コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  沖縄【久高島】神の島へ!琉球の歴史はここから始まった!

沖縄【久高島】神の島へ!琉球の歴史はここから始まった!

by mapple

更新日:2018年5月23日

知念半島の東の海上に浮かぶ小さな島。アマミキヨが最初に降り立った神の島とされ、歴代国王も参拝に訪れた。神話にまつわる場所が数多く残り、今も伝統的な祭りが年に数十回行なわれている。

島めぐりのアドバイス

島内は未舗装の道路が多いので、歩きやすい靴がおすすめ。集落外には自動販売機や日陰がないので、帽子や飲み物も必ず用意しよう。フボー御嶽をはじめ、北海岸近くの墓地などは、立ち入りが禁じられている。

所要時間 通常3時間 さくっと2時間
自転車で見どころをめぐると約2時間。途中で食事をしたり、ビーチでのんびり過ごしたりしながら散策すると約3時間。

島めぐりは自転車で!レンタサイクル情報
徳仁港にある久高船待合所などで借りることができる
1時間▶300円~

ロマンスロード

沖縄本島を一望する景色が広がる景勝地。道の途中にある階段を下りると白 砂が続く美しい天然ビーチがある。

はびゃーん(カベール)

島の北東部の岬で、アマミキヨ降臨伝説が残る神聖な場所。心が洗われるような美しい砂浜が広がっている。

御殿庭 うどぅんみゃー

琉球王国から任命された神女が祭祀を執り行なう久高殿(写真右)とイラブーの燻製小屋(写真左)が建つ庭。

いしき浜

海のかなたにある楽園“ニライカナイ”に通じるといわれる。ニライカナイから神が訪れるとき、ここに船が停泊するという。聖域なので遊泳はできない。

島へのアクセス

高速船 所要15分/片道760円
フェリー 所要20分/片道670円
098-948-7785(久高海運安座真事務所)

高速船とフェリー合わせて1日6便
※2月下旬~3月上旬、5月下旬~6月上旬は、点検のため運航本数が異なります。

筆者:mapple

まっぷる沖縄’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×