>  >  >  >  > 

【連載フォトエッセイ・第4回】ねこ写真家・関由香の「看板ねこ便り」松戸の喫茶店 「FUJI 」後編

関由香

更新日:2021年2月11日

この記事をシェアしよう!

【連載フォトエッセイ・第4回】ねこ写真家・関由香の「看板ねこ便り」松戸の喫茶店 「FUJI 」後編

ねこ或る所へはどこへでも。
逆も然り。訪れる先に看板ねこがいることの多きこと。
今日も知らぬ間に呼び寄せられ、魅了されるのである--。



 
(毎週月曜日に公開)

>>前編から読む

千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン

千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン

ポンタは鷹揚なるねこ。対して、5歳ほど歳の異なる義兄弟テンはうら若きねこ。兄貴分の眠りや遊びを悉く邪魔をする。しかし、共通の店主愛故か、決して険悪ではない。お互い程良き距離をとりながら、店内の彼方此方にて銘々の居場所を確保する。彼らが店主と触れ合う時に見せる恍惚の様相は、一見の価値あり。ねこをも魅了するパフェや珈琲をお供に…

千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン
千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン
千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン
千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン
千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン
千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン
千葉・松戸の喫茶店「FUJI」の看板ねこ:ポンタ、テン

ねこ写真家。「ユーモラスで愛おしいねこの日常」をテーマに掲げ、下町や島々のねこ撮影を主に活動。映画やドラマで準主役を張るねこやSNSで話題のねこの写真集はじめ、キャットフードメーカーなどの広告写真、雑誌やウェブマガジンでの連載も抱えている。今まで手がけてきた写真集は50冊近く。著書に『旅猫アルバム』(扶桑社)、『猫と喫茶店』(大誠社)、『ふてニャン写真集 ふてやすみ』『ねこうらら』(玄光社)、『まる文庫』(講談社文庫)など。現在、テーブルや椅子におててをついた「ねこ助」シリーズを絶賛撮影中。
公式サイト

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください