コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  青森【田舎館村】水田をキャンバスに田んぼアート!

青森【田舎館村】水田をキャンバスに田んぼアート!

by mapple

更新日:2018年4月3日

数種の異なる稲の苗を使って田植えをし、巨大な絵や文字を浮かび上がらせる田んぼのアート。毎年2つの会場で開催され、大勢の見物客でにぎわう。田舎館村展望台と弥生の里展望台から見学しよう。

こうやって作られる

【見ごろ】 7月中旬~8月中旬

まずは…設計図づくり
田植えの目印の位置を決めるため、しっかり測量。

次に…目印づくり
植える稲の品種ごとに目印を立てていく。

いよいよ…田植え!
村人たちが一丸となって一斉に田植え!

2つの会場で実施

第1田んぼアート「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」

第2田んぼアート「桃太郎」

ここから見学しよう

第1田んぼアート 田舎館村展望台

田舎館村役場4階に設けられた展望台デッキ。なお、役場庁舎は戦国時代に田舎館城があったことから城をモチーフとしたデザイン。


約3㎞の距離

第2田んぼアート 弥生の里展望所

道の駅いなかだてに併設された展望台。ここでは田んぼアートのほか、小石を敷き詰めて描く「石のアート」も見ることができる。

2つの会場を結ぶ無料シャトルワゴン車

第1・第2田んぼアート会場を約10分で結ぶ定員9名の無料シャトルワゴンがある。2会場を30分間隔で運行している

過去の作品はこちら

第11回 平成15年度 「モナリザ」

この年は遠近法を使っていなかったため、少し太めのモナリザに。

冬の田んぼアート

2月中頃、第2田んぼアート会場はスノーアート会場へと変身。雪原が足跡と光で彩られる。

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる日光・那須 鬼怒川・塩原'19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×