トップ > 東北 > 北東北 > 平泉・一関 > 平泉 > 平泉観光地区 > 

【平泉】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

シュープレス

更新日:2021年10月21日

この記事をシェアしよう!

【平泉】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

平安時代末期、奥州藤原氏のもとで豪華絢爛な黄金文化が花開いた街。世界遺産に登録された史跡を探訪し、歴史ロマンに浸りたい。ひと休みには、岩手県南部に伝わる郷土料理を味わおう。

高館義経堂

芭蕉も訪れた義経終焉の地
文治5(1189)年、藤原泰衡の急襲に遭い自害した源義経の居城跡。堂内には義経の木像が祀られている。この地で「夏草や 兵どもが 夢の跡」の名句を詠んだ松尾芭蕉の句碑も立つ。

高館義経堂

義経堂は仙台藩4代藩主、伊達綱村が建立

高館・義経堂

住所
岩手県西磐井郡平泉町柳御所14
交通
JR東北本線平泉駅から徒歩15分
料金
大人200円、小・中学生50円(団体30名以上は1割引、100名以上は2割引、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名半額)

平泉文化遺産センター

史跡見学の予習におすすめ
金鶏山麓に建つガイダンス施設。平安時代から現代までの平泉の歴史を、パネルや映像でわかりやすく解説する。発掘調査で出土した遺物など貴重な資料も展示され、見ごたえ十分。

平泉文化遺産センター

多彩な展示で平泉の魅力を楽しく学べる

平泉文化遺産センター

住所
岩手県西磐井郡平泉町平泉花立44
交通
JR東北本線平泉駅から平泉巡回バス「るんるん」で7分、平泉文化遺産センター下車すぐ
料金
無料

せき宮

暮らしに溶け込む岩手の工芸品
自然光が注ぐ開放的なギャラリー。岩手の作家が手がけた作品を中心に、普段使いにぴったりの器や染物、かご細工を取りそろえる。季節に応じたテーマの企画展も開催。

せき宮

あけびバッグ38000円

せき宮

住所
岩手県西磐井郡平泉町平泉坂下39-29
交通
JR東北本線平泉駅から岩手県交通イオン前沢行きバスで5分、中尊寺前下車、徒歩5分
料金
飯碗=2160円~/漆椀=5400円~/小皿=540円~/グラス=3240円~/奥州・平泉歴史手ぬぐい=1080円/如月窯・八角灰釉小鉢=2484円/

菓子工房 吉野屋

食材を厳選した和洋菓子
大正4(1915)年創業の老舗で、平泉銘菓「弁慶力餅」が名物。アップルパイやシュークリームなどの洋菓子も人気が高い。店内にはカフェスペースがあり、イートインもできる。

菓子工房 吉野屋

弁慶力餅(1個)97円。地元のもち米を使った生地にくるみがたっぷり

菓子工房 吉野屋

住所
岩手県西磐井郡平泉町平泉泉屋81-1
交通
JR東北本線平泉駅からすぐ
料金
弁慶力餅=670円(8個入)/りんごパイ(1個)=260円/

道の駅 平泉〜黄金花咲く理想郷〜

平泉の魅力が集まった道の駅
産直コーナーには新鮮な農産物のほか、どぶろくや平泉ワイン、岩手のみやげ品などがそろう。レストランでは、早朝から味わえる「ワンコイン朝定食」やランチタイムのメニューが好評。

道の駅 平泉〜黄金花咲く理想郷〜

地元産の食材がずらりと並ぶ

道の駅 平泉

住所
岩手県西磐井郡平泉町平泉伽羅楽112-2
交通
東北自動車道平泉前沢ICから国道4号を柳之御所遺跡方面へ車で4km
料金
施設により異なる

The BREWERS HIRAIZUMI

郷土の味がおしゃれな一皿に
一関の「世喜の一酒造」と気仙沼の「アンカーコーヒー」が手がけるカフェレストラン。田舎料理をアレンジしたメニューを、蔵元直送のクラフトビールとともに味わえる。

電話:0191-34-4044
10:00~17:00
休:不定休
住所:岩手県平泉町平泉衣関34-13
交通:JR平泉駅から平泉巡回バス「るんるん」で、中尊寺下車、徒歩3分
P:なし

The BREWERS HIRAIZUMI

はっとのラタトゥイユ1078円、山椒エール(12オンス)660円

お休み処「松風庵」

毛越寺の散策後にひと休み
毛越寺にある休憩スポット。だんごやぜんざいのほかに、北海道産と山形産のそば粉を配合した生そばが味わえる。だんごは毎日スタッフが手ごねして作る自慢の一品。

電話:0191-46-2331(毛越寺)
営業時間:10:00~15:00
休:不定休
住所:岩手県平泉町平泉大沢58
交通:JR平泉駅から徒歩10分
P:町営駐車場あり

お休み処「松風庵」

お団子・抹茶セット500円

1 2

仙台、東北地区のおでかけ情報を発信します。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください