コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  那覇【壺屋やちむん通り】ノスタルジックな焼き物の町!

那覇【壺屋やちむん通り】ノスタルジックな焼き物の町!

by mapple

更新日:2018年5月23日

賑やかな国際通りとはうって変わってゆるりとした時間が流れる焼物の産地、壺屋やちむん通り。戦前から残る町を歩きながら、自分好みの器を探したり陶芸体験をしたり、思い思いに楽しみたい。

壺屋やちむん通り

琉球石灰岩を敷き詰めた約400mの通り。現在も壺屋で作陶する窯元の直営店、セレクトショップなど40店ほどが軒を連ねる。

所要時間
通常 2時間
さくっと 1時間
壺屋やちむん通りの店をのぞくだけなら約1時間。すーじぐゎー(路地)散策やカフェブレイクも予定に入れる場合は、2時間ほどを確保しよう。

新垣家住宅

りっぱな石積みの向こうに、代々続いた陶工の屋敷と登り窯が残っています。外観を眺めるだけでも歴史が感じられるはず
※公開に向けて整備中

いしまち通り

壺屋やちむん通りをそれた静かなすーじぐゎー。ツタがびっしりとからまる石垣が続き、ゆったりとした時間が流れていますよ

北ヌ宮

ガジュマルなどの古木が深い影を落とすなか、焼物の神様を祀っています。場所は那覇市立壺屋焼物博物館の裏手です

南ヌ窯

琉球王国時代に造られたといわれ、1970年代まで使われた登り窯が現存。閉窯後もどっしりとした風格を漂わせています

東ヌカー

緑が茂ったガジュマルの大木の下に共同井戸があります。300年もの昔、壺屋ができた頃に掘られたと聞いています。今でも現役なんですよ!

育陶園本店

壺屋焼の長い歴史を受け継ぐ老舗窯元
6代目窯元が、壺屋焼の伝統を今に伝える。伝統的な技法や紋様を施したやちむんをはじめ、スタイリッシュな黒釉のシリーズ、シーサーなど、種類豊富にそろう。

壺屋焼とは?
約330年前、首里王府が各地の陶工を壺屋に集めたことに始まる焼物。唐草紋や菊紋など伝統的な紋様や技法が受け継がれている。

陶主の作品をはじめ育陶園ブランドの商品が並ぶ

フリーカップ 3240円
大ぶりなのでさまざまな用途に使える
唐草紋
四方に伸びる唐草は繁栄のシンボル

7寸皿 赤絵唐草線彫 7020円
躍動感のある唐草に赤い実が彩りを添える※期間限定販売商品
赤絵(あかえ)
焼成後に赤い絵付けをし、もう一度窯入れする

コーヒーカップ&ソーサー7020円
定番の黒シリーズは彫りの美しさが際立つ
線彫り
下絵なしに彫刻刀で一気に模様を彫り上げる

飯マカイ3024円
躍動感のある魚紋に注目
魚紋(ぎょもん)
子孫繁栄を表す縁起のよい柄

Craft・Gift ヤッチとムーン

心躍る空間で新しいやちむんを発見
伝統柄から独創的な雰囲気のものまで、幅広い作風の器をセレクト。若手作家の作品も扱う。ダイニングやキッチンなどをイメージした店内に、センスよく器がディスプレイされている。

瓦屋根風の古民家の造り

青い海7寸皿 4536円
沖縄の海を思わせる鮮やかなブルー

やちむん小壺1058〜1382円
草花を飾ったり、置物にしたり、楊枝を立てたり

Kamany

暮らしに華を添えるやちむんが並ぶ
古民家をリノベートした育陶園の直営店。“現代生活を彩るやちむん”を使うイメージがしやすいよう、テーブルコーディネートで提案する。

ライフスタイルシーンをイメージしたディスプレイ

5寸皿 青釉染付菊紋 1944円
菊紋があしらわれた皿。取り皿にもおすすめ

DONBURI 4860円
青、黒、緑、茶色を展開。サイズ感もジャスト

UTSUWAチャタロウ

暮らしをハッピーにするやちむんがずらり
「Craft・Gift ヤッチとムーン」の姉妹店。オリジナルの陶器、木製品、雑貨などを扱う。やちむんのアクセサリーや服飾小物もおすすめ。

個性が光る器に目が釘付け

つぼやカップ各1620円
壺屋の町並みを描いた小ぶりのカップ

ティーポット9072円
手になじむ使いやすいポット

角皿 各2678円
アトリエクッチャネのティータイムにもぴったりな小皿

作陶体験ならここ!

壺屋焼窯元 育陶園 陶芸道場

窯元でやちむん作りにチャレンジ
窯元育陶園が運営する赤瓦屋根の工房。手びねりやろくろによる陶芸体験ができる。オリジナルのシーサーや器作りにトライしよう。前日までの予約が望ましい。

世界にひとつだけのシーサーが完成

作品鑑賞ならここ!

那覇市立壺屋焼物博物館

やちむんのすべてがわかる博物館
土器の時代から現在にいたる沖縄の焼物の歴史のほか、壺屋焼の成り立ちや、製法、技法などを作品を交えながらわかりやすく紹介。戦前、戦後の壺屋の暮らしぶりを知る映像シアターもある。

沖縄の焼物の歴史を流れを追って展示

やちむんカフェならここ!

茶屋 すーじ小

のんびり過ごせる木陰の茶屋
築約100年の琉球赤瓦の古民家で、木々に囲まれた路地にある。店主が祖母から受け継いだ家庭的な味わいの沖縄そば、ぜんざいは壺屋焼の器で味わえる。

沖縄そば500円しっかりと味がしみ込んだ三枚肉がのる

うちなー茶屋&ギャラリー ぶくぶく

伝統あるぶくぶく茶でゆんたく
白米の煮汁とさんぴん茶で作る泡を玄米のお茶に浮かべて飲む伝統茶、ぶくぶく茶は飲み方までていねいに教えてくれる。沖縄氷ぜんざいもあり、足休めにぴったり。

ぶくぶく茶1080円新垣カミ菓子店のちんすこうとくんぺんが付く

筆者:mapple

まっぷる沖縄’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×