コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  宮崎【西都原】日本最大級の古墳群と花ある風景に出会う

宮崎【西都原】日本最大級の古墳群と花ある風景に出会う

by mapple

更新日:2018年2月17日

小高い台地上に300基以上の古墳が集中する西都原は、国の特別史跡であり、全国初の風土記の丘である。春の菜の花、秋のコスモスも有名で、考古学ファンのみならず多くの観光客でにぎわう。無料のレンタサイクルに乗って散策を楽しもう!

モデルコース

START 西都バスセンター
↓タクシー5分
①西都原ガイダンスセンターこのはな館
↓自転車すぐ
②西都原古墳群
鬼の窟
↓自転車5分
酒元ノ上覆屋
↓自転車5分
13号墳
↓自転車20分
③都萬神社
↓自転車30分
④宮崎県立西都原考古博物館
↓自転車すぐ
⑤宮崎県立西都原考古博物館古代生活体験館
↓自転車5分
西都原ガイダンスセンターこのはな館
↓タクシー5分
GOAL 西都バスセンター

西都原ガイダンスセンターこのはな館

西都原の観光はここからスタート
西都原の観光拠点で、古墳群や周辺史跡の資料を展示。館内に特産品や弁当を扱う売店とレストランを併設している。古代米が味わえる「旬の恵み」は1300円。

レンタサイクルはココ!
併設の観光案内所では、無料のレンタサイクルサービスを実施10:00~15:00(返却は17:00まで)

レストランでは地元の産物を使った創作和風料理が楽しめる

ボランティアガイド
午後3時まではボランティアガイドが常駐。アドバイスしてもらおう!

西都原古墳群

300基以上の古墳が密集する風土記の丘
東西2.6km、南北4.2km、形も規模もさまざまな300基以上の古墳が点在する国の特別史跡。天孫瓊瓊杵尊陵とされる「男狭穂塚」、木花開耶姫が眠るといわれる「女狭穂塚」は宮内庁による陵墓参考地のため立ち入り禁止ながら、鬼の窟をはじめ内部まで見学できる古墳もある。

酒元ノ上覆屋
ドーム状の覆屋で保存された6基の地下式横穴墓を見ることができる

鬼の窟
周囲に土塁をめぐらせた国内唯一の円墳。鬼が木花開邪姫のために一夜で築いたという伝説がある

中に入ってごらん!!
古墳のミニチュア(手前)
13号墳
4世紀後半に造られた13号墳は全長79.4m、高さ8.9mの前方後円墳で、内部の粘土礫槨(れきかく)が見学できる。手前には古墳のミニチュアを展示

古墳の中を探検!写真は鬼の窟

都萬神社

縁結びと安産の神様
瓊瓊杵尊の妻、木花開耶姫を祀る神社で地元では「さいまんさま」と呼ばれる。日本で最初に仲人を立てて結婚したことから縁結びの神、また火を放った産殿で彦火火出見尊をはじめ3人の皇子を無事出産したことから安産の神として知られる。

千年楠の洞洞木
境内には、願い事を唱えながらくぐると、その願を通してくれるという洞洞木が!

恋愛成就を願う若い女性やカップルの姿が多く見られる

宮崎県立西都原考古博物館

考古学のストーリーにそって展開
地上3階、地下1階の建物は、古墳の葺石や石室をイメージした造り。西都原を中心とした古代から現代までの歴史を考古学的な観点から解説。本物の土器や石器の一部は、直接ふれて観察することができる。

船形埴輪
西都原古墳群から出土した長さ101cmの船形埴輪は埋葬儀礼に使われたとされる。写真は複製品

解説のための映像や展示方法がユニークで、楽しみながら考古学が学べる

宮崎県立西都原考古博物館古代生活体験館

古代人の暮らし、遊びにトライ
宮崎県立西都原考古博物館の敷地の一角にある体験施設。土器づくり、石器づくり、勾玉づくりなど、専門スタッフによる体験講座を開設している。各講座の所要は30分から2時間半ほど。受け付けは午前10時から11時15分までと、午後1時から4時まで。

木のぬくもりがここちよい館内

竹笛づくり 180円
穴の大きさや位置によって音が変わる。中学生以上が対象
勾玉づくり 70~180円
比較的やわらかい滑石を使うため、子供も体験OK!

アンギン編み 180円
縄文時代の編み方の一つ、アンギン編みでコースターをつくる

立ち寄りスポット

入船

宮崎を代表するウナギの名店
創業明治27(1894)年、ウナギの産地宮崎で名の知れた店。定食には大豆をすりつぶした呉汁とぬか漬けが付く。ウナギ入りのおにぎりが2個入った「うなぎめし」はテイクアウトのみで一日20パック限定。

ウナギは地下水で臭みを抜き、炭火でじっくりと焼く。うなぎ定食特上は5140円

筆者:mapple

まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18

発売日:2017年11月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年5~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×