>  >  >  >  > 

【波照間島】人気おすすめスポット&みやげをチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月29日

この記事をシェアしよう!

【波照間島】人気おすすめスポット&みやげをチェック!

オヤケアカハチ誕生の地

波照間島出身の八重山の英雄
15世紀末に八重山地方を治めたオヤケアカハチ。人頭税に苦しむ島民のために反乱を起こすも敗れ、八重山は首里王府の配下となる。現代も英雄として名を馳せるアカハチの生家跡は南共同売店近く。

オヤケアカハチ誕生の地

家屋はなく、生家跡に石碑が建つ

オヤケアカハチ誕生の地

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間2965
交通
波照間港から波照間島灯台方面へ車で5分
料金
情報なし

おでん・そば・泡波の店ぶどぅまれー

ボリューム満点とろけるテビチおでん
まぁはんどー(波照間の島ことばでおいしい)ソーキそばが看板メニュー。夜はテビチをじっくり煮込んだおでんの盛り合わせや沖縄家庭料理を泡波と一緒に味わえる。

おでん・そば・泡波の店 ぶどぅまれー

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間2844
交通
波照間港から徒歩20分
料金
各種ちゃんぷるー=700円~/ソーキそば(中)=650円/おでん盛り合わせ(夜のみ)=1000円/

居酒屋 味○

中国風沖縄料理を泡波とともに
南集落にある居酒屋。長命草を使ったみどりのギョーザやあんかけ焼きそば、グルクン炒飯など中国料理の料理人ならではのオリジナルメニューがおすすめ。泡波や黒糖焼酎とともに味わって。

居酒屋 味○

みどりのギョーザ(手前)と八重山そばのあんかけ焼きそば

居酒屋 味○

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間3112
交通
波照間港から徒歩20分
料金
波照間島産ヤギ刺し=1500円/あんかけ焼きそば=800円/

海畑

泡波が飲める港待合所の食堂
ソーキそばやカレーライス、かき氷、ジュースなどが手軽に食べられる波照間船客ターミナル内にある食堂スペース。波照間島でも入手困難な泡盛、泡波が1杯400円で味わえる穴場スポット。

9:00〜17:00 
休み 月曜 
竹富町波照間6523 波照間船客ターミナル内 
波照間港からすぐ 
P無料

海畑

平麺にソーキが3つのるソーキそば(並)700円

ひまわりカフェ

古民家でのんびりとひと休み
朝7時30分から9時30分まではモーニング営業。ランチタイムには野菜たっぷりのゴーヤチャンプルー定食などが食べられる。古民家の座敷でゆっくりとくつろげるカフェ。

ひまわりカフェ

ナポリタン750円とマンゴージュース350円

ひまわりカフェ

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間5227
交通
波照間港から徒歩20分
料金
ゴーヤチャンプルー定食=750円/日替わりランチ=850円/モーニング(和洋食日替わり、ドリンク付)=650円/デザートセット=600円/

波照間島みやげ

南十字星や島の自然をイメージしたグッズを最南端の島の思い出に。

モンパの木

オリジナルみやげがそろう
貴重な夜光貝を使った素朴なアクセサリーやオリジナルTシャツを販売。波照間島をモチーフにしたTシャツが好評。

モンパの木

HATERUMAN BLUETシャツ 2500円

モンパの木

夜光貝のネックレス 600〜5000円

モンパの木

波・亀タオル 600円

モンパの木

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間464-1
交通
波照間港から徒歩15分
料金
手ぬぐい=900円/紅型プリントバンダナ=600円/Tシャツ=2200円・2500円/夜光貝アクセサリー=600円~/絵ハガキ=100円(1枚)/ステッカー=400円/

港売店あだん

港で波照間グッズを
オリジナルデザインのTシャツや手ぬぐいが島みやげとして人気。オリジナル日本最南端の証明書も発売している。

港売店あだん

トートバッグ 1980円〜

港売店あだん

ヤギの手ぬぐい 680円〜

港売店あだん

オリジナルステッカー (1枚)300円〜

港売店あだん

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間6523波照間旅客ターミナル内
交通
波照間港からすぐ
料金
Tシャツ=2000~2300円/ぴみざぁ手ぬぐい=600円(1枚)、1500円(3枚)/ぴみざぁミニタオル=580円~/

あがでぐに

種類豊富な島みやげ
島人の手作り民具から特産品や黒糖スイーツ、島外にはほとんど出回らない泡波のミニボトルを販売する。

あがでぐに

紅型ポストカード (1枚)150円

あがでぐに

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間6523波照間船客ターミナル内
交通
波照間港からすぐ
料金
ポストカード=500円(5枚組)/泡波ミニボトル各種=400円(100ml)/黒糖ちんすこう=800円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください