トップ >  東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 郡上・長良川 > 関・板取渓谷 > 

関の刃物の魅力に迫る観光スポット5 刃物まつりやグッズで匠の技を体感しよう

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月12日

この記事をシェアしよう!

関の刃物の魅力に迫る観光スポット5 刃物まつりやグッズで匠の技を体感しよう

関市の伝統産業である、刃物の魅力にふれられる5つのスポットを紹介。
関市は日本一の名刀の産地として栄え、歴史と伝統を現代に受け継ぐ地。
今や世界に誇る刃物の産地として知られ、関連施設のほか、豊かな自然も満喫できる場所です。

そんな関市の代表的観光スポットである、フェザーミュージアムは「刃物総合博物館」として生まれ変わった話題のスポットです。
また、刃物の大廉売市や古式日本刀鍛錬の公開、アウトドアナイフショーなどが見ものの関市刃物まつりの情報も。

世界に誇る刀づくりの技術を体感しよう。

【関の刃物の魅力に迫る】刃物と関のつながりは?

鎌倉時代に刀匠たちが、刀づくりに欠かせない良質の土と水と炭を求めて関に移住。以後、関独自の鍛刀法の確立によってドイツのゾーリンゲンや英国のシェフィールドと並ぶ、世界有数の刃物の名産地となった。

【関の刃物の魅力に迫るスポット】フェザーミュージアム

「切る」をテーマに学ぶ世界初の刃物の総合博物館
2016年、カミソリと精密刃物を1万点以上展示する「刃物の総合博物館」にリニューアルオープン。「切る」の原則・原理を体感するコーナーのほか、カミソリの歴史や文化を紹介する展示エリアなど見どころ満載だ。

【関の刃物の魅力に迫るスポット】フェザーミュージアム

展示コーナー
世界の刃物展示や、石器時代から現代までの「切る」の歴史を紹介するコーナーなどがある

【関の刃物の魅力に迫るスポット】フェザーミュージアム

「切る」の展示映像
3面のマルチ映像で視界すべてがスクリーンに。医療や建設、家事など生活に身近な「切る」を映像で紹介

【関の刃物の魅力に迫るスポット】フェザーミュージアム

エントランス
入り口を抜けると、大きなフェザー、カミソリ、メスがお出迎え。記念撮影にもおすすめ

フェザーミュージアムの刃物グッズをCHECK!

フェザーミュージアムの刃物グッズをCHECK!

男性ヒゲ剃りセット 864円
ヒゲ剃り用のフェザーとシェービングクリームがセットに

フェザーミュージアムの刃物グッズをCHECK!

女性用カミソリセット 324円
安全面に特化した女性用のカミソリを4点セットで販売

フェザーミュージアムの刃物グッズをCHECK!

大きなフェザーのモニュメントが目立つ

フェザーミュージアム

住所
岐阜県関市日ノ出町1丁目17
交通
長良川鉄道せきてらす前駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:00(最終入館)
休業日
火曜(夏期休、年末年始休、臨時休あり)
料金
無料

【関の刃物の魅力に迫るスポット】岐阜県刃物会館

関の刃物はここでゲット!
1階の直売所では包丁やナイフ、はさみなど2500点以上もの「関の刃物」がそろう。刃物研ぎ工房では、包丁の正しい研ぎ方が体験できる(無料、要予約)。

【関の刃物の魅力に迫るスポット】岐阜県刃物会館

包丁の正しい研ぎ方を研ぎ師がレクチャー

【関の刃物の魅力に迫るスポット】岐阜県刃物会館

岐阜県刃物会館

住所
岐阜県関市平和通4丁目6
交通
長良川鉄道せきてらす前駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
無休(12月28日~翌1月1日休)
料金
パン切りナイフ=5940円/ペティナイフ=5400円/三徳包丁=6480円/包丁の正しい研ぎ方体験(要予約)=無料/

【関の刃物の魅力に迫るスポット】関鍛冶伝承館

古くから伝わる匠の技にふれる
700年にもおよぶ関鍛冶の技を現代に伝える施設。刀剣の実物や、匠の技の映像、刀装具の資料などを展示している。また、現代作家のナイフの紹介もある。

【関の刃物の魅力に迫るスポット】関鍛冶伝承館

関を代表する刀剣を数多く展示

関鍛冶伝承館

住所
岐阜県関市南春日町9-1
交通
長良川鉄道せきてらす前駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館)
休業日
火曜、祝日の翌日、火曜が祝日の場合は営業(12月28日~翌1月1・2(午後)・3日休)
料金
大人300円、高校生200円、小・中学生100円(団体20名以上大人250円、高校生150円、小・中学生50円、障がい者手帳及び精神障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

関市刃物まつり

刀匠の技を間近に見学できる!
令和4年10月8日(土)・9日(日)に開催予定。刃物の大廉売市や古式日本刀鍛錬の公開、アウトドアナイフショーなどが見もの。詳細は事前にHPをチェックしてから出かけよう。

関市刃物まつり

まだある! 関の刃物スポット

ナイフ博物館

世界の貴重なナイフ約1500点を展示している。ギネスブックに掲載されている世界一大きなロックナイフも展示。

ナイフ博物館

ナイフ博物館

住所
岐阜県関市平賀町7丁目3
交通
長良川鉄道関駅から岐阜バスせき東山行きで8分、終点下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉館)
休業日
土・日曜、祝日(盆時期休、年末年始休)
料金
無料

刃物屋三秀 関刃物ミュージアム

材質・鍛錬・切れ味にこだわる自社ブランド製品「関吉秀作」を直売。包丁のほか、ハサミなどさまざまな刃物を販売する。

刃物屋三秀 関刃物ミュージアム

工場直売価格で購入できる

刃物屋三秀 関刃物ミュージアム

住所
岐阜県関市小瀬950-1
交通
東海北陸自動車道関ICまたは東海環状自動車道道関広見ICから国道156号を小瀬方面へ車で5km
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00
休業日
無休(1月1~3日は臨時休あり)
料金
入場料=無料/居合い斬り見学(1か月前までに要予約、キャンセル・時間変更不可)=無料/日本刀鍛錬見学(1か月前までに要予約、キャンセル・時間変更不可、1回)=32400円/着物打掛体験(1か月前までに要予約、キャンセル・時間変更不可)=無料/ミニはさみ組み立て体験(1か月前までに要予約、キャンセル・時間変更不可)=540円/

岐阜・飛騨の新着記事

【飛騨古川駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット10選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、飛騨古川駅周辺(徒歩20...

【岐阜・夜ごはん】岐阜で夜を楽しめるとっておきのお店6選!岐阜で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、岐阜でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 長良川を望む...

【岐阜 高山・夜ごはん】高山で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高山で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜の高山で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高山でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 100...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる1月号:特集は「雪と氷の感動絶景!冬の北海道」、連載企画「おひとりアジア-台湾 自転車の旅」「カメラマン☆ 絶景ギャラリー-真冬の絶景」「世界のおいしいものめぐり-韓国料理」

お正月号は全国の霊験あらたかな神社のなかから、「パワースポット」「金運」「仕事運」「恋愛運」の4つのご利益ごとに9社を選りすぐってご案内します。2024年もいいことがありますように!...

『君の名は。』聖地巡礼! 今あらためて歩く、大ヒット作の舞台!

新海誠監督の作品といえば、実写以上に美しく切り取られた実在の風景描写が魅力のひとつ。熱烈なファンならずとも「聖地巡礼」をしたくなる、そんな作品ばかりです。 今や国民的アニメーション監督となった新...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる12月号:特集は「ハワイ ホノルル攻略作戦」、連載企画「おひとりアジア-韓国 ソウル美容の旅」「カメラマン☆ 絶景ギャラリー-夜の絶景」「世界のおいしいものめぐり-ドイツ料理」

海外では12月の風物詩となっているクリスマスマーケット。ホットワインやホットチョコを飲んで体を温めながら、クリスマスグッズのお買い物やイベントが楽しめる日本のクリスマスマーケットへでかけましょう!...

【岐阜県高山市・日帰り温泉】絶景露天風呂や泉質自慢、地元の人にも人気の共同湯まで!高山市で人気の日帰り温泉12選をご紹介

今回は高山市で人気の日帰り温泉をご紹介します。 緑濃い森の中に設けられた岩風呂で、森林浴気分が味わえる「平湯民俗館 平湯の湯」やつるつるした肌触りの湯が人気の「ひだ荘川温泉 桜香の湯」など景観や...

【岐阜県下呂市・日帰り温泉】絶景露天風呂や泉質自慢、地元の人にも人気の共同湯まで!下呂市で人気の日帰り温泉7選をご紹介

今回は下呂市で人気の日帰り温泉をご紹介します。 南飛騨の山間にあり、山々と清流を望む眺めがすばらしい露天風呂がある「美輝の里 スパー美輝」や大きな窓から下呂の町並が見渡せる内風呂が人気の「白鷺乃...

風光明媚な揖斐川町で絶景めぐりと華厳寺詣での旅

町域の90%以上が森林という風光明媚な岐阜県の揖斐川町で、まず訪れたいのは「天空の茶畑」です。 標高約300mの高地に広がる茶畑は“岐阜のマチュピチュ”とも言われ、近年は写真映えする美しさからSNS...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる11月号:特集は「紅葉の京都へ」「イタリア ローマでしたいこと4」、連載企画「おひとりアジア-韓国 ソウル美容の旅」「世界のおいしいものめぐり-フランス料理」

今年こそ行きたい秋の京都!「王道紅葉名所」「今話題の紅葉スポット」「ライトアップが美しいスポット」「紅葉を眺めるカフェ」の4つのテーマで京都の紅葉を大特集。...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。