そっくりの外観

ごとう絣店

オリジナルデザインの弓浜絣

弓浜絣は約300年の歴史をもつ鳥取県の伝統工芸品。伝統柄の反物ほか、現代的なデザインのきんちゃく(3780円~)などを販売する。

ごとう絣店

店内では予約制で弓浜絣の機織が体験できる

LA BAR 錦町店

気兼ねなく過ごせるスタイリッシュカフェ

米子のカフェチェーン店が展開する、自家焙煎コーヒーとパン・ケーキ各種をそろえたブックカフェ。図書館をイメージした店内で、コーヒーを楽しめる。

LA BAR 錦町店

大山バターや生クリームを贅沢に使った大山チーズケーキ380円とカプチーノ(S)370円

服部珈琲工房 米子店

静かな時が流れる珈琲の名店

レトロ&シックな空間でいただくこだわりのコーヒーが、ゆったりとしたくつろぎの時を与えてくれる。飲み物には炭で浄化した水を使用しているのも特徴。

服部珈琲工房 米子店

空気清浄化のため床下にも炭が敷かれている

白鳳の里

大山のふもとにあるどんぐりの里

上淀廃寺跡に近い複合施設。どんぐり館では大山の湧水を使うとうふやどんぐり商品などを販売し、レストランもある。ほかにも古代体験が楽しめる伯耆古代の丘公園や日帰り入浴施設の淀江ゆめ温泉白鳳の里などの施設がそろう。

白鳳の里

伯耆古代の丘公園にある帆立貝式古墳(復元)

皆生温泉

西に弓ヶ浜、東に大山を望む山陰屈指のリゾート温泉。明治33(1900)年、海岸に湧く湯を漁師が発見したのが始まりで、戦後、碁盤の目状に区画整備された。宿は高級和風旅館が多く並ぶ。海岸沿いには散歩道が整備され、夏は海水浴客でにぎわう。

皆生温泉

大山をバックに、弓ケ浜沿いに宿が建ち並ぶ温泉街

皆生温泉

皆生温泉を開発した有本松太郎翁の像

皆生温泉

潮風が気持ちいい渚の散歩道

皆生温泉

皆生海浜公園の一角にある「潮風の足湯」

筆者:mapple

まっぷる鳥取 大山・境港 三朝温泉・蒜山高原’19

発売日:2018年05月17日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる鳥取 大山・境港 三朝温泉・蒜山高原’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×