沖縄本島・慶良間諸島のおすすめの郷土料理スポット

沖縄本島・慶良間諸島のおすすめの郷土料理スポットをご紹介します。沖縄そばの専門店 きしもと食堂、首里そば、山原そばなど情報満載。

沖縄そばの専門店 きしもと食堂 (オキナワソバノセンモンテン キシモトショクドウ) 伝統の製麺法を守り続ける創業110年の老舗

イジュやイタジイなど沖縄でなじみ深い木の薪で麺をゆで上げ、燃やした後の木灰を使って麺を打つ。創業以来変わらぬ製法で作る麺は、独特のコシと弾力があり、カツオでだしを取ったスープと好相性で、多くのファンを持つ。

沖縄そばの専門店 きしもと食堂
沖縄そばの専門店 きしもと食堂
沖縄そばの専門店 きしもと食堂
沖縄そばの専門店 きしもと食堂

沖縄そばの専門店 きしもと食堂の詳細情報

住所
沖縄県本部町渡久地5
交通
名護バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス65番今帰仁行きで43分、渡久地下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~17:30(売り切れ次第閉店)
休業日
水曜(旧盆最終日の翌日休、1月1日休)
料金
そば=650円(大)・500円(小)/ジューシー=250円/ 平均予算(昼):700円

首里そば (シュリソバ) 昼前から行列ができる首里の人気そば

かつて首里にあった名店の技を引き継ぐ沖縄そばの店。テコの原理で圧力をかけて作る麺は、しっかりした歯ごたえ。数量限定のため開店から2時間ほどで完売することも多い。

首里そば
首里そば
首里そば
首里そば

首里そばの詳細情報

住所
沖縄県那覇市首里赤田町1丁目7
交通
ゆいレール首里駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(売り切れ次第閉店)
休業日
日曜不定休(臨時休あり)
料金
首里そば(中)=500円/ぜんざい=250円/じゅうしい=200円/煮つけ=450円/ 平均予算(昼):600円

山原そば (ヤンバルソバ) 本部そばを代表する行列覚悟の人気店

開店前から行列ができる沖縄そばの名店で、創業から41年、変わらぬ味を守り続けている。多くのファンを魅了するスープは、カツオととんこつをベースに、時間をかけて仕込んだもの。あっさりとしてまろやかな味わいだ。

山原そば
山原そば
山原そば
山原そば

山原そばの詳細情報

住所
沖縄県本部町伊豆味70-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で17km
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(売り切れ次第閉店)
休業日
月・火曜(1月1~3日休)
料金
ソーキそば=900円/三枚肉そば=800円/子供そば=350円/ 平均予算(昼):800円

海物語本店 (ウミモノガタリホンテン) 三線ライブとカチャーシーで大いに盛り上がろう

恩納村の国道58号沿いにあり、定番の沖縄料理と民謡ライブが楽しめる。ライブは毎日19~21時に開催。客席とステージが一体となった、臨場感たっぷりの演奏を満喫。

海物語本店
海物語本店
海物語本店
海物語本店

海物語本店の詳細情報

住所
沖縄県恩納村名嘉真2246
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を名嘉真方面へ車で6km
営業期間
通年
営業時間
17:00~23:00(閉店24:00)
休業日
不定休
料金
旬のお刺身盛り合わせ=1166円~(時価)/もずくの天ぷら=842円/ゴーヤーチャンプルー=734円/海物語の海鮮サラダ=1058円/ホタテのウニソース焼き=842円/ニンジンシリシリ=626円/ 平均予算(夜):2500円(チャージ350円)

きしもと食堂 八重岳店 (キシモトショクドウ ヤエダケテン) ファミリーも利用しやすい広い店内でゆっくり

「沖縄そばの専門店 きしもと食堂」の支店。現在は本店・支店共に4代目が店を営み、灰汁を練り込む伝統の製麺法で名店の味と暖簾を守っている。カウンター席のほかテーブル席や座敷があり、家族で利用しやすい。

きしもと食堂 八重岳店
きしもと食堂 八重岳店
きしもと食堂 八重岳店

きしもと食堂 八重岳店の詳細情報

住所
沖縄県本部町伊野波350-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道84号を本部方面へ車で20km
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00(閉店、17:00~は売り切れ次第閉店)
休業日
無休
料金
岸本そば=500円(小)・650円(大)、750円(特大)/じゅーしー=250円/ 平均予算(昼):700円, 平均予算(夜):700円
×