トップ > 中国・四国 > 山陰 > 大山・米子・境港 > 米子・皆生温泉 > 皆生温泉 > 

【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

jigen

更新日:2021年7月8日

この記事をシェアしよう!

【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

江戸時代に城が築かれ、城下町として栄えた米子は、交通の便に恵まれた県西部の中心都市。ホテルや飲食店が多く集まっていて大山、境港にも近く、観光の拠点として利用すると便利。

問い合わせ
米子市観光協会 0859-37-2311
米子市観光案内所 0859-22-6317

旧加茂川沿い

江戸時代の栄華をしのぶ町並み

旧加茂川は江戸時代に積荷船が行き交ったところ。現在もところどころ土蔵や連子窓の商家の並ぶ景観が見られる。江戸時代の廻船問屋後藤家住宅は、外観のみ見学可能。

旧加茂川沿い

古い蔵が往時の繁栄をしのばせる

旧加茂川沿い

住所
鳥取県米子市尾高町~岩倉町
交通
JR山陰本線米子駅からだんだんバスで5分、天神橋下車すぐ
料金
遊覧船=大人1200円、小人600円(要予約)/

米子城跡

海を望む天空の城

米子市の中心地、湊山に築かれた近世初期の城郭跡。石垣や礎石は形態を留めており、天守台からの眺望は、多くの人々から親しまれている。

米子城跡

市街が一望できる米子城跡

米子城跡

住所
鳥取県米子市久米町
交通
JR山陰本線米子駅からだんだんバスで11分、湊山公園下車、徒歩5分
料金
情報なし

アジア博物館・井上靖記念館

多彩な展示館が魅力

園内には大陸との交流を紹介する博物館と中国との交流に尽くした作家井上靖の記念館がある。ペルシャ館、モンゴル館なども併設。

アジア博物館・井上靖記念館

モンゴル遊牧民の移動の様子を展示するモンゴル館

アジア博物館・井上靖記念館

住所
鳥取県米子市大篠津町57
交通
JR境線大篠津町駅から徒歩10分
料金
入館料(両館共通)=大人500円、高・大学生300円、小・中学生200円/(障がい者半額)

米子水鳥公園

コハクチョウの集団越冬地として有名

野鳥の飛来地として知られ、通年水鳥を観察できる自然公園。コハクチョウの観察は、2月から3月上旬がおすすめ。

米子水鳥公園

米子水鳥公園

住所
鳥取県米子市彦名新田665
交通
JR山陰本線米子駅から日ノ丸バス下葭津行きで22分、乗越下車、徒歩20分
料金
入館料=大人310円、中学生以下無料/年間パスポート=1540円/(15名以上の団体は入館料200円、70歳以上・障がい者・要介護者は入館料無料)

大神山神社

静かな境内の散策が楽しめる

大己貴神(大国主命の別名)を祀る古代の官立の神社。アジサイや鯉の泳ぐ堀もあり、散策も楽しめる。

大神山神社

大山町にある大神山神社は、ここの奥宮

大神山神社

住所
鳥取県米子市尾高1025
交通
JR山陰本線米子駅から日本交通観光道路経由大山寺行きバスで24分、尾高下車、徒歩10分
料金
情報なし

米子市立山陰歴史館

レトロな建物が歴史を物語る

米子を中心に山陰の民俗・歴史に関する資料を展示している。赤レンガの建物は、1930(昭和5)年建造の旧米子市役所。

米子市立山陰歴史館

建物も歴史を語る

米子市立山陰歴史館

住所
鳥取県米子市中町20
交通
JR山陰本線米子駅から日ノ丸バス皆生温泉行きで5分、市役所前下車すぐ
料金
無料、特別展は別料金(70歳以上無料)

和Cafe & Dining えんや 淀江店

ゆったりとした空間で和カフェを楽しむ

落ち着いた雰囲気の店内で地元の旬の素材を使った料理が味わえる。昼は多彩なランチやスイーツが好評。夜は一品料理と酒類が豊富にそろい、お酒メインでも料理メインでも楽しめる。

和Cafe & Dining えんや 淀江店

鶏煮込みデミグラスソースの石焼きオムライス1080円(税別)

和Cafe & Dining えんや 淀江店

住所
鳥取県米子市淀江町西原1135-4
交通
JR山陰本線淀江駅から徒歩10分
料金
大山寺バーガー 禅(要予約)=700円/とっ鶏煮込みデミグラスソースの石焼きオムライス=971円/縁結び出雲そばサラダ=755円/
1 2 3
筆者
jigen

まっぷるの奈良、山陰地方を担当。担当エリア以外にもオモシロネタを発信します!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください