>  >  >  >  >  >  【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【米子】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

LA BAR 錦町店

気兼ねなく過ごせるスタイリッシュカフェ

米子のカフェチェーン店が展開する、自家焙煎コーヒーとパン・ケーキ各種をそろえたブックカフェ。図書館をイメージした店内で、コーヒーを楽しめる。

LA BAR 錦町店

大山バターや生クリームを贅沢に使った大山チーズケーキ380円とカプチーノ(S)370円

LA BAR 錦町店

住所
鳥取県米子市錦町3丁目90 今井書店錦町店内
交通
JR境線後藤駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~22:00(閉店23:00)
休業日
無休
料金
カプチーノ(S)=370円/ラバールおすすめカフェ(月替わり)=390円~/ラバールロール=280円/ジャルディーノブレンド(100g)=600円/Essenza di espresso(720ml)=1200円/ 平均予算(昼):500円, 平均予算(夜):500円

服部珈琲工房 米子店

静かな時が流れる珈琲の名店

レトロ&シックな空間でいただくこだわりのコーヒーが、ゆったりとしたくつろぎの時を与えてくれる。飲み物には炭で浄化した水を使用しているのも特徴。

服部珈琲工房 米子店

空気清浄化のため床下にも炭が敷かれている

服部珈琲工房 米子店

住所
鳥取県米子市新開5丁目1-9
交通
JR境線後藤駅からタクシーで8分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:30(閉店19:00)
休業日
無休(1月1日は臨時休あり)
料金
ブレンドコーヒー+焼きりんごアイス添え(コーヒーセット)=972円/持ち帰りコーヒー豆=540円~(100g)/手作りクッキー=432円~(1袋)/米子店限定ハニートースト=648円/コーヒー=420円/ 平均予算(昼):800円, 平均予算(夜):800円

白鳳の里

大山のふもとにあるどんぐりの里

上淀廃寺跡に近い複合施設。どんぐり館では大山の湧水を使うとうふやどんぐり商品などを販売し、レストランもある。ほかにも古代体験が楽しめる伯耆古代の丘公園や日帰り入浴施設の淀江ゆめ温泉白鳳の里などの施設がそろう。

白鳳の里

伯耆古代の丘公園にある帆立貝式古墳(復元)

白鳳の里

住所
鳥取県米子市淀江町福岡1548-1
交通
JR山陰本線淀江駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
施設により異なる
休業日
施設により異なる
料金
入園料(伯耆古代の丘公園、体験は別料金、予約制)=200円/入館料(どんぐり館)=無料/入浴料(淀江ゆめ温泉)=720円/どんぐりうどん=510円(2食入)/どんぐりソフトクリーム=320円/とうふ=220円(1丁)/大山名水料理とうふ会席膳(要予約)=1620円~/海鮮とうふ丼=1005円/

皆生温泉

西に弓ヶ浜、東に大山を望む山陰屈指のリゾート温泉。明治33(1900)年、海岸に湧く湯を漁師が発見したのが始まりで、戦後、碁盤の目状に区画整備された。宿は高級和風旅館が多く並ぶ。海岸沿いには散歩道が整備され、夏は海水浴客でにぎわう。

皆生温泉

大山をバックに、弓ケ浜沿いに宿が建ち並ぶ温泉街

皆生温泉

皆生温泉を開発した有本松太郎翁の像

皆生温泉

潮風が気持ちいい渚の散歩道

皆生温泉

皆生海浜公園の一角にある「潮風の足湯」

皆生温泉

住所
鳥取県米子市皆生温泉ほか
交通
JR山陰本線米子駅から日本交通・日ノ丸バス皆生温泉方面行きで19分、皆生観光センター下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる鳥取 大山・境港 三朝温泉・蒜山高原’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×