コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  伊豆【駿河湾】神秘の深海生物に迫る!

伊豆【駿河湾】神秘の深海生物に迫る!

by mapple

更新日:2018年2月24日

ディープな魅力にはまる!

駿河湾は最深部が2500mに達する日本で一番深い湾。深海には2000種をこえる生物が棲むという。低温で餌の少ない、いつも暗黒の世界に適応した深海生物に興味津々、フシギ解明。

新発見1 深海魚のサンクチュアリは沼津市戸田港だった!?

「戸田港」はトロール漁(底引き網漁)が行なわれ、水揚げされる深海魚や高足ガニの知名度が高い。岸壁から釣りができる所はあちこちに点在する。御浜岬があり、湾内は静か。

戸田港のトロール漁(底引き網漁)
漁期は9月中旬~5月。一般的に水深200mより深い海域に棲む魚介類を深海魚と呼ぶ。

新発見2 2017年7月にリニューアルした、駿河湾深海生物館がおもしろい

駿河湾深海生物館
御浜岬の先端にある施設がリニューアルし、海底をイメージしたディープブルーの世界へ。展示内容を大きく見直し、アプローチも一新した。

レアな深海生物がたくさん!

ワンフロアに液浸標本約150体、はく製約30体、模型約40体などを展示。各所に設置するモニターで動画解説をしたりと工夫されている。

世界最大のカニ、高足ガニも深海生物の一種

ラブカは「生きている化石」と呼ばれる。ウナギ風に体をくねらせて泳ぐ

発想がおもしろい「戸田でおいしい深海魚」コーナー

リニューアルにあたり、深海サメ好きで有名なお笑い芸人・ココリコの田中直樹さんを名誉館長に迎えた。

田中名誉館長はいたるところに登場。記念撮影をしよう

戸田造船郷土資料博物館に併設。ぜひ一緒に見学しよう

ここにもいるよ! 深海生物に会えるスポット

沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム

希少なシーラカンスを冷凍展示
目前に広がる駿河湾の深海にこだわり、深海生物の発見および展示をしている。世界各地から珍しい深海生物も集める、驚きいっぱいのユニークな水族館。

5体のシーラカンスを展示。限定グッズも販売

ヘダトロール

深海魚などの地元情報を発信
戸田漁業協同組合直売所に隣接する、6畳ほどの交流スペース。深海魚の標本10点弱の展示ほか、地区内の深海魚を味わえる飲食店などの情報を提供している。

055-934-4753(沼津市水産海浜課)
8:00~17:00
水曜休
無料
沼津市戸田523-9
駐車場610台(戸田漁業協同組合直売所)
伊豆箱根鉄道修善寺駅から東海バス戸田行きで50分、終点下車、徒歩7分

2017年春にオープンしたばかり

予想を上回る美味しさ!

有名な高足ガニだけでなく、食べてビックリ、おいしい深海魚やエビなどがトロール漁で揚がる。淡白なものが多いが、刺身、焼き、煮、茹で、天ぷら、フライ、汁物と、それぞれに適した調理法で味わおう。

新発見3 深海育ちのエビや魚はひと味ちがう!

さかなや魚清では漁期間中、店内のイケスに高足ガニがわんさか。多いときは100匹くらい入るそうだ。間近で観察できるという意味では水族館以上かも!? 深海魚にも精通し、リーズナブルな一品料理を楽しめる。

深海魚さしみ3点盛り1100円
メギス、本エビ、トロタコの3種。ゆれる藻など海底の様子をイメージした盛り付け。

赤エビの塩焼き1296円(手前)正油焼き1296円(奥)
赤エビは加熱調理することでうまみが増す。各1人前8尾程度

その日に入荷した深海魚をポスターを利用して掲示

知るほどおいしい戸田漁港の深海魚

●トロボッチ(アオメエソ・メヒカリ)
骨がなくまるごと食べられる。天ぷら、フライ、焼きで。
生息:水深200~600m

●メギス
深海のキス。食べやすい白身で、どんな料理でもいける。
生息:水深100~400m

●ドンコ(チゴダラ)
身質はやわらか。煮付け、天ぷら、鍋料理にも。
生息:水深200~600m

●ゴソ(ハシキンメ)
あっさりした食感の白身。刺身や煮付けで。
生息:水深200~600m

●ゲボウ(トウジン)
身はやわらかくクセがない、希少。煮付けやフライに。
生息:水深300~1000m

新発見4 世界最大のカニ「高足ガニ」は食べるとあっさり

さかなや魚清
こちらのお店は足1本から注文できるので、高額になりがちな高足ガニをリーズナブルに味わえる。カニ味噌はご飯にかけて食べるのもおいしい。

高足ガニ定食4860円
満足度の高いゴージャスな定食。カニ味噌はご飯にかけたい。カニ2本・エビフライ・ライス・味噌汁などが付く。

店内のイケスにひしめく高足ガニ。約70匹いるそうだ

戸田港の南エリア。風光明媚な御浜岬にも近い

新発見5 見た目からは想像できない深海魚の味

丸吉食堂
戸田港の漁船と契約し、その時どきの新鮮な魚介類を買い付けている。高足ガニをはじめ駿河湾ならではの甲殻類、深海魚、地魚まで、料理メニューのラインナップは幅広い。民宿も経営している。

高足ガニ天丼 1780円
天ぷらは高足ガニ、深海魚ほか。甘めの天タレ。

手長エビの刺身 2160~2700円
手長エビ(アカザエビ)は高級食材として知られる。

食事処と割烹民宿を営んでいる

買って帰ろう!戸田漁業協同組合直売所

地場産品を現地の価格でショッピング
トロール漁期間中の深海魚販売ほか、干物、乾物、冷凍品、塩辛などを販売している。毎週日曜(9~11時)には「戸田港ふれあい朝市(戸田の特産物の日曜市)」を開催する。

0558-94-2082
8:00~17:00
水曜休
イカの塩辛(190g)550円、戸田塩(180g)750円
沼津市戸田523-9
駐車場610台
伊豆箱根鉄道修善寺駅から東海バス戸田行きで50分、終点下車、徒歩7分

戸田港前、「ヘダトロール」が隣接

釣り具や漁グッズも充実

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×