関西のおすすめのその他史跡・建造物スポット

関西のおすすめのその他史跡・建造物スポットをご紹介します。平城宮跡、史跡紫香楽宮跡(宮殿跡 宮町地区)、明延鉱山など情報満載。

平城宮跡 (ヘイジョウキュウセキ) 調査が進む古代の宮城跡

平城京の栄華を伝える広大な宮城跡地。昭和34(1959)年から奈良文化財研究所による発掘調査、研究、整備が進んでいる。宮跡内には朱雀門や第一次大極殿などの復原建造物や見事な庭園のほか、出土品が並ぶ資料館や発掘された建物跡を見学できる。宮跡全体を野外歴史博物館として楽しむことができる。130haの敷地のほとんどは草原で見晴らしも良く、散策やバードウォッチングにはベストな環境だ。

平城宮跡
平城宮跡
平城宮跡
平城宮跡

平城宮跡の詳細情報

住所
奈良県奈良市佐紀町
交通
近鉄奈良線大和西大寺駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由、見学施設は9:00~16:00(閉館16:30)
休業日
無休、各施設は月曜休館、祝日の場合は翌平日休
料金
無料

史跡紫香楽宮跡(宮殿跡 宮町地区) (シセキシガラキノミヤアト キュウデンアト ミヤマチチク) 奈良時代の一時期、都が置かれたとされる紫香楽宮の宮殿跡

紫香楽宮は奈良時代に聖武天皇により造営された都で、3年余り天皇が滞在した。25年以上の発掘調査で宮殿跡では日本で初めて万葉集収録の和歌が記された木簡が発見された。

史跡紫香楽宮跡(宮殿跡 宮町地区)の詳細情報

住所
滋賀県甲賀市信楽町宮町1225
交通
JR草津線貴生川駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(団体見学は要自前連絡)、展示室は9:00~16:30(閉館)
休業日
無休、展示室は土・日曜、祝日(年末年始休)
料金
情報なし

明延鉱山 (アケノベコウザン) 日本一のすず鉱山の坑道跡を見学

日本一の錫(すず)鉱山として栄えた場所。期日限定で鉱山従業員の通勤電車だった「一円電車」の体験乗車や、坑道見学ができる。

明延鉱山の詳細情報

住所
兵庫県養父市大屋町明延
交通
播但連絡道路朝来ICから国道429号、県道6号を養父市方面へ車で30km
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:00(受付、見学の3日前までに要予約)
休業日
土・日曜、祝日(年末年始休、臨時休あり)
料金
入場料=1200円/

浜の宮王子跡 (ハマノミヤオウジアト) 海岸沿いの九十九王子のひとつ

那智勝浦町の那智の浜の近く、補陀落渡海で知られる補陀洛山寺の横にある浜の宮王子跡地。熊野古道中辺路、大辺路が交わる重要な王子でかつては渚宮王子、錦浦王子ともいわれた。

浜の宮王子跡
浜の宮王子跡

浜の宮王子跡の詳細情報

住所
和歌山県那智勝浦町浜ノ宮350
交通
JRきのくに線那智駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

旧和中散本舗大角家住宅 (キュウワチュウサンホンポオオスミケジュウタク) 草津・石部間の宿として、公家や大名が利用していた

元々は大角弥右衛門の店舗兼住居。草津・石部間の宿として公家や大名にも利用された。明治天皇が使われた上段の間や供の者が使う御継の間などがある。見学は予約制。

旧和中散本舗大角家住宅
旧和中散本舗大角家住宅
旧和中散本舗大角家住宅
旧和中散本舗大角家住宅

旧和中散本舗大角家住宅の詳細情報

住所
滋賀県栗東市六地蔵402
交通
JR草津線手原駅からタクシーで6分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館、要予約、時期により異なる)
休業日
無休(年末年始休)
料金
大人400円、小人200円
×