>  >  >  >  >  > 

西の郷遊歩道

滝をめぐり歩く心地よい遊歩道
清流に沿って整備された遊歩道は全長3.2km。途中に「熊のすべり台」や「おろちが滝」など大小さまざまな滝や珍しい形の岩が現れ、豊かな自然を体いっぱいに感じることができる。

西の郷遊歩道

コースの中でいちばん大きな滝「熊のすべり台」

西の郷遊歩道

住所
福島県西白河郡西郷村鶴生由井ケ原
交通
JR東北新幹線新白河駅から福島交通高原ホテル前行きバスで28分、由井ヶ原入口下車、徒歩15分

白河関の森公園

自然環境を生かした広大な公園
芭蕉が句を詠んだ白河の関に隣接する公園。白河地方の直家造りの茅葺き民家を移築した「ふるさとの家」やそば打ちができる水車小屋など、昔をしのぶ施設が見学できる。

白河関の森公園

散策するのにおすすめ

白河関の森公園

住所
福島県白河市旗宿白河内7-2
交通
JR東北新幹線新白河駅からタクシーで20分

藤駒本店

白河一の老舗そば処の味を堪能
創業から200余年続くそば店。気候の厳しさや水の冷たさに加え、挽きたて、打ちたて、茹でたての「三たて」のそばが味わえる。おすすめは、そばと茶そばの合盛割子そば1450円。

藤駒本店

生そば3枚、茶そば3枚に6種の薬味が付いた豪華版

藤駒本店

住所
福島県白河市本町28
交通
JR東北本線白河駅から徒歩8分

えきかふぇ SHIRAKAWA

駅舎内にあるレトロなカフェ
駅舎の雰囲気に合わせた内装で落ち着いて過ごせる。ケーキや料理に使う食材はなるべく白河産のものにこだわり、店内で手作りしている。白河ブランドの商品を販売するコーナーもある。

えきかふぇ SHIRAKAWA

安らげる空間で、地元の人たちも多く訪れる

えきかふぇSHIRAKAWA

住所
福島県白河市郭内222JR白河駅舎内
交通
JR東北本線白河駅からすぐ

JR白河駅舎

ステンドグラスを施したレトロな駅舎
大正10(1921)年に建てられた、木造平屋建て洋風建築の駅舎。赤瓦と木製の白壁を基調とする外観はひときわ目をひく。駅舎内には明かり窓としてステンドグラスが施されている。ホームもレトロで風情がある。

JR白河駅舎

三角の屋根が印象的な外観

白河駅

住所
福島県白河市郭内1-2
交通
JR東北本線白河駅

菓子舗 玉家

藩主御用達の味を受け継ぐ
文久3(1863)年創業、藩主御用達の菓子舗。店内にはおみやげにも最適な上品な和菓子が並ぶ。北海道産の小豆で甘さひかえめに作り上げた、自家製のあんを使用した和菓子が好評。

菓子舗 玉家

最中は、つぶしあんとごま入りこしあんの2種類

菓子舗 玉家

住所
福島県白河市本町46
交通
JR東北本線白河駅から徒歩10分

旅ネタ!

円谷監督の出身地・須賀川にウルトラヒーローが大集合
国籍や世代を超えた人気を誇るウルトラマン。その生みの親であり、特撮の神さまとも呼ばれる円谷英二監督は須賀川出身。2013年にウルトラマンの故郷「M78星雲 光の国」と姉妹都市になった須賀川では、街なかや駅の至るところでウルトラヒーローや怪獣に会うことができる。なかでも街のメインストリートである松明通りには、思わず写真を撮りたくなるモニュメントが続々と登場中。今にも動き出しそうな雄姿を、思い出の一枚に残してみよう。

0248-94-6550(須賀川観光協会) 
須賀川市駅前通、松明通り

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください