コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  鹿児島【しろくま】おいしくてかわいい冷たいスイーツ!

鹿児島【しろくま】おいしくてかわいい冷たいスイーツ!

by mapple

更新日:2018年2月12日

70年前の姿を再現!!およそ70年前の発売時は50円だった当時の白熊を再現した「なつかしろくま」。毎年6月1日の「氷の日」に合わせて、1か月間の期間限定で販売している。見た目はシンプルながら、あどけない表情の白熊の中には、みかん、メロン、バナナなど14種類の具がぎっしり。

しろくまのヒ・ミ・ツ

「しろくま」とは?
今や全国区の人気を誇る南国鹿児島の冷たいスイーツといえば「しろくま」。かき氷に練乳をかけ、フルーツや豆などをトッピングしたものがスタンダード。氷の味やフルーツの種類などは店によってさまざまで、バラエティーに富んだ「しろくま」が楽しめる。
この店が元祖です
「しろくま」の誕生は諸説あるものの、その一つは大衆食堂「天文舘無邪気」が昭和24(1949)年に発案した説。いちごミルクをヒントに改良を重ね、およそ2年の歳月をかけて完成させた。
「白熊」の名の由来
誕生当初の「白熊」は、フルーツをカラフルにトッピングした現在のものとは異なり、かき氷の中にサイコロ形の果物や十六寸(とろくすん)豆を入れ、外側にアンゼリカやチェリー、レーズンを盛り付けたもので、その顔が白熊に似ていたことから、この名が付いたといわれる。

天文館むじゃきのしろくまオールスターズ

「しろくま」の元祖かつ人気店だけあって、そのバリエーションの多さはピカイチ。スタンダードな「白熊」のほかに、氷の味やトッピングが異なる白熊をすべて紹介。

天文館むじゃき

天文館のアーケードの中に建つ本店ビル。地下1階は鉄板焼き、1階はカフェ、2階は洋食、4階は居酒屋が営業していて、「白熊」はどの店舗でも注文できる。繁忙期の盆休みには1日4000食の「白熊」を売り上げる人気店。

王道 白熊…720円
直径15cm、高さ17cmほど。天文館むじゃきでは、このサイズがレギュラー
おいしいヒミツ
ミルク味のシロップのレシピは、社長のほかには1、2名しか知らない機密事項。濃厚でありつつも、甘さは控えめの絶妙な味。目と口はレーズン、鼻はチェリー、右耳は安納芋の羊羹、左耳にバナナ

白熊のおいしさはそのままに…

ベビー白熊…510円
スタンダードな白熊をそのままミニサイズにしたもの。レギュラーサイズの3分の2の大きさで、女性や子供におすすめ。ほとんどの白熊にベビーサイズがある。

ハンディ白熊…450円
定番の白熊がテイクアウトできる。10月から期間限定でストロベリー、ミルク金時、宇治金時が登場。

白熊ベビーセットC…3736円
テイクアウト、通販用商品で、スタンダードの白熊(330㎖)が6個入る。6種の味が楽しめるベビーセットA(3736円)もある。送料は別途。

天文館むじゃきの「白熊総選挙ツートップ」

1位
ベリーberry白熊…900円 冬期
創業70周年を記念して2016年に行った「白熊総選挙」で1位に輝いたメニュー。いちごやブルーベリー、ラズベリーなどのフルーツとレアチーズケーキを豪快にトッピング。

2位
マンゴー白熊…900円 夏期
マンゴーやバナナなどフルーツが盛りだくさん。甘みと酸味のバランスが絶妙なオリジナルのマンゴー&パッションソースがかかる。

奄美産の黒糖からつくる黒蜜がかかる
南海の白熊…720円
桜島をイメージした白熊。黒蜜と自店製ミルクシロップをたっぷりかけて、黄粉、ピーナッツ、白玉をトッピング

ほどよい酸味でさっぱり
ヨーグルト白熊…825円
ヨーグルトをベースにしたクリームがかかった白熊で、リピーターが多い人気商品。レモンの香りがさわやか

あま~いソフトクリームがたっぷり
ソフト白熊…825円
季節によっては本店の地下1階の鉄板焼きと4階の居酒屋、アミュプラザ店ではソフトクリームのかわりにアイスがトッピングされる

焼酎みぞれ660円
ほのかに甘い焼酎シロップがかかる。未成年、ドライバーは食べられない

SANDECO COFFEE 数学カフェの進化系!3Dしろくま

もはやアート!立体でかわいい
今、鹿児島でもっとも注目を集めているのが、熊の形を立体再現した「しろくま」。食べるのがもったいないくらいの出来ばえながら、食べはじめたら手が止まらないおいしさ。食べ飽きない工夫も人気の秘密。

SANDECO COFFEE 数学カフェ

数学好きのオーナーが手がけるカフェ。店の一角には問題集やドリルが並び、注文したメニューを待つ間、希望者は数学のテストにチャレンジできる。

色ガラスを使った店内は白で統一していておしゃれ

フルーツ温泉 しろくまの湯…1800円
両手で持っても、ずっしりと重い2、3人用のしろくま。旬のフルーツをてんこ盛りにした豪華版で、食べ進めると中に小豆餡とブルーベリージャムが入っている。おなかの中には小豆餡とブルーベリージャムがたっぷり

3Dしろくま…500円
練乳ベースの「王道シロップ」か、カルダモンが効いた「大人シロップ」をかけて食べる。高級フレンチの「cainoya dal 1931」のバニラジェラート
王道シロップor 大人シロップどちらかチョイス

茶色の熊に変身
アイスコーヒーをかけて…
好みで、アイスコーヒーをかければカフェラテ風の味になる

ストローで最後まで溶けだしてきたら、ストローで最後まで味わおう

5つの味の飲む「しろくま」

コレもおすすめ
近ごろ、「白熊」メニューに仲間入りした白熊ラテ。深煎りコーヒーの苦みときめのこまやかなミルクのハーモニーが楽しめる。プレーンのほか、ハニーミルク、バニラなど全5種類がそろう。

白熊ラテ550円

白くないしろくま

本場はカラフルなんです
「しろくま」の本場では、スタンダードなミルク味だけでなく、定番をアレンジした創作しろくまを出す店が多い。赤、黄、茶…色とりどりのしろくまをチェックしよう。

リゾートレストラン IL MOLE

奄美大島の自然や文化にふれることができる「奄美の里」内のレストラン。スタンダードな「白熊」のほか、娘の「赤熊」と「パパ熊」、緑茶シロップを使った「ママ熊」のファミリーがそろう。「白熊」シリーズは7月からの夏期限定メニュー。※値段や内容変更、レストラン貸切の場合あり。要確認

奄美の高倉をイメージした天井は開放的

ヒゲがかわいいパパはパッションフルーツ味
夏期限定 パパ熊…950円
パイナップルとメロンでおしゃれに装ったパパ熊。ヒゲの部分はチョコスナックでサクサク
黄のヒミツ
パッションフルーツのソース。酸味が効いたほどよい甘さ

夏期限定 白熊…800円
季節のフルーツを彩りよくトッピング。スタンダードもあるよ

カジュアルレストラン まき

「しろくま」をアレンジしたコーヒー味の「黒熊」を考案。きめ細かいふんわりとしたかき氷の中に、ほろ苦いコーヒーゼリーが隠れている。甘さ控えめで、食事のあとでもペロリと食べられる。

定食、麺類などメニューが多彩なレストラン

食後のコーヒー感覚で楽しみたい黒熊
黒熊…648円
ほろ苦いゼリーと独自の練乳シロップのバランスが絶妙
生クリーム 甘さ控えめで、底のゼリーとからめて食べたい
ポッキー サクサクのチョコレート味
ゼリー 自店製のゼリーがたっぷり
黒のヒミツ
ほろ苦いミルクコーヒー味のシロップがかかる

カフェ彼女の家 納屋店

マンゴーソースたっぷりの「黄熊」で話題のカフェ。マンゴー、バナナ、練乳、アイスなどが入り、食べごたえがある。季節限定メニューを中心に、スイーツは50種類ほどがそろう。

ポップな色調で統一した店内

甘酸っぱくてフルーティーマンゴー三昧の黄熊
黄熊…780円
3種のマンゴーソースが味のポイント。こくのある甘みと酸味が調和している
底にバナナ 器の底にバナナが隠れていて、味の変化が楽しめる
黄のヒミツ
マンゴーソースとトッピングのマンゴー、バナナ

奄美の里

こちらもCHECK 大島紬の見学、草木染め体験
1万6000坪の敷地に、南国情緒あふれる奄美風庭園、鹿児島の島々と開聞岳、桜島、霧島などの山々を表現した日本庭園、そして大島紬の見学工場がある。草木染め体験は事前予約制。

奄美大島の自然を再現した奄美風庭園

しろくまコレクション

まだまだある
氷菓「しろくま」は、鹿児島を代表するスイーツなだけに、じつに多くの店で看板商品になっている。そこで、地元っ子から親しまれる人気の味を、とことんリサーチ。

菓々子横丁 茶房 珈花子

デコレートはセルフ! どんなしろくまができる?
銘菓「かすたどん」で有名な薩摩蒸氣屋が手がけるカフェ。この店のしろくまは、別皿で出てくるフルーツや水饅頭を客がおのおのトッピングして、しろくまの顔を仕上げる。

鹿児島名物 白くま…550円
水饅頭やはっさくなどで、好きな表情をつくることができる。キャラメル風味の「珈花子オリジナル 黒ぐま」もある

蜂楽饅頭

あっさり顔のしろくまの隠し味は、はちみつ
多い日は1日3000個前後を売り上げるという大判焼き「蜂楽饅頭」の専門店。はちみつと練乳をブレンドしたシロップは、やさしい甘さ。中にフルーツがゴロゴロ入っている。

7~9月限定 白くま…500円
真っ白い氷に、あっさり顔を描いたしろくま。ハーフサイズのこぐまは400円
バナナ、みかん、メロンなどのフルーツのほか、手作りの寒天や羊羹が入る

中にフルーツがたくさん

GELATERIA HANANOKI ドルフィンポート店

桜島を眺めるデッキで食べるジェラート屋のしろくま
鹿児島県産の食材を中心に使ったジェラート専門店で、ドルフィンポート(P.44参照)の故郷市場内にある。「しろくま」は、ゴールデンウイークから9月末日までの限定メニュー。

G.W.~9月末日限定 しろくま…800円
ミルクジェラートとフレッシュフルーツが入り、濃厚でクリーミーな練乳がかかる

紙風船

フレッシュフルーツ6種をトッピング
天文館アーケード内にある昔ながらの喫茶店。「しろくま」は、練乳をベースにした特製ミルクをたっぷりかけた氷に、大きめにカットした6種のフルーツをトッピング。

しろくま…750円
ふわふわに削った氷にスイカ、メロン、オレンジ、キウイ、バナナ、いちご(orチェリー)がのる

こぐま…600円
こぐまには4種のフルーツがのる

柳川氷室

氷屋直営かき氷ショップの氷はふわふわ~
製氷店の店先は、4月下旬から11月3日まで、かき氷のテイクアウトショップになる。地元の天然水を長時間かけて凍らせた氷は、削ると綿菓子のようにふわふわ。

4月下旬~11月3日限定 特製ベリーしろくま…500円
完食後も口直しの水がいらないほどに甘さがほどよく、さわやか
いちご、ブルーベリー、ラズベリーなどベリーづくし

しろくまみやげ

おいしいスイーツ&キュートな雑貨で持ち帰り
しろくま風味のスイーツや、キャラクターグッズなど、氷菓「しろくま」をインスパイアしたアイテムが盛りだくさん。

食べてもOK!ホンモノそっくりのミニチュア
白熊チューインガム…280円(天文館むじゃき)
氷菓「しろくま」を模したミニチュア。材料は食べられるチューインガム。
ここで買えます
天文館むじゃき

ハンカチにも!タペストリーにも!
白熊君てぬぐい…420円(天文館むじゃき)
アイデア次第で使い勝手が多彩。ブルーのほかに、白色もある。
ここで買えます
天文館むじゃき

バラマキみやげにもGOOD
白くまロール…1個151円(薩摩蒸氣屋)
フルーツや小豆、生クリームを練乳風味の生地で巻いたロールケーキ。生地はしっとりしていて、甘さは控えめ。個食パッケージになっていて、みやげ品として配りやすい。
ここで買えます
薩摩蒸氣屋 菓々子横丁

ひと口サイズの練乳風味プリン
まるごとしろくまプリン…8個入864円(鹿児島ユタカ)
練乳味のプリンの中に、桜島小みかん、メロン、さくらんぼなどの角切りゼリーが入っている。冷やして食べても、凍らせて食べてもおいしい。
ここで買えます
えきマチ1丁目 鹿児島
鹿児島空港

暑い日は冷たい白熊と扇子で涼風を
白熊オリジナル扇子…330円(天文館むじゃき)
天文館むじゃきのオリジナル扇子。かわいいイラストが描かれ、軽くて持ち運びしやすい。
ここで買えます
天文館むじゃき

筆者:mapple

まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18

発売日:2017年12月20日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年9月〜11月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×