観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  【橿原】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【橿原】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【橿原】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

mapple

更新日:2019年4月7日

なだらかな稜線を描く大和三山に囲まれた、初代天皇即位の地とされる。重厚な橿原神宮はもちろん、日本最初の都城・藤原京跡や多くの伝説が残る社寺を歩き、古代に思いを馳せよう。

アクセス情報

近鉄奈良駅
⇩ 近鉄奈良線急行/普通5分
大和西大寺駅
⇩ 近鉄橿原線 特急23分 急行28分
橿原神宮前駅

京都駅
⇩ 近鉄京都・橿原線 特急55分
橿原神宮前駅

【問い合わせ先】
橿原市観光協会 0744-20-1123

橿原神宮

神武天皇と皇后を祀る壮大な神宮
[見学時間 約1時間]
『日本書紀』の記事に基づいて、神武天皇が即位したとされる畝傍橿原宮跡に明治23(1890)年創建。重要文化財である御本殿は、京都御所の内侍所(賢所)を移築したもの。広大な神域は玉砂利の参道と森の緑が見事に調和し、おごそかな雰囲気。また境内にある文華殿は柳本藩織田家の遺構で、御本殿同様に重要文化財に指定されている。

橿原神宮

壮大な外拝殿。毎年巨大な干支の絵馬が設置される。通常の参拝ではここまでしか入れない

橿原神宮

 文華殿を見学する場合は事前申し込みが必要

【MEMO】内拝殿

通常の参拝では外拝殿までしか入れないが1月1~15日の間は内拝殿まで参拝できることもあり、初詣には全国から多くの人が訪れる。屋根越しに見える幣殿の千木・鰹木の輝きも必見。

【MEMO】内拝殿

橿原神宮

住所
奈良県橿原市久米町934
交通
近鉄橿原線橿原神宮前駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
6:30~17:00(閉門、時期により異なる)、宝物館は9:00~16:00(閉館)
休業日
無休

おふさ観音

美しい花と音色に癒される
[見学時間 約20分]
18世紀後半に妙円尼が開基したと伝わる。本尊は十一面観音で、長寿や病気退散のご利益がある。春と秋に約3800種類のバラが咲き誇ることでも有名で、美しい姿と芳香に心が安らぐ。夏には2500以上の風鈴が音色を奏でる風鈴まつりも行われる。

おふさ観音

風鈴の音がやさしく涼を運ぶ

おふさ観音

住所
奈良県橿原市小房町6-22
交通
JR桜井線畝傍駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉門)
休業日
無休

本薬師寺跡

西の京にある薬師寺の前身
[見学時間 約20分]
天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平癒祈願のために建立。平城京遷都の際、西の京に薬師寺を建立したため本薬師寺と呼ばれるようになった。金堂跡と東西両塔跡に礎石が残る。周囲はホテイアオイの名所で、8月下旬から9月下旬が見ごろ。

本薬師寺跡

金堂の跡地には15個の礎石が残されている

本薬師寺跡

住所
奈良県橿原市城殿町
交通
近鉄橿原線畝傍御陵前駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

歴史への理解を楽しく深める
[見学時間 約1時間]
飛鳥宮や藤ノ木古墳の発掘で知られる橿原考古学研究所が、発掘調査した実物資料を中心に展示。本物の出土品を間近で見られるほか、映像ライブラリーや情報コーナーなど無料で開放しているスペースも。楽しみながら歴史に触れられる。

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

畝傍御陵前駅のすぐ近くに位置している

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

住所
奈良県橿原市畝傍町50-2
交通
近鉄橿原線畝傍御陵前駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休臨時休あり、12月28日~翌1月4日休

大和三山

人々に崇拝された美しい山々
奈良盆地の南側、藤原宮跡を中心に三角形に点在する山々のこと。畝傍山をめぐって香具山と耳成山が恋争いをしたという歌が『万葉集』に残る。

大和三山

香具山から畝傍山を望む

大和三山

畝傍山から耳成山を望む

大和三山

住所
奈良県橿原市畝傍町、木原町、南浦町など
交通
近鉄橿原線畝傍御陵前駅から徒歩10分(畝傍山)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

久米寺

久米仙人伝説が残る花の寺
[見学時間 約15分]
7世紀後半に聖徳太子の弟の来目皇子、あるいは久米仙人により建てられたといわれる古寺。また、弘法大師が初めて真言密教を教えた寺でもあり、真言宗発祥の地と称している。和洋40種以上が咲き誇る6月のアジサイや、ツツジの名所としても有名。

久米寺

本堂には来目皇子の像が安置されている

久米寺

京都の仁和寺から移された多宝塔。重要文化財

【MEMO】久米仙人の像

吉野で修行し飛行の術を会得した仙人だが、ある日洗濯中の娘のふくらはぎに見とれ墜落。その後、その娘を妻にし、久米寺を開いたとの伝説が残る。

【MEMO】久米仙人の像

久米寺

住所
奈良県橿原市久米町502
交通
近鉄橿原線橿原神宮前駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉門)
休業日
無休
筆者:mapple

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×