トップ > 中国・四国 > 山陰 > 松江・出雲 > 

この記事の目次

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】稲佐の浜<出雲市>

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】稲佐の浜<出雲市>

年に一度、全国の神様が上陸する浜

全国的には「神無月」と呼ばれる旧暦の10月ですが、全国の神々が集まる出雲では「神有月」といわれています。神様たちはこの浜から出雲に上陸すると伝えられ、旧暦の10月10日には神迎神事が行われるパワースポットです。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部イベントの中止・延期あり

稲佐の浜

住所
島根県出雲市大社町杵築北
交通
一畑電車大社線出雲大社前駅から一畑バス日御碕方面行きで8分、稲佐浜下車すぐ
料金
情報なし

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】浮布の池<大田市>

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】浮布の池<大田市>

三瓶山のふもとのレジャースポット

柿本人麿が「君がため浮沼の池の菱採むと……」と詠んだ池。684年の三瓶山噴火で、河川がせき止められてできたものといわれています。水面に映る三瓶山の雄大な姿は必見。

浮布の池

住所
島根県大田市三瓶町池の原
交通
JR山陰本線大田市駅から石見交通三瓶温泉方面行きバスで34分、池の原下車、徒歩7分
料金
情報なし

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】宍道湖<松江市>

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】宍道湖<松江市>

夕日スポットとして有名

松江市と出雲市にまたがる、周囲約45kmの汽水湖です。水鳥の飛来地や夕日スポットとして知られ、日本有数の漁獲高を誇るシジミを代表に80種類以上の魚介を産出。湖に沿って南側を国道9号、北側を国道431号が走り、湖畔は格好のドライブコースとなっています。

宍道湖

住所
島根県松江市袖師町ほか
交通
JR松江駅から市営バス南循環線内回りで6分、袖師町下車すぐ
料金
情報なし

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】龍頭が滝<雲南市>

【島根のおでかけ穴場スポット×自然】龍頭が滝<雲南市>

名瀑がつくりだす清々しい空気にふれる

中国地方随一の名瀑ともいわれ、「日本の滝100選」の一つ。杉並木の間をぬけると約40mの高さから落ちる雄滝が見えてきます。滝の裏側の岩窟から眺める「裏見の滝」は涼しさ満点!

龍頭が滝

住所
島根県雲南市掛合町松笠
交通
松江自動車道吉田掛合ICから国道54号、県道39号を竜頭・八重瀧県立自然公園方面へ車で15km
料金
情報なし

【島根のおでかけ穴場スポット×美術館】津和野町立安野光雅美術館<鹿足郡津和野町>

【島根のおでかけ穴場スポット×美術館】津和野町立安野光雅美術館<鹿足郡津和野町>

空想と想像に満ちた安野ワールド

淡い色調のやさしい画風で知られる安野光雅氏の世界を体験できる美術館。作品のほかに、昭和初期の学校を再現した「昔の教室」や自宅アトリエの再現コーナーがあります。

<新型コロナウイルス感染対策>
検温の実施

津和野町立安野光雅美術館

住所
島根県鹿足郡津和野町後田イ60-1
交通
JR山口線津和野駅からすぐ
料金
入館料=大人800円、中・高校生400円、小学生250円/一筆箋=432円/(20名以上で団体割引あり、身体障がい者手帳・療育手帳持参で本人とその同伴者1名入館料無料、森鴎外記念館、桑原史成写真美術館を利用の場合、入館券の控え提示で1名から団体料金適用)

【島根のおでかけ穴場スポット×美術館】足立美術館<安来市>

【島根のおでかけ穴場スポット×美術館】足立美術館<安来市>

美しい日本庭園と横山大観コレクション

創設者・足立全康氏の出身地に建ち、目を見張るほどの美しい日本庭園と、近代から現代の日本画・陶芸などのコレクションが調和。日本の美を極めた至極のコレクションがそろう美術館です。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の設備において、利用制限あり
検温の実施
混雑時に入館制限を行う場合あり
無料シャトルバスは乗車人数制限あり

足立美術館

住所
島根県安来市古川町320
交通
JR山陰本線安来駅からイエローバス広瀬行きで20分、鷺の湯温泉・足立美術館前下車すぐ(JR安来駅から無料シャトルバスあり)
料金
大人2300円、大学生1800円、高校生1000円、小・中学生500円(20名以上で団体割引あり、公立学校休業の土曜は学生証持参で小・中・高校生無料、各種障がい者手帳持参で半額、等級により異なる)

【島根のおでかけ穴場スポット×博物館】島根県立古代出雲歴史博物館<出雲市>

【島根のおでかけ穴場スポット×博物館】島根県立古代出雲歴史博物館<出雲市>

ダイナミックな展示と貴重な資料で、島根の歴史や文化を知る

出雲大社に隣接する大型博物館。わかりやすい展示と映像で、古代出雲の歴史を学ぶことができます。荒神谷遺跡の358本の銅剣(国宝)や加茂岩倉遺跡で発掘された39個の銅鐸(国宝)は見ごたえあり。『古事記』や『出雲国風土記』に記された神話を、大迫力の映像で楽しめる神話シアターも人気を集めています。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部の設備において、利用制限あり
一部プログラムは参加人数の制限あり
検温の実施
混雑時に入館制限を行う場合あり

島根県立古代出雲歴史博物館

住所
島根県出雲市大社町杵築東99-4
交通
一畑電車大社線出雲大社前駅から徒歩7分
料金
大人620円、大学生410円、小・中・高校生200円、企画展観覧料は展示により異なる(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)
1 2 3 4 5
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。オールジャンルでお出かけ情報をお届けしますね!

エリア

トップ > 中国・四国 > 山陰 > 松江・出雲 > 
トップ > 中国・四国 > 山陰 > 石見 > 
トップ > 中国・四国 > 山陰 > 萩・津和野 > 
トップ > 中国・四国 > 山陰 > 隠岐 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください