コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  日光【二荒山神社】境内すべてがパワースポット!

日光【二荒山神社】境内すべてがパワースポット!

by mapple

更新日:2018年4月7日

日光信仰の始まりとなった神社で、ご神体は二荒山(現在の男体山)。縁結びの神「大己貴命」を主祭神として祀り、良縁・開運祈願スポットとしても人気だ。ユニークな運試しができる、神苑エリアもぜひ見学したい。

二荒山神社

無料&有料エリアぐるっとめぐって40分

無料エリア

縁結びの木

【良縁祈願】
杉+ナラの「好きなら」効果で良い縁に恵まれますように!
神社入口の大鳥居をくぐると、杉の木にナラの木が重なった、大きな縁結びの木が現れる。「杉(好き)ナラ(なら)一緒」と意味をかけ、良縁を運ぶといわれている。

縁結びの木は、神門の外にある

親子杉
3本の幹が根を一つにして成長。親子の姿をイメージさせ、家庭円満の祈願にぴったり

夫婦杉
一つの根から2本の巨木が生え、仲の良い夫婦を連想させる。夫婦円満を願おう

良縁祈願板札

二荒山神社の絵馬は、なんとピンクのハートマーク付き。片思いの人も、両思いの人も、幸せな未来を夢見て願い事を書こう。

ハートの絵馬は1枚500円

御神木の前に、ずらりと並ぶ姿は壮観!

拝殿

【重文】
華美な彫刻のない、シンプルなたたずまいは日光の社寺としては珍しい。拝殿奥の本殿は、元和5(1619)年に徳川2代将軍秀忠公が造り上げたもので、安土桃山様式の色鮮やかな建物。

本殿は2021年まで修復工事中。参拝は可能だ

狛犬の足元には、「良」と「縁」のマーク

有料エリア 200円

神苑
境内奥にある神苑には、神社やご利益スポット、運試しが盛りだくさん。神様のテーマパークさながらの面白さだ。

化燈籠

【重文】
江戸時代、神社を警護する武士が、化物と間違えて切りつけたという逸話があることから、この名がついた。

近くで見ると、無数の刀傷が!

【良縁祈願】
縁結びの笹
「良縁笹の結び札」(200円)に願いを書いて結ぼう

大国殿

【重文】
主祭神「大己貴命(おおなむちのみこと)」は別名が「大国様」。幸福を招く神として、七福神の大黒天と同一視され、大国殿に祀られた。招き大国の板絵や太刀などが納められる。

【開運祈願】
金の小槌を振って、ご利益を手に入れよう

朋友神社

【重文】
学問と知恵の神様「少名彦名命(すくなひこなのみこと)」を祀る朋友神社。隣には「縁結びの笹」があり、男女、仕事、人などあらゆる縁を結ぶといわれる。

御祭神は学問や知恵の神様である、少名彦名命(すくなひこなのみこと)

二荒霊泉

【若返り祈願】
恒例山からの湧き水「薬師の霊水」と、瀬尾神社の「酒の泉」を引いて合わせた。眼病予防やアンチエイジングのご利益がある。

造り酒屋の信仰も厚い

専用ペットボトルで水を持ち帰ろう

あずまや

ちょっと一息♪
二荒霊泉の隣にある茶店でひと休み。霊泉の水で淹れる抹茶やトコロテンを味わってみて。

抹茶400円。お菓子と一緒にどうぞ

遥拝所

離れた場所からご神体を拝むための場所。男体山、女峰山、太郎山のミニチュアがあり、自由に参拝できる。

遥拝所に刺さる「良い縁の剣」。太陽光を反射する姿を写真に撮ると、良いことがある?

楽しい運試し1

運試し輪投げ
3回中1回でも成功すれば運気良好に!

お菓子占いルーレット
まんじゅうは良縁充実、ケーキは悪縁注意など、お菓子で縁を占える

楽しい運試し2

御神木胎内くぐり
樹齢550年の御神木の中を、願いを込めてくぐり抜けて

良い縁ハート投げ
ハート板に願いを書いて、ご縁柱に投げ当てよう。1枚200円

神橋(しんきょう)

【重文】
神門から徒歩13分
日光山内の入口にある、朱塗りの橋「神橋」は二荒山神社の建造物。長さは28m、水面からの高さは10.6m。かつては神事や将軍社参の際などに使われたが、現在は誰でも渡橋できる。拝観料300円。

秋だけのお楽しみ

日光良い縁まつり

毎年9月中旬〜11月に行なわれるイベントで、拝殿前に「笹の輪くぐり」が登場する。指示どおりに輪をくぐったら、縁結び札を書いて良縁祈願を。恋愛、仕事、金運などあらゆる縁を祈ろう。

1回目はくぐって左へ、2回目は右へ、最後は正面に抜けてお参りを

良い縁結ぶ守は1000円。通常は水色だが、まつり期間限定でピンクも登場

良い縁結び札は200円。願いを書いて、輪くぐりの笹に結ぼう

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×