トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 

【静岡】オクシズ観光! 縁側カフェ&立ち寄りスポット!

くらしたび

更新日:2021年12月7日

この記事をシェアしよう!

【静岡】オクシズ観光! 縁側カフェ&立ち寄りスポット!

急峻な山から流れる渓流や、昔ながらの棚田や茶畑の風景が残る“オクシズ”。市街地からちょっぴりドライブ。豊かな自然に抱かれる体験をしよう!

【静岡】オクシズってどこ?

南アルプスに抱かれた静岡市の中山間地は、通称“オクシズ”と呼ばれている。自然と共存する人々の暮らしや伝統行事、食文化が残る。

【静岡・オクシズ×観光】魚魚の里

梅ヶ島の大自然に触れる
ヤマメ釣りやつかみ取りが体験できる。オリジナルのヤマメメニューも美味。

【ヤマメ釣り】

【静岡・オクシズ×観光】魚魚の里

釣れるかな・・・?

【静岡・オクシズ×観光】魚魚の里

釣ったヤマメは自分でさばいて塩焼きに

【静岡・オクシズ×観光】魚魚の里

頭から丸ごと食べられる唐揚げはプラス300円で調理してくれる

【静岡・オクシズ×観光】魚魚の里

魚魚の家ではヤマメ料理を提供。食事だけの立ち寄りもできる

魚魚の里

住所
静岡県静岡市葵区梅ケ島5036

【静岡・オクシズ×観光】日影沢金山

徳川家康の駿府大御所時代に最も栄えた金山。坑道入り口が整備され、近くに残る金堀衆の住居や神社など集落の遺構とともに、遊歩道で巡ることができる。

【静岡・オクシズ×観光】日影沢金山

【静岡・オクシズ】縁側お茶カフェって何?

集落の農家が自宅の縁側を開放。お休み料300円で、お茶とお茶請けを用意してくれる。オクシズの大沢地区では15軒ほどが開催、地区で栽培されたお茶がいただける。

【静岡・オクシズ】縁側お茶カフェって何?

【静岡・オクシズ】大沢・縁側お茶カフェ

自慢のお茶をいただきます
開催日:毎月第2・4日曜

●内野了一さんの縁側
奥さま・正子さんがていねいに淹れるお茶とやさしい声のトーンが、心をゆるりと和ませる。お茶請けはちょっぴり上品な盛り付け。

●内野昌樹さんの縁側
7代続くお茶農家さんで、そのご自宅はなんと築200年以上。縁側だけでなく、風格ある建物の中も開放してもてなしてくれる。

【静岡・オクシズ】大沢・縁側お茶カフェ

お茶請けには手づくりの蒸しパンやお漬物が並ぶ

大沢・縁側カフェ

住所
静岡県静岡市葵区大沢
交通
新東名高速道路新静岡ICから県道27・189号、一般道を井川方面へ車で22km
料金
お休み料=300円/

【静岡】オクシズの立ち寄りスポット

ここもオススメ一緒に訪れたい
新東名が開通しアクセスが向上したオクシズエリアには、新たな魅力あふれるスポットが登場。施設ごとの距離が離れているので、時間に余裕を持って訪れたい。

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】ガイアフロー静岡蒸溜所

全国からも注目される気鋭のウイスキー蒸溜所
全国で10番目となるウイスキー蒸溜所。地元でとれたスギやヒノキをふんだんに使った施設で、玉川地区で栽培した大麦麦芽を使ったウイスキーの製造も計画している。2020年に最初のウイスキーを販売する予定。工場内の見学ツアーは公式サイトより事前予約制。

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】ガイアフロー静岡蒸溜所

玉川地区の山々に囲まれた蒸溜所

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】ガイアフロー静岡蒸溜所

ウイスキーづくりでは珍しい、スギの木の桶を使った発酵槽

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】ガイアフロー静岡蒸溜所

フレッシュさ、フルーティーさの混じった複雑な味を目指す

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】満緑カフェ&ショップ

自然が奏でる音色に包まれる山あいの古民家カフェ
人が暮らす空間の雰囲気をそのまま残した店内は、地域の人たちがセルフビルド。すぐそばを流れる川や鳥のせせらぎを聞きながら、地元野菜を中心としたランチをいただける。店内ではハンドメイドのアクセサリーや雑貨の販売も。

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】満緑カフェ&ショップ

一番人気の席は庭越しに川を望む縁側。時間もゆったりと流れるよう

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】満緑カフェ&ショップ

ランチの一例。長熊産の野菜を使ったお総菜とジューシーな満緑メンチのセット。ご飯はミネラルたっぷりの古代米

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】満緑カフェ&ショップ

青い屋根が目印の築100年の古民家。おばあちゃん家に遊びに来たよう

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】うつろぎ

自分で打ったそばと名産ワサビを味わう
ワサビ栽培の発祥地とされる有東木地区。すぐ横を清流が流れ、有東木産ワサビで作ったワサビ漬けやワサビのり、お茶などの特産品が並ぶ。ワサビ漬けやそば打ち体験(要予約)も楽しめる。

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】うつろぎ

ワサビの葉の天ぷら、さびごはんなどが並ぶ「さびめし定食」 1400円

うつろぎ

住所
静岡県静岡市葵区有東木280-1
交通
JR静岡駅からしずてつジャストライン有東木行きバスで1時間20分、有東木橋下車すぐ
料金
天おろしそば=800円/さびめし定食=1300円/そば打ち体験(1週間前までに要予約)=2000円/

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】梅ヶ島新田温泉 黄金の湯

南アルプスの懐に湧く美肌の湯でゆったり
標高800m、梅ヶ島温泉の入り口にある日帰り温泉施設。泉質は「美肌の湯」の代表格といわれるナトリウム-炭酸水素塩泉でお肌ツルツルに。隣接の食事処「黄金の里」では手作り味噌こんにゃくが人気。

【静岡・オクシズ×立ち寄りスポット】梅ヶ島新田温泉 黄金の湯

紅葉の時期がベストシーズン

梅ヶ島新田温泉 黄金の湯

住所
静岡県静岡市葵区梅ヶ島5342-3
交通
JR静岡駅からしずてつジャストライン梅ヶ島温泉行きバスで1時間40分、新田温泉黄金の湯下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小人300円/

東海・北陸の新着記事

地域の推しを全力応援 <中部>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

浜松のモーニングスポット7選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は浜松で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知県知多市で自然と歴史にふれる旅をしよう!岡田・新舞子・佐布里の定番から穴場スポットまでをばっちりナビゲート

名古屋駅から電車で30分とアクセス抜群な知多市を満喫するなら、それぞれの特色豊かな3つのエリアがおすすめです。 知多木綿の歴史が根づく「岡田」の古い町並みで当時の風情を味わい、海辺のリゾートの「新舞...

バンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われるナゴヤドーム! この記事ではバンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル、飲食店を厳選してご紹...

金沢のモーニングスポット13選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は金沢で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

岐阜のモーニングスポット21選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は岐阜で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知のおすすめ秋デートスポット15選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の愛知は、おすすめのデートスポットが盛りだくさん。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 そこで今回は、愛知の秋デートスポットを15か所ピックアップしました。...

静岡のおすすめ秋デートスポット21選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の静岡にはおすすめのデートスポットが盛りだくさん。 様々なジャンルの観光スポットがバランス良くそろった静岡には、どこまでも広がるススキ畑に、日本一遅い紅葉が楽しめるスポットなど見どころが目白押...

浜松市天竜区の最新観光ナビ 新しくて懐かしい話題のクローバー通り商店街を深堀り!

かつて林業で栄え、流通の要だった静岡県浜松市にある、天竜区二俣地区。 まっぷる編集部は、近ごろちょっと話題になっているこのエリアを「地域応援プロジェクト」の一環として取材し、訪れてみて発見した「クロ...

越前和紙の里で紙漉き体験にチャレンジ!「紙の神様」にもお詣りしましょう

「日本三大和紙」に数えられる和紙の里、福井県越前市「五箇(ごか)地区」。 越前和紙1500年の伝統を守る町として、手漉き和紙の出荷額において全国トップクラスのシェアを誇っています。 この古くか...
もっと見る

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。