トップ > 東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 清水・三保・日本平 > 

神の道

伝説へと通じる古松連なる参道
「御穂(みほ)神社」と三保松原を結ぶ参道。樹齢200年を超える松並木が約500mにわたって続き、厳かな雰囲気を漂わせている。途中にはベンチが備えられているので、散策に疲れたらひと休み。【三保】【遊ぶ】

神の道

歩いているだけで神聖な気持ちに

神の道

神の道そばに、2019年3月末「(仮称)三保松原ビジターセンター」開館予定

神の道

住所
静岡県静岡市清水区三保
交通
JR東海道本線清水駅からしずてつジャストライン三保山の手線三保車庫前行きバスで22分、三保松原入口下車、徒歩10分
料金
情報なし

おさかな工房 魚清

元鮮魚店が手がける食事処
77年ほど前に鮮魚店として創業、現在は3代目が食事処として店を守る。魚市場のセリ権を持ち、新鮮な魚を毎日買い付け。活魚料理はもちろんのこと、出汁を使った風味豊かな玉子焼きもおすすめ。【清水】【食べる】

おさかな工房 魚清

鮮度抜群の清水の魚がそろう

お魚工房 魚清

住所
静岡県静岡市清水区小芝町1-18
交通
JR東海道本線清水駅から徒歩10分
料金
昼ランチ=1200円/

レストラン Pコック

昔懐かしい洋食屋さん
定番のビーフシチューや煮込みハンバーグなど、手間をかけた丁寧な料理が食通から支持されている古きよき時代の洋食店。カジュアルだが洗練されたテーブルセットも特別感がある。【清水】【食べる】

レストラン Pコック

フォンドボーソースを使った本格洋食が人気

レストランPコック

住所
静岡県静岡市清水区有東坂1丁目224-272
交通
静岡鉄道静岡清水線狐ヶ崎駅から徒歩13分
料金
ランチ=1300円/ディナー=1300円/

甘味茶房 おあ志す

路地裏の隠れ喫茶で甘味を楽しむ
幹線道路から少し入った路地の一角で、25年以上営まれている甘味喫茶。看板メニューとして長年親しまれているフルーツベースのあんみつは全部で16種類。寒天、白玉、あんこも奥さんの自家製で、ホッとできる時間を提供してくれる。【清水】【カフェ】

甘味茶房 おあ志す

当初から定番人気の「フルーツクリームあんみつ」 620円

甘味茶房 おあ志す

住所
静岡県静岡市清水区桜が丘町4-13
交通
静岡鉄道静岡清水線桜橋駅から徒歩3分
料金
フルーツクリームあんみつ=620円/宇治金時かき氷=500円/コーヒー=400円/

パピヨン洋菓子店

三保で40年以上愛される洋菓子店
昔ながらの定番ケーキ&焼き菓子はもちろん、季節のフルーツを使った色とりどりのケーキや軽食メニューまでがそろう。創業当初より提供するたまごサンドは、幅広い世代に愛されている。【三保】【カフェ】

パピヨン洋菓子店

玉子の甘さと口溶け感がクセになる

パピヨン洋菓子店

住所
静岡県静岡市清水区折戸1丁目10-6
交通
JR東海道本線清水駅からしずてつジャストライン東海大学三保方面行きバスで17分、西折戸下車、徒歩3分
料金
たまごサンド(サラダ・コーヒー付)=600円/

川村農園CAFE

農家の庭でいただく完熟ジュース
江戸時代から続く農家の12代目がはじめた直売所&カフェ。看板メニューは、完熟トマトやメロンを贅沢に搾った生ジュース。冬季限定の「野菜たっぷりミネストローネ」500円も評判。【三保】【カフェ】

川村農園CAFE

トマトジュース 280円

川村農園カフェ

住所
静岡県静岡市清水区三保1816-2
交通
JR東海道本線清水駅からしずてつジャストライン東海大学三保方面行きバスで25分、三保松原入口下車、徒歩10分
料金
週替わりスイーツ=300円/アイスクリーム(パッションフルーツがけ)=680円/ピザトースト=350円/トマトジュース=280円/

タケダフルーツ

地元で愛される果物店の生ジュース
終戦直後から店を構える果物店。旬の果物を使った生ジュースは1杯200円~と驚きの安さ。グラスいっぱいに注がれたジュースを、地元っ子にならってその場でおいしく飲み干そう。【清水】【買う】

タケダフルーツ

子どもからお年寄りまで、地元で愛され続ける生ジュース

タケダフルーツ

住所
静岡県静岡市清水区銀座1-9
交通
JR東海道本線清水駅から徒歩8分
料金
みかんジュース=200円/いちごジュース=200円/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください