>  >  >  >  > 

【清水・三保】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン

更新日:2019年1月19日

この記事をシェアしよう!

【清水・三保】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まぐろ、桜えびに富士の美景

【旅のモデルコース】清水・三保ドライブガイド

●所要時間:6時間

【START】静岡IC
 ↓ 車30分
日本平ホテル
 ↓ 車15分
三保松原
 ↓ 徒歩すぐ
神の道
 ↓ 車10分
三保園ホテル
 ↓ 車25分
清水魚市場 河岸の市
 ↓ 車10分
【GOAL】清水IC

静岡市東海道広重美術館

広重の描いた浮世絵作品がずらり
江戸時代に大名が宿泊した「由比本陣」跡地にある美術館。浮世絵師・歌川広重の作品を中心に約1400点を収蔵し、月替わりの展示によってバラエティ豊かな浮世絵を見ることができる。【由比】【見る】

静岡市東海道広重美術館

富士山を描いた作品のほか、世界に数点しか現存しない貴重なものも

フェルケール博物館

船と港の博物館。清水の缶詰紹介も楽しい
港町・清水ならではの、船と港をテーマにした博物館。清水港に関連した船の模型や、港湾で必要な作業道具などを紹介する。輸出用の茶箱に貼られていたラベル展示や、企画展もユニーク。【清水】【見る】

フェルケール博物館

精巧な模型は見応え十分

清水港船宿記念館「末廣」

清水港と次郎長親分の足跡を知る
東海一の大親分として知られる清水次郎長が、明治19(1886)年に清水波止場に開業した船宿の建物を復元。明治・大正ロマン漂う館内では、清水港振興に尽くした次郎長の姿を知ることのできる資料や等身大の人形展示、小道具などを見ることができる。【見る】【清水】

清水港船宿記念館「末廣」

次郎長が開いた英語塾の再現シーン

興津坐漁荘

多くの政治家が訪れた坐漁荘
第12・14代内閣総理大臣であり、退任後も最後の元老として政治の中枢を担った西園寺公望公の別荘を復元したもの。杉皮の外壁・鶯張り・洋間・水洗トイレなど、当時の建築技術の粋を集めた数奇屋造りを忠実に再現した建物だ。【興津】【見る】

興津坐漁荘

純木造数奇屋造りの建物が復元されている。邸内は見学無料

羽衣橋

天女伝説から名が付いた橋
巴川の河口に架かる橋で、国道149号と国道150号の起点となっている。その名のとおり、三保の松原にある「羽衣の松」の「天女の羽衣」から名を付けられた。現在の橋は1992年に完成。【三保】【見る】

羽衣橋

橋のたもとに天女の像があり、両端で天女のポーズが違うので、チェックしてみては

【旅のPICK UP】東海大学海洋科学博物館・自然史博物館

大学付属の施設ならではの見ごたえ
「海洋科学博物館」では約400種の生物を展示。大学の研究で得られた海洋に関する幅広い知識の普及を目的とし、一般的な水族館とはひと味違う見ごたえがファンにも評価されている。「自然史博物館」では迫力ある恐竜の骨格標本を見学できる。【三保】【見る】

【旅のPICK UP】東海大学海洋科学博物館・自然史博物館

海洋水槽はさまざまな場所を観賞できるように工夫されている

【旅のPICK UP】東海大学海洋科学博物館・自然史博物館

全国唯一、メガマウスの雄雌の標本を展示

【旅のPICK UP】東海大学海洋科学博物館・自然史博物館

最大の骨格標本は全長26m

1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください