トップ > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 鹿児島・桜島 > 鹿児島 > 天文館 > 

鹿児島【しろくま】おいしくてかわいい冷たいスイーツ!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年5月4日

この記事をシェアしよう!

鹿児島【しろくま】おいしくてかわいい冷たいスイーツ!

鹿児島県発祥の氷菓「しろくま」は、全国的にも知られるご当地スイーツです。
今回は、しろくまの元祖といわれている店から、進化する多彩なアレンジメニューまでご紹介します。
フルーツやプリンなどをトッピングし、SNS映えも間違いなしのしろくまが続々登場!
さらにしろくまゆかりのお土産もピックアップ。
お気に入りを探してみてくださいね。

【鹿児島×しろくま】しろくまについて知ろう

【鹿児島×しろくま】しろくまとは?

今や全国区の人気を誇る南国鹿児島の冷たいスイーツ「しろくま」。かき氷に練乳をかけ、フルーツや豆などをトッピングしたものがスタンダード。氷の味やフルーツの種類などは店によってさまざまで、バラエティに富んだ「しろくま」が楽しめる。

【鹿児島×しろくま】この店が元祖です

「しろくま」の誕生は諸説あるものの、その一つは大衆食堂「天文舘無邪気」が昭和22(1947)年に発案した説。いちごミルクをヒントに改良を重ね、およそ2年の歳月をかけ、氷菓「白熊」として完成させたと伝わる。

【鹿児島×しろくま】「白熊」の名の由来

誕生当初の「白熊」は、フルーツをカラフルにトッピングした現在のものとは異なり、かき氷の中にサイコロ形の果物や十六寸(とろくすん)豆を入れ、外側にアンゼリカやチェリー、レーズンを盛り付けたもので、その顔が白熊に似ていたことから、この名が付いたといわれる。

【鹿児島×しろくま】しろくまの歴史はココから! 「天文館むじゃき 本店」

天文館のアーケードの中に建つ本店ビル。1階はカフェ、2階は洋食で、「白熊」は両方の店舗で注文できる。繁忙期の盆休みには1日4000食の「白熊」を売り上げる人気店。

※<期間限定>の商品は販売時期未定のため、事前に要確認。

【鹿児島×しろくま】しろくまの歴史はココから! 「天文館むじゃき 本店」

白熊  740円

直径15cm、高さ17cmほどのビッグサイズ。目と口はレーズン、鼻はチェリー、さつまいもを使ったスイートロールがトッピングされている。ミルク味のシロップのレシピは、一子相伝の機密事項

【鹿児島×しろくま】しろくまの歴史はココから! 「天文館むじゃき 本店」

ベビー白熊 520円

スタンダードな白熊をそのままミニサイズにしたもの。レギュラーサイズの3分の2の大きさで、女性や子供におすすめ。ほとんどの白熊にベビーサイズがある

【鹿児島×しろくま】しろくまの歴史はココから! 「天文館むじゃき 本店」

つん白熊 920円  <期間限定>

西郷どんの愛犬つんがモデル。茶熊なんだか、白熊なんだか不思議なネーミング。ほうじ茶味のほうじ蜜の氷の中に小豆が! 1階「白熊菓琲」のみで限定販売している

【鹿児島×しろくま】しろくまの歴史はココから! 「天文館むじゃき 本店」

WhiteBear 920円  <期間限定>

つん白熊の「だち熊」。ヨーグルト味のかき氷の中に3種類のベリーが入っていて、さわやかな酸味が楽しめる。1階「白熊菓琲」のみで限定販売している

【鹿児島×しろくま】しろくまの歴史はココから! 「天文館むじゃき 本店」

ブランコに乗った「白熊」が目印。白熊と記念撮影する人も

天文館むじゃき

住所
鹿児島県鹿児島市千日町5-8
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車、徒歩3分
料金
白熊=740円/ストロベリー白熊=740円/ヨーグルト白熊=840円/ソフト白熊=840円/ミルク金時=740円/ベビーセット(取寄せ用、330ml×6個入、送料別)=3750円/ハンディ白熊=450円/(レジ袋利用は3円)

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

スタンダードな「白熊」以外にも、バリエーションの多さはピカイチ。さて、どれから攻めますか?

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

スペシャル白熊 1290円

定番の「白熊」に、かき氷もフルーツも山盛りに増量したゴージャス版

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

ベリーberry白熊 920円  <期間限定>

いちごやブルーベリー、ラズベリーなどのフルーツと、レアチーズケーキを豪快にトッピング

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

南海の黒熊 740円

黒蜜と自店製ミルクシロップをたっぷりかけて、黄粉、ピーナッツ、白玉をトッピング

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

ヨーグルト白熊 850円

ヨーグルトをベースにしたクリームがかかった白熊。レモンの香りがさわやか

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

マンゴー白熊 920円  <期間限定>

マンゴーやバナナなどフルーツが盛りだくさん。オリジナルのマンゴー&パッションソースがかかる

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

ソフト白熊 850円

本店地下1階の鉄板焼きと4階の居酒屋では、季節によってはソフトクリームのかわりにアイスクリームがトッピングされる

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

チョコレート白熊 740円

コーンフレークがサクサクの食感で香ばしい

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

ストロベリー白熊 740円

甘酸っぱい果肉入りのソースがたっぷり

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

プリン白熊 850円

定番の「白熊」に手作りの焼きプリンをトッピング

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

コーヒー白熊 740円

少しビターなコーヒー味で、食後にぴったり

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

抹茶白熊 850円

京都の宇治茶と自店製ミルクがマッチしている

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

宇治金時 740円

ミルク不使用で、宇治抹茶の濃厚な味が楽しめる

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

ミルク金時 740円

小豆とあっさり味のミルクの相性がバツグン

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

銀時 740円

十六寸豆をふんだんにトッピングした和風味

【鹿児島×しろくま】「天文館むじゃき 本店」の白熊オールスターズ

なつかしろくま 740円  <6月限定>

およそ70年前の発売時は50円だった当時の白熊を再現した「なつかしろくま」。毎年6月1日の「氷の日」に合わせて、1か月間の期間限定で販売している。見た目はシンプルながら、あどけない表情の白熊の中には、みかん、メロン、バナナなど10種類の具がぎっしり

【鹿児島×しろくま】進化するしろくま

「しろくま」の本場では、スタンダードなミルク味だけでなく、定番をアレンジした創作しろくまを出す店があります。熊の形を立体再現したもの、赤や黄色などのカラーをプラスしたものなど、進化系しろくまも要チェックです。

【鹿児島×進化するしろくま】こちらを見つめるつぶらな瞳がかわいらし過ぎ!「SANDECO COFFEE 数学カフェ」

数学好きのオーナーが手がけるカフェ。店の一角には問題集やドリルが並び、注文したメニューを待つ間、希望者は数学のテストにチャレンジできる。

【鹿児島×進化するしろくま】こちらを見つめるつぶらな瞳がかわいらし過ぎ!「SANDECO COFFEE 数学カフェ」

3Dしろくま 541円

高級フレンチの「cainoya dal 1931」のバニラジェラートを使う。練乳ベースの「王道シロップ」、またはカルダモンが効いた「大人シロップ」をかけて食べる

【鹿児島×進化するしろくま】こちらを見つめるつぶらな瞳がかわいらし過ぎ!「SANDECO COFFEE 数学カフェ」

フルーツ温泉 しろくまの湯 1801円

フルーツの温泉につかったしろくま。両手で持っても、2、3人用なのでずっしりと重い。旬のフルーツをてんこ盛りにした豪華版で、食べ進めると中に小豆餡とブルーベリージャムが入っている

【鹿児島×進化するしろくま】こちらを見つめるつぶらな瞳がかわいらし過ぎ!「SANDECO COFFEE 数学カフェ」

白熊ラテ 605円

深煎りコーヒーの苦みときめの細やかなミルクのハーモニーが楽しめる白熊ラテ。プレーンのほか、ハニーミルク、バニラなど全5種類がそろう

【鹿児島×進化するしろくま】こちらを見つめるつぶらな瞳がかわいらし過ぎ!「SANDECO COFFEE 数学カフェ」

色ガラスを使った店内は白で統一していておしゃれ

SANDECO COFFEE 数学カフェ

住所
鹿児島県鹿児島市名山町4-1
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで14分、市役所前下車すぐ
料金
SANDECO COFFEE的白熊=500円/フルーツ温泉しろくまの湯=1800円/

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱいかき氷で一番人気の娘”赤熊”「奄美の里 くまの氷屋さん」

奄美大島の自然や文化にふれることができる「奄美の里」の1階レストラン横のテラス席に、夏期限定でオープンするかき氷専門コーナー。白熊、赤熊、パパ熊のほか、スタンダードなかき氷が楽しめる。2021年7月から開設する予定。

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱいかき氷で一番人気の娘”赤熊”「奄美の里 くまの氷屋さん」

赤熊 800円  <夏期限定>

ビタミンCや食物繊維が豊富で、美肌、便秘の改善に効果的なドラゴンフルーツの果汁をたっぷり使う

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱいかき氷で一番人気の娘”赤熊”「奄美の里 くまの氷屋さん」

パパ熊 900円  <夏期限定>

ヒゲがかわいいパパ熊はパッションフルーツ味。パイナップルとメロンでおしゃれに装ったヒゲの部分はチョコスナックでサクサク

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱいかき氷で一番人気の娘”赤熊”「奄美の里 くまの氷屋さん」

白熊 800円  <夏期限定>

スタンダードなしろくまもある。季節のフルーツを彩りよくトッピング

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱいかき氷で一番人気の娘”赤熊”「奄美の里 くまの氷屋さん」

目の前に広がる南国の木々を眺めながら食べれば、気分は上々

奄美の里

住所
鹿児島県鹿児島市南栄1丁目8-1
交通
JR指宿枕崎線谷山駅からタクシーで5分
料金
大人400円、高校生300円、小・中学生200円(障がい者手帳持参で半額、15名以上の団体は大人300円、高校生200円、小・中学生100円)

【鹿児島×進化するしろくま】食後のコーヒー感覚で楽しみたい黒熊「カジュアルレストラン まき」

「大人のスイーツ」としてコーヒー味の「黒熊」を考案。きめ細かいふんわりとしたかき氷の中に、ほろ苦いコーヒーゼリーが隠れている。甘さ控えめで、食事のあとでもペロリと食べられる。

【鹿児島×進化するしろくま】食後のコーヒー感覚で楽しみたい黒熊「カジュアルレストラン まき」

黒熊 660円

ほろ苦いゼリーと独自の練乳シロップのバランスが絶妙

【鹿児島×進化するしろくま】食後のコーヒー感覚で楽しみたい黒熊「カジュアルレストラン まき」

定食、スイーツなどメニューが多彩なレストラン

カジュアルレストランまき

住所
鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目10-28
交通
JR鹿児島中央駅から市営バス文化ホール経由鴨池港行きで13分、与次郎一丁目下車、徒歩5分
料金
黒熊=648円/チキン南蛮定食=927円/豚ロースのしょうが焼き定食=927円/

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱくてフルーティーマンゴー三昧の黄熊「カフェ彼女の家 天文館店」

マンゴーソースたっぷりの「黄熊」で話題のカフェ。マンゴー、バナナ、練乳、アイスなどが入り、食べごたえがある。季節限定メニューを中心に、スイーツは50種類ほどがそろう。

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱくてフルーティーマンゴー三昧の黄熊「カフェ彼女の家 天文館店」

黄熊 850円

3種のマンゴーソースが味のポイント。こくのある甘みと酸味が調和している

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱくてフルーティーマンゴー三昧の黄熊「カフェ彼女の家 天文館店」

ハンディサイズ 700円

短時間に食べられるサイズ。プラスチックケースに入っていて、テイクアウトもできる

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱくてフルーティーマンゴー三昧の黄熊「カフェ彼女の家 天文館店」

しろくま 850円

すっきりした味の自店製ソースがたっぷりかかる

【鹿児島×進化するしろくま】甘酸っぱくてフルーティーマンゴー三昧の黄熊「カフェ彼女の家 天文館店」

ポップな色調で統一した店内

カフェ彼女の家 天文館店

住所
鹿児島県鹿児島市中町6-13正米ビル 2階
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで10分、いづろ通下車すぐ
料金
黄熊=780円/ベリーワッフル=730円/ロコモコランチ=880円/日替わりパスタランチ=800円/

【鹿児島×しろくま】地元で人気のしろくま

氷菓「しろくま」は、鹿児島を代表するスイーツなだけに、じつに多くの店で看板商品になっています。そこで、地元っ子から親しまれる人気の味を、とことんリサーチしました。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】フレッシュフルーツ6種をトッピング「紙風船」

天文館アーケード内にある昔ながらの喫茶店。「しろくま」は、練乳をベースにした特製ミルクをたっぷりかけたきめの細かい氷に、大きめにカットした6種のフルーツをトッピングしている。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】フレッシュフルーツ6種をトッピング「紙風船」

しろくま 800円

ふわふわに削った氷にスイカ、メロン、オレンジ、キウイ、バナナ、いちご(orチェリー)がのる

【鹿児島×地元で人気のしろくま】フレッシュフルーツ6種をトッピング「紙風船」

こぐま 650円

こぐまには4種のフルーツがのる

紙風船

住所
鹿児島県鹿児島市東千石町8-24増田ビル 2階
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車、徒歩5分
料金
しろくま=750円/こぐま=600円/オリジナルブレンド=430円/ケーキセット=740円/スムージー=550円/日替わりランチ=740円/

【鹿児島×地元で人気のしろくま】あっさり顔のしろくまの隠し味は”はちみつ”「蜂楽饅頭」

多い日は1日3000個前後を売り上げる大判焼き「蜂楽饅頭」の専門店。季節限定の白くまは、はちみつと練乳をブレンドしたシロップがかかっていて、やさしい甘さ。中にはフルーツがゴロゴロ。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】あっさり顔のしろくまの隠し味は”はちみつ”「蜂楽饅頭」

白くま 500円  <7~9月限定>

真っ白い氷に、あっさり顔を描いたしろくま。ハーフサイズのこぐまは400円。バナナ、みかん、メロンなどのフルーツのほか、手作りの寒天や羊羹が入る

【鹿児島×地元で人気のしろくま】あっさり顔のしろくまの隠し味は”はちみつ”「蜂楽饅頭」

中にフルーツがたくさん

蜂楽饅頭

住所
鹿児島県鹿児島市千日町5-3
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車すぐ
料金
蜂楽饅頭(白餡・黒餡)=各100円(1個)/しろくま(7~9月限定)=500円/こぐま(7~9月限定)=400円/

【鹿児島×地元で人気のしろくま】空港レストランで食べる”白熊”「エアポート山形屋 ファミリーレストラン」

百貨店の山形屋が運営するファミリーレストランで、鹿児島空港ビルの2階にある。通年、「白熊」をオーダーすることができると人気を集める。開店から午前10時までは朝食バイキングを実施。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】空港レストランで食べる”白熊”「エアポート山形屋 ファミリーレストラン」

白熊 630円

リンゴやパイナップルなどのフルーツを顔に見立てた「白熊」の表情は何ともユニーク

エアポート山形屋ファミリーレストラン

住所
鹿児島県霧島市溝辺町麓822鹿児島空港ビル 2階

【鹿児島×地元で人気のしろくま】デコレートはセルフ! どんなしろくまができる?「菓々子横丁 茶房 珈花子」

銘菓「かすたどん」で有名な薩摩蒸氣屋が手がけるカフェ。この店のしろくまは、別皿で出てくるフルーツや水饅頭を客がおのおのトッピングして、しろくまの顔を仕上げるスタイル。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】デコレートはセルフ! どんなしろくまができる?「菓々子横丁 茶房 珈花子」

鹿児島名物白くま 570円

水饅頭やはっさくなどで、好きな表情をつくることができる。キャラメル風味の「珈花子オリジナル 黒ぐま」もある

菓々子横丁 茶房 珈花子

住所
鹿児島県鹿児島市東千石町13-14菓々子横丁 2階
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車すぐ
料金
かすたどんパフェ=580円/

【鹿児島×地元で人気のしろくま】昔なつかしい”喫茶店のしろくま”「天文館果実堂」

鹿児島県産の果物を使ったパフェが人気のフルーツパーラー。大きめにカットした果物がのるしろくまは、惜しまれつつ閉店した地元の喫茶店の味を再現したもの。5月から9月の期間限定。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】昔なつかしい”喫茶店のしろくま”「天文館果実堂」

氷しろくま~にぎわい通りの思い出仕立て~ 1056円 

ふわふわの氷に自店製の練乳がたっぷり。フルーツは注文が入ってからカットしている

天文館果実堂

住所
鹿児島県鹿児島市中町3-4

【鹿児島×地元で人気のしろくま】氷屋直営かき氷ショップの氷はふわふわ「柳川氷室 」

製氷店の店先は、4月下旬から11月3日まで、かき氷のテイクアウトショップになる。地元の天然水を長時間かけて凍らせた氷は、削ると綿菓子のようにふわふわで、口溶けがいい。

【鹿児島×地元で人気のしろくま】氷屋直営かき氷ショップの氷はふわふわ「柳川氷室 」

特製ベリーしろくま 550円  <4月下旬~11月3日限定>

完食後も口直しの水がいらないほどに甘さがほどよく、さわやか

柳川氷室

住所
鹿児島県鹿児島市堀江町19-6
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで10分、いづろ通下車、徒歩3分
料金
特製ベリーしろくま=500円/

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

JR鹿児島中央駅や鹿児島空港には、「しろくま」ゆかりの「うんまか」みやげが盛りだくさん。まとめ買いして帰りませんか。

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

まるごとしろくまプリン 8個入 864円(鹿児島ユタカ)

練乳味のプリンの中に、桜島小みかん、メロン、さくらんぼなどの角切りゼリーがイン。凍らせて食べてもおいしい

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

ヤナギムラのフローズンしろくまブラン 1個 648円(パティスリー ヤナギムラ)  <夏期限定>

黄桃、パイナップル、さくらんぼ、ブルーベリー、ぶどう、みかんをたっぷりミックスしたフローズンミルク

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

鹿児島白くまラスク 7枚入 378円(ヒラヤマ食品)
練乳入りのクリームがたっぷりかかったラスク

 

ココで買える:鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

まるごとしろくま生キャラメル 648円(鹿児島ユタカ)

口どけがよく、練乳の甘い香りが広がる練乳風味の生キャラメル

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

白くま親子のクランチチョコ 12本入 620円〜(山福製菓)

いちご、パイン、マンゴー、パッションフルーツのドライフルーツを練り込んだザクザク食感が軽快なクランチチョコ

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

白くまどんのサンドクッキー 6個入 702円〜(山福製菓)

いちご、オレンジピール、小豆、コーンフレークを混ぜ込んだミルク味のチョコレートを、ミルククッキーでサンド。ザクッとした食感

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

鹿児島しろくまシフォン 10個入 648円(薩摩ほがや)

ふんわり焼き上げた生地に練乳クリームが入った、食べ切りサイズのシフォンケーキ

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

薩摩家のしろくま 350円(西通りプリン鹿児島)

練乳を使ったミルキーなプリンに、フルーツを盛り付け

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁

【鹿児島×しろくま】しろくま土産

しろくまとろっける 10枚入 648円 / 18枚入 1080円(鹿児島ユタカ)

練乳の風味が濃く、口の中でとろける新食感は、まさに氷菓しろくまを思い出させる食べごこち

 

ココで買える:さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産
【鹿児島×しろくま】しろくま土産

鹿児島しろくまのクリーム大福 9個入 648円(鹿児島大辰)

ホイップしたクリーム、餡、マンゴーをやわらかい餅で包んだ洋風大福

 

ココで買える:鹿児島空港 所在地/霧島市溝辺町麓822

【鹿児島×しろくま】しろくま土産
【鹿児島×しろくま】しろくま土産

白くまロール 1個 151円

フルーツや小豆、生クリームを練乳風味の生地で巻いたロールケーキ。個食パッケージになっていて、みやげ品として配りやすい

 

ココで買える:薩摩蒸氣屋 菓々子横丁

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください