「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  鹿児島でゼッタイ食べたいグルメ!黒豚、黒毛和牛、しろくま・・・

鹿児島でゼッタイ食べたいグルメ!黒豚、黒毛和牛、しろくま・・・

鹿児島でゼッタイ食べたいグルメ!黒豚、黒毛和牛、しろくま・・・

by mapple

更新日:2018年2月12日

日本一の生産量を誇る黒豚をはじめ、鹿児島を訪れたなら食べるべきご当地グルメがてんこもり。地元で評判が高い30店を、まっぷるが厳選。おなかをすかせて、いざ鹿児島へ!

天文館むじゃき

鹿児島といえば、これはマスト♪
鹿児島に来た旅行者の多くが味わっているグルメといえば、ミルク味のかき氷に、「白熊の顔」に見立てて季節のフルーツをトッピングした氷菓「しろくま」。その元祖といわれる「天文館むじゃき」は、夏はもちろん、真冬であっても「しろくま」目当ての客で大盛況。この店では、オーソドックスな「白熊」のほか、ソフトクリーム、プリン、焼酎などでアレンジした全15種類の「白熊」をラインアップしている。【天文館周辺】
予算:800円、カード:不可

しろくま
「しろくま」の誕生には諸説あるが、創業昭和24(1949)年の大衆食堂「天文舘無邪気」が元祖といわれる。当初は、フルーツをカラフルにトッピングした現在のものとは異なり、シンプルな見た目が白熊に似ていたことから、この名が付いたのだとか。

コチラもおすすめ
●ソフト白熊 825円
●プリン白熊 825円
●焼酎みぞれ 660円

天文館むじゃき

白熊 720円
繁忙期の盆休みには1日4000食を売り上げる看板メニュー。14種類のフルーツやゼリーが盛り付けられている

天文館むじゃき

記念写真を撮ろうよ

天文館むじゃき

天文館のアーケードの中にある

天文館むじゃきの詳細情報


住所
鹿児島県鹿児島市千日町5-8
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:30(閉店22:00)、日曜、祝日、7・8月は10:00~
休業日
不定休12月31日休、2月末日休

黒豚料理あぢもり

ぜったい食べてほしい!! 衝撃的なおいしさです。
創業昭和52(1977)年。鹿児島グルメの超定番とされる黒豚のしゃぶしゃぶを全国区にした名店。ほんのり甘く、奥深いうまみをもつ黒豚のおいしさを研究したすえに生まれたという、この店のしゃぶしゃぶは、バラ肉はスープにくぐらせてそのまま、ロースは卵スープにつけて食べる。【天文館周辺】
予算:昼4000円/夜6000円、カード:可

かごしま黒豚
品質、生産量ともに日本有数のかごしま黒豚は、ぜひとも食べたい鹿児島の食の代表格。さつまいもを加えた飼料を与え、通常の1.3倍の期間をかけて育てた肉はアミノ酸、ビタミンEともに豊富で、「白身」と呼ばれる脂はしっとりと甘い。

コチラもおすすめ
●特選黒しゃぶメニュー昼3240円~、夜4320円~
●バラカツセット(昼のみ)1480円
●ロースカツセット(昼のみ)1480円
※しゃぶしゃぶはサービス料別途

黒豚料理あぢもり

特選黒しゃぶメニュー維新コース 一人前4320円
特選黒しゃぶ肉に、野菜、小鉢、特選手延細うどん、デザートがセットになったコース※サービス料別途

【金色スープ】スープのレシピは秘密。あっさりとした和風味ながら、うまみが濃い
【黒豚】バラの花をイメージして真ん中はバラ肉、まわりはロース
【うどん】最後の締めは長崎県島原でつくられるこしのある手延べうどん

黒豚料理あぢもり

黒豚を鍋でしゃぶしゃぶしたあと、卵スープにつけて口の中へ

黒豚料理あぢもり

1階はテーブル席、2、3階は座敷、個室

黒豚料理あぢもりの詳細情報


住所
鹿児島県鹿児島市千日町13-21
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:15(閉店14:30)、しゃぶしゃぶは12:00~13:00(閉店14:30)、17:30~20:00(閉店21:30)
休業日
水曜12月31日~翌1月1日休、臨時休あり

熊襲亭

本格「薩摩料理」の老舗はココ。
創業昭和41(1966)年、鹿児島を代表する本格薩摩料理の店。キビナゴの刺身、黒豚のとんこつなど、吟味した地元の産物と伝統の調理法でつくる「正調さつま料理」が味わえる。おすすめは薩摩料理コース。【天文館周辺】
予算:昼1500円/夜3500円〜、カード:可

薩摩料理
鹿児島の食文化には、琉球や南西諸島をルーツとする料理も多い。甘い醤油や黒糖などで味付けした料理は焼酎との相性もいい。地元で「つけあげ」と呼ばれる、魚のすり身を菜種油で揚げたさつま揚げ、具だくさんのさつま汁など、レパートリーが豊富。

コチラもおすすめ
●さつま料理/黒豚しゃぶランチ1500円~
●さつま料理コース3000円〜
●黒豚しゃぶしゃぶコース3000円〜
※1階以外の個室はサービス料10%

熊襲亭

キビナゴの刺身
キビナゴの刺身は、薩摩料理の定番で、酢味噌をつけて食べるのが鹿児島流。旬は5月から6月。

熊襲亭

酒ずし
薩摩の殿様料理。たけのこ、鯛、えびなど山海の幸をトッピングし、地酒をたっぷり使って発酵させた押しずし。

熊襲亭

とんこつ
豚のアバラ肉を焼酎や合わせ味噌で煮込み、大根、こんにゃく、黒砂糖、ショウガを加えてさらに煮込んだ薩摩の郷土料理。

熊襲亭の詳細情報


住所
鹿児島県鹿児島市東千石町6-10
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店15:00)、17:00~21:30(閉店22:30)
休業日
無休12月31日~翌1月1日休

とんかつ川久

黒豚のうまみがジュワ~っと広がるんです!
休日ともなると開店前から行列ができる人気のとんかつ専門店。霧島高原で飼育した黒豚を、独自に熟成させ、薄い衣をまとわせてカラリと揚げたとんかつは、外はサックリ、中はほんのりピンク色。肉質が繊細で、肉汁をたっぷり含んでいて、食べるとうまみがジュワ~っと広がる。【中央駅周辺】
予算:昼900円/夜1500円、カード:不可

とんかつ川久

上黒豚ロースカツ定食250g 2500円
卓上のソースのほか、岩塩、からし、マヨネーズは申し出ると出してくれる。上黒豚ヒレカツは200g2500円

コチラもおすすめ
●上ヒレカツ定食200g1800円
●ロースカツ定食150g1100円
●黒豚ハンバーグ定食1200円

とんかつ川久

平日の午前と午後のスタート時にあたる11時30分と夕方5時のみ、予約OK。時間厳守

とんかつ川久の詳細情報


住所
鹿児島県鹿児島市中央町21-13
交通
JR鹿児島中央駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(閉店)、17:00~21:30(閉店22:00)
休業日
火曜、祝日の場合は振替休あり1月1~2日休

華蓮

名産の黒豚&黒牛を「せいろ蒸し」で。
JA鹿児島県経済連の直営店。鹿児島の名産品である黒豚と黒牛をせいろ蒸しで楽しむことができる。上段に肉、下段に季節の野菜を敷いた蒸し料理で、素材のもち味をあっさりと堪能することができる。【天文館周辺】
予算:昼2500円/夜7000円、カード:可

鹿児島黒牛・黒豚・黒さつま鶏三種味わいせいろ蒸し 一人前5700円~
黒牛、黒豚、黒さつま鶏の3種を一度に味わえるよくばりなセット。野菜、ごはん、デザートなどが付く

コチラもおすすめ
●鹿児島黒豚せいろ蒸し一人前4700円
●鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ一人前4500円
●鹿児島黒豚せいろ蒸し(ランチ)一人前2900円
※夜はサービス料10%

華蓮の詳細情報


住所
鹿児島県鹿児島市山之口町3-12
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで6分、高見馬場下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(閉店14:00)、17:30~22:00(閉店23:00)、日曜、祝日の夜は~21:00(閉店22:00)
休業日
第3日曜連休の場合は最終日休、12月31日~翌1月2日休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年9月〜11月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×