トップ > 中国・四国 > 山陰 > 萩・津和野 >  > 萩市街 > 

人力車 立場

車夫のガイドが旅情をかきたてる
萩の必見スポットを観光人力車で案内する所要17分から2時間のコースがあり、快適に見学できるよう、夏はうちわ、冬はあんかを用意する。

人力車 立場

城下町の名所を解説しながら案内してくれる

人力車 立場

住所
山口県萩市江向595-3慶安橋たもと
交通
JR山陰本線萩駅からまぁーるバス西回りで18分、萩美術館浦上記念館・萩地方合同庁舎前下車すぐ
料金
人力車(2人乗り)=4000円(17分)、7000円(35分)、12000円(60分)/

平安古伝建地区

長い土塀が残る
武家屋敷の長屋門、鍵曲などが今も往時の面影を残している。土塀から夏みかんの実がのぞく風景は萩ならでは。

平安古伝建地区

藩政期の姿をよく留めている

浜崎伝建地区

町家が連なる町並み
旧山村家住宅をはじめ約140棟の伝統的建造物や、国指定史跡旧萩藩御船倉などがある。

浜崎伝建地区

浜崎本町筋には伝統的な造りの町家が並ぶ

堀内伝建地区

武家屋敷の地割りを残す
永代家老益田家の物見矢倉などの武家屋敷が残り、伝統的建造物の土塀や石垣は約450件を数える。

堀内伝建地区

左右を高い土塀で囲み、道を直角に曲げた独特な道筋、鍵曲

佐々並市伝建地区

風情ある赤瓦の民家が並ぶ
参勤交代の際などに藩主が休息する御茶屋を中心とした、宿駅機能を有する集落として栄えた。

佐々並市伝建地区

萩往還に沿っていまなお赤瓦の民家が建ち並ぶ

道の駅 萩しーまーと

活魚や新鮮野菜をリーズナブルにお買い上げ
萩漁港で水揚げされた魚介や、近郊でとれた農産物を手ごろな価格で提供。鮮魚、海産物、野菜、果物などの店や海鮮料理が自慢のレストランが3店舗ある。

道の駅 萩しーまーと

館内で買った魚をレストランで調理してくれる

道の駅 萩しーまーと

住所
山口県萩市椿東北前小畑4160-61
交通
小郡萩道路絵堂ICから県道32号、国道262号・191号、県道67号を萩漁港方面へ車で35km
料金
オイル・ルージュ=669円/萩ちりめん=540円/海鮮丼=1296円/

岩川旗店

旗店が染め上げる色鮮やかな和柄
漁師たちが使う大漁旗を素材に、オリジナルデザインのバッグ、シャツ、ぬいぐるみなどを制作、販売する店。鯛や富士山のおめでたい柄に赤や黄など大胆な色彩が華やか。

岩川旗店
岩川旗店

大漁旗の生地でできた小丸ぶくろ2376円

岩川旗店

住所
山口県萩市古萩町40
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩10分
料金
小丸ぶくろ=2376円/手拭=1080円/鯛模様クッション=3888円/鯛カバン=4320円~/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください