トップ >  中国・四国 > 四国 > 琴平・善通寺 > 琴平 > 琴平市街 > 

こんぴらさんのおみやげ 人気おすすめ雑貨&お菓子を一挙ご紹介!

エディターズ

更新日: 2023年5月24日

この記事をシェアしよう!

こんぴらさんのおみやげ 人気おすすめ雑貨&お菓子を一挙ご紹介!

こんぴらさん参り記念に買いたいおみやげを集めました!
参拝や食べ歩きを満喫したら、ぜひチェックしてみてくださいね。
こんぴら銘菓からオリジナル雑貨まで、琴平ならではのステキアイテムがいっぱいですよ。

【こんぴらさんみやげ】ナカノヤ琴平

うどんはもちろんバラエティ豊富なおみやげがそろう

門前町で複数店舗を展開するおみやげ店。おみやげ用の手打ちうどんのほか、クッキーやパイなどスイーツ系みやげも取りそろえている。

【こんぴらさんみやげ】ナカノヤ琴平

讃岐巻物うどん(1巻、5食分) 970円
うどんの生地を巻物のように巻いたもので、好きな太さに切って食べる。だし付き

【こんぴらさんみやげ】ナカノヤ琴平

カレーうどん(1パック) 330円
2人前のうどんにカレースープをセット。常温で数か月保存が可能

【こんぴらさんみやげ】ナカノヤ琴平

金比羅せんべい(10枚入り) 650円
一枚一枚手焼きで作られた、大きな「金」の印が入った煎餅

【こんぴらさんみやげ】ナカノヤ琴平

ツルきゃらうどん脳推し色タオル 各1320円
香川県のキャラクター「ツルきゃらうどん脳」をいっぱいにあしらったタオル。赤・青・黄色の3種類

ナカノヤ琴平

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平796ナカノヤ本館

【こんぴらさんみやげ】紀の国屋本店

こんぴら銘菓から海の幸まで

こんぴら名物の石松まんじゅうや舟々せんべいを製造・販売する。手ぬぐいなどのみやげ物のほか、こんぴらさんにちなんで全国の海の恵みも取りそろえる。

【こんぴらさんみやげ】紀の国屋本店
【こんぴらさんみやげ】紀の国屋本店

こんぴら手ぬぐい 各1100円
舟の帆をモチーフにした舟々せんべいや、石段などが模様になったオリジナル手ぬぐいもある

紀の国屋本店

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平983
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜
料金
こんぴら手ぬぐい=870円/

【こんぴらさん×土産】多織屋

さまざまな和のグッズをラインナップ

今治タオルやうちわ、店頭限定の手ぬぐいなどが多数そろう。うちわや扇子に名前を入れることもできる(別途料金)。

【こんぴらさん×土産】多織屋

讃岐うどん扇子 各1500円
うどんをモチーフにしたおしゃれなデザインの扇子が多数そろう。夏期限定(6~8月)

多織屋

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平806-1
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00、6~8月は~18:00(閉店)
休業日
不定休
料金
讃岐うどん扇子(6~8月)=1500円(名前入れ無料)/

【こんぴらさん×土産】本家船々堂

こんぴら船をかたどった名物せんべい

明治時代の発売以来、船々せんべいや、つぶ餡を挟んだせんべいが人気。店内でお茶とせんべいを楽しむことができる。

【こんぴらさん×土産】本家船々堂

船々せんべい(24枚入り) 900円
新鮮な鶏卵をふんだんに使ったせんべい。店頭で職人が毎日手焼きしており、素朴で懐かしい味わいが好評

本家船々堂

住所
香川県仲多度郡琴平町952
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(時期により異なる)
休業日
無休
料金
船々せんべい=750円(24枚入)/かた目の親分=750円(6個入り)/

【こんぴらさん×土産】木のおもちゃ Little Me

ウッディな雑貨に胸キュン

オリジナルストラップキーホルダーのほか、木製の雑貨や動物の置物など、木のぬくもりがあふれる商品が並ぶ。

【こんぴらさん×土産】木のおもちゃ Little Me
【こんぴらさん×土産】木のおもちゃ Little Me

キーホルダーストラップ 540円
自分好みのデザインを選び、名前や日付、メッセージなどを入れてもらえる。所要約5分

木のおもちゃ Little Me

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平806-1
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店)、6~8月は~18:00
休業日
不定休
料金
キーホルダーストラップ=540円/

【こんぴらさん×土産】池商店

【こんぴらさん×土産】池商店

金平糖ラムネ 各350円
昔懐かしいカラフルなお菓子を小瓶に入れたオリジナルアイテム

【こんぴらさん×土産】池商店

こんぴら舟々和三盆 550円
香川でお茶請けとして親しまれる和三盆を「金比羅船々」にちなんだデザインにした店舗限定のアイテム

【こんぴらさん×土産】池商店

トートバッグ(S)2000円
こんぴらさんの石段に腰掛けるこんぴら拘がかわいいトートバッグ

池商店

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平933

【こんぴらさん×土産】こんぴらプリン

【こんぴらさん×土産】こんぴらプリン
【こんぴらさん×土産】こんぴらプリン

季節のプリン(いちご、赤)450円、幸せの黄色いプリン(黄色)390円、抹茶プリン(緑)420円
一番人気の幸せの黄色いプリンは、とろけるなめらかプリンに瀬戸内レモンが香るジュレをイン

こんぴらプリン

住所
香川県仲多度郡琴平町716-5
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分
1 2

中国・四国の新着記事

【広島・ディナー】広島で夜を楽しめるとっておきのお店10選!広島でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに広島で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、広島でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 広島のお好み...

【鳥取・夜ごはん】鳥取で夜を楽しめるとっておきのお店10選!鳥取で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鳥取で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、鳥取でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 白イカや松葉...

【下関・夜ごはん】下関で夜を楽しめるとっておきのお店8選!下関で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに下関で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、下関でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 下関生まれの...

【鳥取 米子・ディナー】米子で夜を楽しめるとっておきのお店7選!米子でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鳥取の米子で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、米子でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 山陰の...

【島根 松江・夜ごはん】松江で夜を楽しめるとっておきのお店10選!松江で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに島根の松江で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、松江でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 日本庭...

『SLAM DUNK』(スラムダンク)聖地巡礼!湘南・鎌倉エリアから山王戦の舞台までを徹底解説

シリーズ累計発行部数は1億7,000万部超、読めば必ずバスケットボールが好きになる『SLAM DUNK』(スラムダンク)。 連載開始は1990年と今から30年以上も前ですが、その人気は衰えることなく...

【広島県・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!広島の初詣スポットおすすめ4選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、広島県のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...

【岡山県・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!岡山の初詣スポットおすすめ3選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、岡山県のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...

【広島県のイルミネーション2024】おすすめイルミネーション・ライトアップスポット5選!期間やアクセス、イベントなど情報満載

幻想的に街を彩るイルミネーション。コンピューターグラフィックスを、建物などに立体的に投影する「プロジェクションマッピング」など、映像や音楽を使ったライブ感あふれるイルミネーションも増えています。今回は...

【Amazonブラックフライデー】50%オフ商品も!いま買うべき人気スーツケース30選

とうとうやってきました!1年に1度のスーパーセール「Amazonブラックフライデー」。 2023年11月24日(金)0時〜12月1日(金)23時59分の期間で限定開催されるスーパーセールです。 ...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。