コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  厄除けは済んだ? 災いを除けて新年を無事に過ごそう
全国の厄除けスポット

厄除けは済んだ? 災いを除けて新年を無事に過ごそう
全国の厄除けスポット

by mapple_travel_guide

更新日:2019年1月8日

2019年、平成最後の年が始まりました。

年末年始は初詣や旅行など、様々なイベントを楽しんだ方も多いと思いますが、今年厄年を迎える方は、厄除けを済ませましたか?

今回は厄除けに定評のある全国の神社・寺社をご紹介。
今年一年を無事に過ごせるよう、厄除け祈願をしにいきましょう!

近くの厄除けスポットを探したい方はこちら

目次

厄年って何?
厄年には何をすればよい?
2019年の厄年早見表
全国の厄除けスポット

厄年って何?

厄年とは、災難や、不幸が起こりやすいと言われる人生の節目のことです。

数え年基準で、男性25歳、42歳、61歳、女性19歳、33歳、37歳が厄年となり、厄年の前後一年を前厄(本厄に備え、慎む年)、後厄(厄が薄れていく年)といいます。

厄年の中でも特に男性42歳、女性33歳は大厄と言い、一番注意が必要な年齢とされています。

一般的に見ても、この年齢では、子育て、仕事などの責任が大きくなり、体調や精神面、社会的役割の面で大きな変化が起こりやすい時期と重なります。

初詣の時期には神社や寺社にその年の厄年早見表が掲示されることが多い

厄年には何をすればよい?

厄年には、災厄が身に振りかからないよう、神仏にお参りして厄除け・厄払いをする風習が古来よりありました。

厄除け・厄払いは神社や寺社で広く受け付けています。前厄、本厄、後厄で3回行くにこしたことはありませんが、回数の決まりは特にないので、本厄の年に1度行くのでも構いません。できれば新年始まって間もないタイミングで行きたいですね。

料金は一般的に3000円~1万円程度、時間も30分前後で済むところが多いです。行事や祭事に重なると待つ場合があるため、事前にホームページなどで確認をしましょう。

※写真はイメージ

2019年の厄年早見表

■男性の厄年一覧(数え年基準)

■女性の厄年一覧(数え年基準)

※東京都神社庁より。表の赤字は大厄。
※数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年齢です。還暦は男女共通で厄年とする場合もあります。

全国の厄除けスポット

厄除けに定評のある全国の神社・寺社をピックアップしてご紹介します。

北海道神宮(北海道)

原生林や動物園に隣接する神社

樹齢100年を超えるハルニレやカツラなどが茂る境内は散策におすすめ。春は梅と桜が同時に咲く名所でもある。6月の「札幌まつり」は札幌最大のお祭り。

【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
≫≫このスポットの詳細を見る

 

廣田神社(青森県)

青森城代二代目・進藤庄兵衛正次を祀る神社

藤原実方朝臣並びに青森開拓の一大恩人、青森城代二代目・進藤庄兵衛正次の神霊を祀っており、全国で唯一の病厄除守護神。身に起こる一切の厄・病・災難などを祓い除くご祈祷「病厄除け」の守護神として広く知られる。

【住所】青森県青森市長島2丁目13-5
≫≫このスポットの詳細を見る

 

中野不動尊(福島県)

日本三不動の一つに数えられ、三つの不動明王が祀られる

日本三不動の一つで恵明道人が山神のお告げによって不動明王を祀り聖火を灯したのが始まりといわれ、その聖火は今も洞窟の中で燃え続けている。諸堂には厄除、眼守、三ヶ月の三不動が祀られている。

【住所】福島県福島市飯坂町中野堰坂28
≫≫このスポットの詳細を見る

 

佐野厄除け大師(栃木県)

佐野厄除け大師で厄払い。厄除け祈願で訪れたい

全国的にも名を知られる、関東三大師のひとつ。JR佐野駅の南西、春日岡山にあることから正式名称は春日岡山惣宗官寺という。天台宗の名僧、慈恵大師を祀ることから元三大師と呼ばれていたが、厄払い祈願で訪れる人が増え、今では佐野厄除け大師と呼ばれている。境内には金銅大梵鐘、足尾鉱毒事件で人々のために力を尽くした田中正造の墓もある。正月の大祭には全国各地から100万人以上が集まり、厄除けや方位除けを祈願する。

【住所】栃木県佐野市金井上町2233
≫≫このスポットの詳細を見る

 

大宮八幡宮(東京都)

安産、初宮詣、厄除祈願や、パワースポットとして人気

康平6(1063)年源頼義により創建された東京23区内で3番目に広い古社。毎年5月、9月に大祭がある。安産、初宮詣・厄除祈願が多く、東京のへそ・子育厄除八幡さまとして信仰があつい。

【住所】東京都杉並区大宮2丁目3-1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

西新井大師 總持寺(東京都)

開運祈願など年間行事が多い関東厄除け三大師のひとつ

弘法大師空海がこの地を訪れた際、悪疫に苦しむ庶民のため自ら十一面観音を作り人々を救ったという。厄除け、開運祈願の寺として古くから親しまれ、ボタンの名所としても知られる。

【住所】東京都足立区西新井1丁目15-1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

川崎大師 平間寺(神奈川県)

厄除けのお大師さまとして有名な寺

本尊は厄除弘法大師。厄除けのお大師さまとして親しまれている。初詣の人出は全国でも毎年上位に入る人気の寺だ。交通安全を願い、自動車の祈祷に訪れる人も多い。

【住所】神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
≫≫このスポットの詳細を見る

 

安宅住吉神社(石川県)

道先案内の神、開運厄除、交通安全など多くの信仰を受けている

北陸道往来の人々が必ず詣でた古社で、古来、人生における道先案内の神、開運厄除、交通安全、縁結び、また全国唯一の難関突破の霊神として多くの信仰を受けている。

【住所】石川県小松市安宅町タ17
≫≫このスポットの詳細を見る

 

北向観音堂(長野県)

善光寺と御利益一体の厄除け観音

天長2(825)年創建の厄除け観音。北向きに建つ珍しい観音堂で、南向きの善光寺と両方参拝するといっそうご利益があるとされる。参拝後は、参道でおみやげを選ぶのも楽しい。

【住所】長野県上田市別所温泉1666
≫≫このスポットの詳細を見る

 

法多山尊永寺(静岡県)

厄除け祈願の名所では団子も必食

厄除観音として知られる名刹。初詣には東海エリア一体から参拝客が訪れ、県下一、二を争うにぎわいを見せる。名物厄除だんごはみやげに人気。また、境内では朝ヨガなどの講座も開催している。

【住所】静岡県袋井市豊沢2777
≫≫このスポットの詳細を見る

 

松尾観音寺(三重県)

龍神伝説が残る厄除け寺院

奈良時代の高僧行基による開基と伝わる古刹で、既成宗派に属さず檀家ももたない祈願寺。本尊の十一面観音は日本最古の厄除観音として篤い信仰を集める。3月の初午大祭が有名。

【住所】三重県伊勢市楠部町156-6
≫≫このスポットの詳細を見る

 

市比賣神社(京都府)

厄除けができる女性の守り神

平安京建都の翌年に創建。以来、女人守護の社として女性の願いのすべてにご利益が篤いとされる。「女人厄除祈祷所」として名高く、女性の参拝者が絶えない。

【住所】京都府京都市下京区河原町通五条下ル一筋目西入ル本塩竃町
≫≫このスポットの詳細を見る

 

 

粟田神社(京都府)

厄除け・病除けの神として崇敬

貞観18(876)年、清和天皇の命を受けた藤原興世が、大己貴命を祀ったことが起こりという。厄除け・病除けのほか、旅立ち守護・旅行安全の神としても親しまれる。

【住所】京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

 

瀧谷不動明王寺(大阪府)

日本三不動のひとつで眼病・厄除の霊場

弘仁12(821)年、弘法大師が不動明王を刻んで建立したと伝わる真言宗の寺。本尊の不動明王と二童子立像は国の重文。毎月28日には参道に露店が出て大勢の参詣者で賑わう。

【住所】大阪府富田林市彼方1762
≫≫このスポットの詳細を見る

 

 

由加山蓮台寺(岡山県)

厄除けの霊山で、日本三大権現の一つ

1200年前に開かれた厄除けの霊山。厄除本尊・瑜伽大権現、厄除大不動を祀る。岡山藩主池田家の祈願寺として知られ、県指定重要文化財「客殿」は県下最大級の木造建築。精進料理も味わえる。

【住所】岡山県倉敷市児島由加2855
≫≫このスポットの詳細を見る

 

嚴島神社(広島県)

平清盛の美意識が生み出した壮麗な神社

推古天皇元(593)年に佐伯鞍職により創建され、仁安3(1168)年に平清盛によって、現在の姿に改められたと伝わる。荘厳華麗な建築美と、目の前に広がる瀬戸内海、そして背後にそびえる弥山の自然美が融合した神秘的な社殿は、世界中の人々を魅了している。その比類ない景観美が認められ、平成8(1996)年、世界文化遺産に登録された。

【住所】広島県廿日市市宮島町1-1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

薬王寺(徳島県)

厄除けで有名な寺

四国霊場第23番札所。厄除けの祈願寺として弘法大師空海が弘仁6(815)年に本尊を刻んだ。境内には33段の女厄坂と42段の男厄坂、61段の男女厄坂がある。

【住所】徳島県美波町奥河内寺前285-1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

郷照寺(香川県)

真言宗、時宗をともに信仰する

宇多津町を見渡す青野山のふもとに位置する。行基が開創したのちに弘法大師や一遍が訪れ、真言・念仏の流派が伝わる。現在は厄除けの寺として知られている。

【住所】香川県宇多津町1435
≫≫このスポットの詳細を見る

 

太宰府天満宮(福岡県)

合格、開運、カップル円満を願って

平安時代に学者、政治家、詩人と多方面で活躍した菅原道真を祀る。左大臣の藤原時平の陰謀により、大宰府に左遷された道真は、延喜3(903)年に59歳で死去。その亡骸を運ぶ牛車の牛が、この場所に伏して動かなくなり、祠を建てたのが起源といわれる。学業祈願に加え、厄除けや家内安全祈願にご利益がある。境内では道真ゆかりの飛梅のほかに、6000本の梅、大樟、花菖蒲など四季を通して美しい景観を楽しむことができる。

【住所】福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

高良大社(福岡県)

社殿は九州最大級で、厄除け、延命長寿で篤い信仰がある

筑後一の宮で、式内名神大社の正一位として古代より地域筆頭の格式を誇り、厄除け、延命長寿で篤い信仰がある。社殿は九州最大級と伝え、重要文化財に指定されている。

【住所】福岡県久留米市御井町1
≫≫このスポットの詳細を見る

 

まだまだあります、全国の厄除けスポット

以下のボタンから、お近くの厄除けスポットが探せます。

 

 

※掲載の内容は調査・取材時点の情報です。情報は変更される場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 
 >  > 

×
×