トップ > 関東・甲信越 > 北関東 > 日光・鬼怒川 > 日光 > 日光市街 > 

日光東照宮を徹底ガイド!参拝ルートからトリビアまで参拝準備はこれでOK by fotolia - ©Tozawa

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年5月8日

この記事をシェアしよう!

日光東照宮を徹底ガイド!参拝ルートからトリビアまで参拝準備はこれでOK

日本が誇る世界遺産「日光東照宮」。江戸初期の名工たちが集結し作り上げた職人技と美の結晶です。御祭神として祀られるのは、徳川初代将軍の徳川家康公で、おもな社殿は3代将軍家光公が建て替えたもの。国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟が並び、極彩色に輝く豪華絢爛な空間に酔いしれることができます。

そんな日光東照宮の魅力を存分に堪能するために、参拝前にしっかり予習しておきましょう。陽明門や三猿、眠り猫などの見どころを網羅する参拝ルートから、意匠を凝らした彫刻や隠れた名所、トリビアまで……。
日光東照宮の見どころを余すところなくご紹介します!

日光東照宮の見どころを、まずはダイジェスト動画でご紹介!

日光東照宮の見どころ網羅参拝ルート

日光東照宮の見どころ網羅参拝ルート
参拝ルートマップ

60分コース

Start いざ、世界遺産へ!

【日光東照宮×参拝ルート】①表参道

連なる杉の木と、奥に見える一ノ鳥居が神聖な雰囲気を醸し出す。歩くうちに心も穏やかに。

【日光東照宮×参拝ルート】①表参道
by fotolia - ©kawamura_lucy

【日光東照宮×参拝ルート】②石鳥居

重要文化財
元和4(1618)年、九州筑前藩主・黒田長政が奉納。鶴岡八幡宮、京都八坂神社を含め、日本三大石鳥居と称される。高さ9m、柱の直径は約3.6m。

【日光東照宮×参拝ルート】②石鳥居
by fotolia - ©tenjou

【日光東照宮×参拝ルート】③五重塔

重要文化財
下から1〜4層までが和様、最上部の5層が唐様の塔で、高さは約35m。慶安3(1650)年に若狭の国小浜藩主・酒井忠勝によって奉納された。一度火災で消失し、文政元(1818)年に再建。拝観料300円。

【日光東照宮×参拝ルート】③五重塔

【日光東照宮×参拝ルート】④表門

重要文化財
参拝券を購入後、最初に通るのがこちら。日光東照宮の一つ目の門で、「阿吽(あうん)」の仁王像のほか、獅子やバクなど、82もの霊獣の彫刻が施されている。

【日光東照宮×参拝ルート】④表門
by fotolia - ©oben901

【日光東照宮×参拝ルート】⑤三神庫

重要文化財
日光東照宮の表門を通ると、目の前に3棟の校倉造りの建物が並ぶ。右から下神庫、中神庫、上神庫で、お祭りの道具や御神宝を収納。「想像の象」は上神庫の側面上部にある。

【日光東照宮×参拝ルート】⑤三神庫

【日光東照宮×参拝ルート】⑥神厩舎

重要文化財
神馬(しんめ)をつなぐ神厩舎の外観には、修復を終えた猿の彫刻がずらり。「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿もここに!

【日光東照宮×参拝ルート】⑥神厩舎

NEW 三猿 
2017年公開へ

【日光東照宮×参拝ルート】⑦唐銅鳥居

重要文化財
日本初の青銅鳥居で、3代将軍家光公が金2000両を投入して完成させた。本殿や陽明門の直線上に建つ。東照宮随一のパワースポット。

【日光東照宮×参拝ルート】⑦唐銅鳥居
by fotolia - ©oben901

【日光東照宮×参拝ルート】⑧陽明門

国宝
東照宮のメインスポットであり、日本を代表する美しい門のひとつ。「平成の大修理」を経て、2017年に公開された。江戸初期の職人技が集結した、500体を超える彫刻が見事。

【日光東照宮×参拝ルート】⑧陽明門

NEW 陽明門
2017年公開へ

【日光東照宮×参拝ルート】⑨唐門

国宝
「拝殿・本殿」の表門である唐門も、美しい彫刻美に彩られている。

【日光東照宮×参拝ルート】⑨唐門

【日光東照宮×参拝ルート】⑩拝殿・本殿

国宝
本殿・石の間・拝殿で構成され、例祭などの祭典が行なわれる大切な場所。拝殿の天井には、100頭もの竜の絵がずらり。

【日光東照宮×参拝ルート】⑩拝殿・本殿
by fotolia - ©oben901

本殿は、平成の大修理の真っ最中。シートで覆われている部分も

【日光東照宮×参拝ルート】⑪神楽殿

重要文化財
前に舞台、後ろに楽屋が備わる建物で、春の例大祭では八乙女(やおとめ)が神楽を舞う。東照宮内では珍しい純和風建築。

【日光東照宮×参拝ルート】⑪神楽殿

【日光東照宮×参拝ルート】⑫東廻廊

国宝
奥宮へとつながる参道の手前、東廻廊にちょこんとたたずむ眠り猫の彫刻。意外と小さく、高い場所にあるので注意を。牡丹の花に囲まれ、日の光を浴びてうたた寝をしている。

【日光東照宮×参拝ルート】⑫東廻廊

NEW 眠り猫
2016年公開へ

【日光東照宮×参拝ルート】+30分でもっと探求 奥宮ゾーンへ

長い石階段があり、登るのは体力勝負。プラス30分、時間に余裕をもって臨もう。

⑬石階段
東廻廊から奥宮へ続く、全207段の階段。大きな一枚岩で作られた踏み石は、霜柱などで劣化する心配がない

⑭奥宮拝殿
家康公の墓所である奥宮には、奥宮拝殿のほか鋳抜門(いぬきもん)、奥宮宝塔(おくみやほうとう)などがある

【日光東照宮×参拝ルート】+30分でもっと探求 奥宮ゾーンへ
by fotolia - ©tita93
【日光東照宮×参拝ルート】+30分でもっと探求 奥宮ゾーンへ
by fotolia - ©colorfield

【日光東照宮×参拝ルート】⑮神輿舎

重要文化財
春秋渡御祭(5月18日、10月17日)に使われる、家康公、豊臣秀吉公、源頼朝卿の神輿を納める。天井の美しい天女像は、神輿が出ている時だけ見られる(中には入れない)

【日光東照宮×参拝ルート】⑮神輿舎
by fotolia - ©oben901

【日光東照宮×参拝ルート】⑯本地堂(薬師堂)

重要文化財
家康公は薬師如来の生まれ変わりといわれ、本来の仏(本地)を祀ったため薬師堂とも呼ばれる。日光東照宮で最大規模の建物。

【日光東照宮×参拝ルート】⑯本地堂(薬師堂)
by fotolia - ©oben901

GOAL
お疲れさまでした!

【日光東照宮】深堀りスポット① 国宝「陽明門」

宮中正門の名前を授かる東照宮のシンボル国宝「陽明門」。江戸初期の伝統技術が集約され、500体を超える彫刻と、鮮やかな彩色が見事で一日中見ていても飽きないことから「日暮門」との呼び名を持つ。
約380年前に造られた壮麗な門は、「平成の大修理」を経て、2017年に4年ぶりに姿を現した。修復により漆塗りや金箔が施され、今まで以上に豪華な姿をみせてくれる。ぜひ時間をかけて見学したい。

 

【日光東照宮】陽明門トリビア

【日光東照宮×陽明門】永遠に未完成?

「完成は崩壊の始まり」という考えのもと、陽明門はあえて未完成の状態のまま。門をくぐって左側、奥から2本目の「魔除けの逆さ柱」は、グリ紋という模様が逆さだ。

【日光東照宮×陽明門】永遠に未完成?

逆さ柱は模様が逆に

【日光東照宮×陽明門】門にいる人物は謎!

陽明門の左右に鎮座する随身像(ずいしんぞう)門番として安置。徳川家の葵紋ではなく、「木瓜(もっこう)」という家紋を持つ。徳川家相談役の天海大僧正=明智光秀との説も。

【日光東照宮×陽明門】門にいる人物は謎!

【日光東照宮×陽明門】ここまでスゴイ、江戸の耐震性能

地震の揺れや衝撃を吸収・分散するべく、積み木を縦横に組み合わせたような「斗栱(ときょう)組み」を採用。デザイン的にも見事な仕上がりに。

【日光東照宮×陽明門】門と鳥居の直線上がパワースポット

江戸城、久能山、富士山と縁が深く、運気が集まる日光東照宮。特に「唐銅鳥居(からどうとりい)」の中に陽明門が入って見える位置は、頭上に北極星を仰ぐ最強のパワースポットだ。

【日光東照宮×陽明門】門と鳥居の直線上がパワースポット
by fotolia - ©oben901

【日光東照宮】華麗なる彫刻をチェック

【日光東照宮】華麗なる彫刻をチェック

【日光東照宮×彫刻】龍と息

上は龍、下は息という霊獣。似ているが、息は上唇に鼻の穴がある。

【日光東照宮×彫刻】龍と息
poi

【日光東照宮×彫刻】鬼瓦

邪悪なものが侵入しないよう、頂点から周囲を睨みつける。

【日光東照宮×彫刻】麒麟

幸運を運ぶ霊獣。龍の頭と鹿の体を持つ。

【日光東照宮×彫刻】目貫きの龍

空を飛ぶ白い体に、金色の髭と爪が輝く。

【日光東照宮×彫刻】目貫きの龍
by fotolia - ©nyiragongo

【日光東照宮×彫刻】唐子遊び

雪合戦や鬼ごっこなど、子どもたちが遊ぶ姿の彫刻が20か所も。平和への願いが生きる。

【日光東照宮×彫刻】唐獅子

ライオンをモデルに、想像で造られた霊獣。一体ごとに口の開け方が違う。

【日光東照宮×彫刻】唐獅子
by fotolia - ©wooooooojpn

【日光東照宮×彫刻】中国の故事や仙人

政治家の周公や、仙人など、古代中国の人々が描かれる。

【日光東照宮×彫刻】中国の故事や仙人

【日光東照宮×彫刻】廻廊の彫刻

門の左右に延びる廻廊には、松、牡丹など、縁起のいいモチーフの彫刻がずらり。

【日光東照宮×彫刻】廻廊の彫刻
by fotolia - ©coward_lion

【日光東照宮】昇り龍と降り龍

門の通路天井に描かれた龍。もとの絵は狩野探幽の作といわれ、昭和と平成の大修理を経て、現在の姿になった。

【日光東照宮】昇り龍と降り龍
【日光東照宮】昇り龍と降り龍

【日光東照宮】陽明門修復HISTORY

陽明門の保存修復工事は2013年7月にスタート。熟練の技術者が集められ、技法、材料など、できる限り建築当時と同じ形で修復された。彫刻を一つひとつはずし、漆を塗り直し、顔料で彩色して、再度取り付けるまで、すべてが手作業。

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください