コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  西伊豆【松崎】なまこ壁をめぐるノスタルジックさんぽ

西伊豆【松崎】なまこ壁をめぐるノスタルジックさんぽ

by mapple

更新日:2018年2月24日

「花とロマンの里」をキャッチフレーズにする、情緒ゆたかな松崎町。町内には史跡が多く、文明開化の面影を残す建造物や「なまこ壁」の小路など、独特の佇まいをもっている。町人になった気分で散策を楽しもう。

『なまこ壁』ってなぁに?

壁面に瓦を打ち付け、瓦の継ぎ目を漆喰でカマボコ型に盛りあげてつなぐ建築技術。防火性に優れる。松崎地区では昔から家や蔵をこの壁で守ってきた。

【START】松崎町営中瀬邸立体駐車場

0558-42-3964(松崎町企画観光課)
24時間営業、最初の3時間無料、以後1時間100円、60台

明治商家 中瀬邸

時代をこえて今に残る明治の典雅
明治20(1887)年に建てられた呉服商家を、当時のまま再現している。明治時代の着物をはじめ調度品や帳場の様子、歴史的資料を収蔵・展示する。地場産品のみやげ販売、奥座敷での喫茶もある。【松崎町営中瀬邸立体駐車場から徒歩すぐ】

玄関の紺色の暖簾には「橘」の家紋が入る

母屋は「観光案内所」を兼ね情報を発信

なまこ壁通り

松崎町内でも人気の高いスポット
松崎町には50mほどの「なまこ壁」の小径が残っている。風情あふれるなまこ壁をバックに記念撮影をしよう。特に薬問屋だった近藤邸周辺の壁は、状態がよく絶好のフォトポイント。【明治商家 中瀬邸から徒歩3分】

季節や時間帯によって表情を変える

浄感寺内長八記念館

松崎町に残る貴重な長八作品
記念館は本堂にある。「彩雲」「飛天の像」など長八の代表作約20点を展示。傑作といわれる静岡県指定有形文化財の「雲龍」は必見。入江長八が幼少期に学び育った寺としても知られる。【なまこ壁通りから徒歩2分】

天井の龍は立つ場所で表情が変わる

伊豆の長八美術館

独自の表現世界を築きあげた入江長八
松崎町が生んだ漆喰鏝絵(こてえ)の名工といわれた入江長八の作品を展示する美術館。長八の壁画技術は世界的にも高く評価され、西洋のフレスコ画と比べても遜色がない。【浄感寺内長八記念館から徒歩2分】

『入江長八ってどんな人?』
松崎町で文化12(1815)年に生まれた名工(左官職人)。なまこ壁や鏝絵(こてえ)といった漆喰細工を得意とし、「伊豆の長八」として名をはせた。

建物は建築家の石山修武氏が手がける

伊豆文邸

かつての呉服問屋で明治情緒にふれる
明治43(1910)年に建てられた商家で、現在は無料の休憩所として開放する。明治時代の面影を色濃く残す座敷や相場表などを見ると、まるでタイムスリップしたような心地に。無料の足湯もある。【伊豆の長八美術館から徒歩すぐ】

外壁などに漆喰細工が施されている

屋根付きの足湯は3人ほど入れる

喫茶&ギャラリー 丸平

松崎港前で、のんびり営まれるカフェ
地元常連客に親しまれるお店。個性派オーナーとの会話も楽しい。月替わりで地元作家たちの絵画や手作り品などを展示している。ピザや力うどんなどの食事メニューもある。【伊豆文邸徒から歩3分】

伊豆石を使った貯氷蔵をリノベーションしている

2階もギャラリーになっている

伊豆漁協松崎支所 松崎直売所

松崎港ならではの幸を買って帰ろう
港町を歩くときは、ぜひ直売所に寄ってみて。松崎港で水揚げされた魚介類から塩干加工品、地場産品までが、お得な漁協価格でそろう。太いヒジキや伊勢エビ(漁期あり)がおすすめ。【喫茶&ギャラリー 丸平から徒歩2分】

「松崎産のトントン芽」 500円

那賀川と岩科川が合流する河口に建つ

【GOAL】松崎町営中瀬邸立体駐車場

【伊豆漁協松崎支所松崎直売所から徒歩5分】

散歩の中のちょい食べやおみやげにも

アサイミート

人気の精肉店。ショーケースの中には気になる商品がいっぱい。

せんべいおにぎり(1個)160円。松崎町産の黒米とヒジキを使用

川のりコロッケ1個120円。黒米皮パン90円に挟めば激旨

桜味堂

松崎特産の桜葉を使った和スイーツを味わいたい。

手作り桜葉餅(5個入)750円

伊豆の長八美術館に隣接した施設内

【ひと足のばして!】重要文化財 岩科学校

明治の名残り、伊豆地区最古の小学校
明治13(1880)年建築の木造校舎(国の重要文化財)。現在は明治期の史料などを展示。バルコニーなど洋風を取り入れた擬洋風建築。入江長八が漆喰鏝絵で描いた千羽鶴もある。

伊豆地区最古の小学校。社寺風の建築様式

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×