トップ >  九州・沖縄 > 沖縄 > 八重山諸島 > 

2022年ゴールデンウィークに石垣島に行くなら!知っておきたい石垣島の魅力や予算相場、イベントまとめ

渡辺拓海

更新日: 2022年1月4日

この記事をシェアしよう!

2022年ゴールデンウィークに石垣島に行くなら!知っておきたい石垣島の魅力や予算相場、イベントまとめ

那覇空港から南西におよそ280kmに位置する宮古島。そこからさらに123kmの距離にある石垣島。
那覇市内に行ったことはあるけれど、離島はスケジュールの都合で断念したという方もいるのではないでしょうか。

今回は、沖縄本島とは異なる歴史・文化を持つ魅力的な石垣島へとご案内。

おすすめ観光スポットから旅行にかかる費用相場まで、大型連休に行く離島旅行の楽しみ方をご紹介します!

2022年ゴールデンウィークの日程

2022年ゴールデンウィークの日程

2022年のゴールデンウイークは飛び石連休になっているため、土日祝休みでカレンダー通りに休む場合は、4月29日(祝)~5月1日(日)、もしくは5月3(祝)~5日(祝)の3日間が連休です。

そこに5月2日(月)を休みにすると4月29日(祝)~5月5日(祝)までの7連休、もしくは5月6日(金)を休みにすると5月3日(祝)~5月8日(日)の6連休。

5月2日(月)、5月6日(金)どちらも休みにすれば4月29日(祝)~5月8日(日)までの10連休になります。

石垣島ってどんなところ?石垣島の魅力

伝統的な赤瓦屋根の家々を水牛車で見学できる竹富島、自然林に覆われ希少な野生動物が生息する西表島、星空が美しい日本最南端の波照間島などで構成された八重山諸島。
その玄関口かつ中心となるのが石垣島です。
海のアクティビティはもちろん、ショッピングスポットも充実。
島食材がたっぷりの郷土料理や石垣牛、八重山そばなどのグルメも楽しめます。

石垣島の定番観光スポット

日本百景にも選ばれた、まるで絵画のような美しさの川平湾。
そこに立てば、目に入る色すべてが海のコバルトブルーになる絶景スポット・平久保崎。
国の天然記念物・ヤエヤマヤシ群落、マンタの集まるダイビングスポットなどなど。

車で周れる範囲内に、一生に一度は見たい観光スポットが点在しています!

石垣島の定番観光スポット

石垣島の最北端に位置する平久保崎

石垣島の定番観光スポット

石垣島と西表島だけに分布するヤエヤマヤシの群落

ゴールデンウィーク中に行きたい観光スポット

川平湾

川平湾

日本百景の一つにして、ミシュランガイド最高ランクの3つ星に輝いた川平湾。
その神秘的な美しさは、はじめて訪れる人の「海と砂浜」の概念を覆してしまうほど。島で一番人気の景勝地です。

船底がガラス張りのグラスボートに乗り込めば、色鮮やかなサンゴ礁と魚たちの世界も観察できますよ。

川平湾

住所
沖縄県石垣市川平
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで30分
料金
情報なし

米原海岸

米原海岸

例年3月に海開きをする八重山諸島。
数ある石垣島のビーチのなかでも、たくさんのサンゴ礁や熱帯魚を間近に楽しめると人気を集めているのが米原ビーチ。運がよければウミガメに遭遇することも!

シュノーケリングを計画しているなら外せない観光スポットです。

米原海岸

住所
沖縄県石垣市桴海
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで35分
料金
情報なし

観音崎

観音崎

天気がよければ八重山諸島を見渡せる観音崎。
東シナ海を赤々と染めていく夕日を望む、島内有数の絶景スポットとしても知られています。

市内からのアクセスも良好のため、滞在中に一度は訪れてみたいおすすめの場所です。

観音崎

住所
沖縄県石垣市新川
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで45分
料金
情報なし

石垣市公設市場

石垣市公設市場

ユーグレナモールの中心にある3階建ての市場。
観光客だけではなく地元の人も集まる場所で、フルーツから石垣牛まで、島のおみやげはすべてそろえられるといっても過言ではありません。

最上階にある食堂に立ち寄れば、滋味深い八重山の家庭料理も味わえますよ。

石垣市公設市場

住所
沖縄県石垣市大川208
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで35分
料金
店舗により異なる

ゴールデンウイークに行く際のおすすめの泊数、日程は?

基本は2泊3日。可能であれば3泊以上したい離島旅行。
もし長めのお休みを取ることができれば、足を延ばして複数の島を訪れるチャンス!
個性的な島々のいくつかを、ダイジェストでご紹介いたします。

竹富島

石垣島から高速船で10~15分

伝統集落を名物の水牛車観光でめぐったり、カイジ浜で星の砂を探したり。
あちこちでくつろぐ猫と一緒に、のんびり散策したい島です。

竹富島

竹富島名物の水牛車に揺られて町並みを散策

西表島

石垣島から高速船で35~55分

島の90%を亜熱帯のジャングルが覆う島。
トレッキングやカヌーなど、大自然を満喫できる遊びのメニューが豊富にそろいます。

西表島

カヌーに乗ってマングローブの景観を楽しむツアーが人気

小浜島

石垣島から高速船で25~30分

牧草地とサトウキビ畑が広がるのどかな島。
東側には大型リゾートホテルが点在し、リゾート気分を満喫できます。

小浜島

目の前に、昔ながらの沖縄の風景が広がります

波照間島

石垣島から高速船で1時間~1時間20分

ゴールデンウィーク時期には南十字星が観察できる星の島。
八重山随一といわれるニシ浜を筆頭に、群を抜いた海の美しさも楽しめます。

波照間島

ニシ浜で、波照間ブルーの海に癒やされる

与那国島

石垣島から飛行機で35分またはフェリーで4時間

いちばん最後に沈む太陽が眺められる、日本最西端の島。
島の南東部に広がる謎の海底遺跡やヨナグニウマの放牧地など、気になるスポットが点在しています。

与那国島

日本最西端の地で眺める、日本最後の夕陽

ゴールデンウィーク期間は、どの場所のホテルに泊まればよい?

石垣島にはリゾートホテルから民宿まで、幅広い宿泊施設がそろっています。
離島めぐりをする場合でも、竹富島・西表島・小浜島・黒島・鳩間島の各島と石垣島間は日帰りでの行き来が可能。
基本的には「石垣島内のホテルを観光拠点に」で問題ありません。

エリア別:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

石垣島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

Seven Colors石垣島

すべての客室がオーシャンビュー&ジェットバス付き。
昼は海を、夜には満天の星を眺められるカフェ・レストランを併設しています。
室内にいながら南国の自然を満喫できるリゾートホテルです。

石垣島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

石垣島ビーチホテルサンシャイン

シャニシャニビーチのすぐそばに建つ海辺のリゾートホテル。
レストランやインフィニティプール、サンセットを望む展望露天風呂で、癒やしのひとときを過ごせます。

石垣島ビーチホテルサンシャイン

住所
沖縄県石垣市新川2484
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで30分
料金
1泊朝食付=10260円~/ツイン=21000~47400円/(朝食付)

石垣島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

南の美ら花 ホテルミヤヒラ

大浴場やツアーデスクなどの施設が充実していて、離島ターミナルまでは徒歩2分の好立地。
石垣の港を一望できる、落ち着いた雰囲気の老舗ホテルです。

南の美ら花 ホテルミヤヒラ

住所
沖縄県石垣市美崎町4-9
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで35分
料金
ツイン=11880円~/

竹富島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

やど家 たけのこ

夕陽の名所、西桟橋の近くにある1日6組限定の宿。
木の香りに包まれる客室、ハンモックのある庭、風が心地よいテラスなど、くつろぎの時間を過ごすことができます。

やど家 たけのこ

住所
沖縄県八重山郡竹富町竹富206-1
交通
竹富港から徒歩20分
料金
素泊まり=8640円~/

西表島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

竹盛旅館

仲間橋、仲間川を眺められる集落内に建つ、西表島で最も歴史のある旅館。
新鮮な食材を使った手作りの島料理が好評です。

竹盛旅館

住所
沖縄県八重山郡竹富町南風見仲36-5
交通
大原港から徒歩15分(送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=6800~8800円/(時期・部屋により異なる)

小浜島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

はいむるぶし

40万平方メートルの敷地に琉球赤瓦のコテージ風の客室が並ぶリゾートホテル。
事前予約をすれば、シュノーケルやダイビング、カヌー&スタンドアップパドルなどのマリンメニューを体験できます。

はいむるぶし

住所
沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
交通
小浜港から車で5分(無料送迎バスあり)
料金
1泊朝食付=11000~42500円/

波照間島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

ペンション最南端

ニシ浜を望む小高い丘の上に建つペンション。
全室オーシャンビューで、部屋の窓や屋上からは抜群の眺望を堪能できます。

ペンション最南端

住所
沖縄県八重山郡竹富町波照間886-1
交通
波照間港から送迎車で3分
料金
和室1泊2食付=8800円/洋室1泊2食付=9800円/

与那国島エリア:ゴールデンウィークにおすすめホテル・旅館

民宿よしまる荘

ダイビングショップを併設した民宿で、テラスからは日本最後の夕陽を一望。
海を知り尽くしたご主人が、釣りやダイビングのポイントを教えてくれます!

民宿よしまる荘

住所
沖縄県八重山郡与那国町与那国3984-3
交通
与那国空港からタクシーで10分(送迎あり)
料金
1泊2食付(別途施設使用料540円)=7050円/1泊2食付(相部屋)=6000円/(施設使用料540円)

ゴールデンウィークの旅行費用相場

ゴールデンウィークの旅行費用相場
写真:123RF

ゴールデンウィーク期間のパッケージツアーの費用目安(2泊3日、大人2名と小学生以下の子ども2名の場合)

東京から石垣島へ旅行する場合。
ゴールデンウィーク日程中でもっとも料金が高くなる出発日は5月1~3日です。
平均値を見ると、大人1名あたり15~20万円、子ども1名あたり13~18万円程度を用意しておいたほうがよいでしょう。

ゴールデンウィーク期間の個別手配の費用目安(2泊3日、大人2名と小学生以下の子ども2名の場合)

交通費
現地を移動する際の交通費(公共交通機関)やレンタカーなどを考慮すると、大人1名7~13万円、4人家族で22~30万円前後が目安となります。
東京→石垣島間、大人片道料金は次のとおりです。

  • 飛行機(成田または羽田空港→新石垣空港空港):約3万円~6万円台程度(利用する航空会社や予約時期により異なります)

※早割チケットを予約できれば割引価格で搭乗可能です
(ゴールデンウィークの航空券は、夏ダイヤ発表時期〈1月下旬頃〉から予約開始となります)

食費
全国のブランド牛のルーツといわれる石垣牛をはじめ、奥深い味わいの八重山そば、南国フルーツなど、現地でなければ食べられない味が盛りだくさん。
人気・定番メニューの相場は以下のようになります。

  • 石垣牛のステーキ:平均5,000円~
  • 八重山そば:平均500~700円
  • 島フルーツを使ったジェラート:平均600~800円
  • チャンプルー:平均700~1,000円
  • ヤギ汁:平均1,000~1,300円

宿泊費
ゴールデンウィーク日程中でもっとも料金が高くなる5月1~3日に、家族4人で遊びに行くと仮定してみましょう。

  • ビジネスホテルタイプを選べば:2泊で1室平均4~6万円台
  • 旅館・リゾートホテルタイプを選べば:2泊で1室平均17~25万円台

以上が、ざっくりとした目安になります。

1 2

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!