コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【白鷹】隠れそば屋の里!置腸で味わうこだわりの味!

【白鷹】隠れそば屋の里!置腸で味わうこだわりの味!

by mapple

更新日:2018年9月13日

藩政時代から白鷹町には各集落に「そば屋」の屋号を持つ家があり、祝い事のときなどにそばを打ち振る舞った。昭和以降、その「そば屋」が現代の「そば店」へと変わっていく。白鷹のそば打ちの伝統を受け継ぐそばの店を訪ねてみよう。

白鷹町はなぜ「隠れそば屋の里」と呼ばれているの?

古くからそば名人がいて、そばの食文化が盛んであったにもかかわらず、白鷹のそばは長らく世間に知られることはなかった。近年は交通の便もよくなり、だんだんと認知度が高まってきたが、かつてのひっそりとした営業スタイルから「隠れそば屋の里」といわれるように。

千利庵

高度な技術を十割そばに凝縮!
そば粉のみを使った生粉打ちにこだわり、上質なそば粉だけを使い続ける名店。メニューは「もりそば」と「おかわり」のみ。短時間で茹で上がるそば粉十割のそばは、角が立ちのどごしや香りもよい。

創業から20年以上、白鷹町随一の人気店として知られる

もりそば760円
冷たく凜としたそばに合わせるのは甘めで濃いめのつゆ。煮玉子と漬け物が付く

宝思そば

コシの強いそばでのどごしを楽しむ
石臼でゆっくり挽いたそば粉を細打ちにしたそばは、コシと香りの両方が楽しめる。そばをひき立てる器にもこだわり、食器は福島県下郷の「天翔窯十文字焼」などを使う。

山々を眺めるのどかな里にある

宝思そば(天ぷら付)1200円
標高の高い地域で育ったそば粉のみを使ったそばは、香りのよさが抜群

熊屋

白鷹産そば粉だけで打った十割そば
かつてりんご農家だったご主人が、そば好きが高じてそば店をオープン。しっかりとした歯ごたえ、深みのある香り、そしてほのかな甘みが渾然一体となった極上のそばが味わえる。

自宅を改装した広間を店舗に

もりそば700円
椎茸と昆布をメインにしてだしをとった濃いめのつゆで、打ちたてそばを味わう

白鷹町のイベントもチェック!

白鷹古典桜の里さくらまつり

毎年4月中旬〜下旬
樹齢1200年の古典桜「薬師ザクラ」。近隣の釜の越農村公園を会場とし、花見のほか伝統芸能の上演、茶屋や売店の出店など素朴なもてなしが楽しめる。

山の残雪と桜のコントラストが美しい

白鷹紅花まつり

2018年7月14〜15日
紅花の一大産地である白鷹町で開花時期に合わせ開催。山あいの木造小学校旧校舎を主会場に、一面に咲き誇る紅花畑や紅花染めなどが楽しめる。

白鷹鮎まつり

2018年9月22〜24日
最上川に備えられた日本最大級のヤナ場をもつ「あゆ茶屋」を会場に、鮎の塩焼きや鮎を使った料理などのグルメが勢ぞろいする、町内最大のイベント。

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×