>  >  >  >  >  >  【鶴岡】レトロ街さんぽ♪路地を歩いてノスタルジック探し!

【鶴岡】レトロ街さんぽ♪路地を歩いてノスタルジック探し!

【鶴岡】レトロ街さんぽ♪路地を歩いてノスタルジック探し!

庄内藩14万石の城下町として栄えた鶴岡の街なかには、藩政時代の建築や明治・大正時代のレトロ建築が点在している。まるでタイムスリップしたかのような気分に浸りながら、ノスタルジックな街並みの散策を楽しもう。

ぐるっとまわって3時間

歴史的建造物が集中する鶴岡公園周辺を歩いて散策。「鶴岡観光ぐるっとバス」やレンタサイクルを利用すると便利。

Start 鶴岡駅
⇩ バス12分
➀致道博物館
⇩ 徒歩5分
➁大宝館
⇩ 徒歩すぐ
➂国指定史跡 庄内藩校 致道館
⇩ 徒歩3分
➃鶴岡カトリック教会 天主堂
⇩ 徒歩3分
➄旧風間家住宅 丙申堂
⇩ バス5分
Goal 鶴岡駅

街めぐりアドバイス!鶴岡観光ぐるっとバス

鶴岡駅発着で、市内の観光スポットをめぐる循環バス。エリア内なら1日フリーパスで乗り降りできる(年度により運行期間、ルートの変更あり)。
☎︎0235-25-2111(鶴岡市観光連盟)

鶴岡観光ぐるっとバス

住所
山形県鶴岡市末広町
交通
JR羽越本線鶴岡駅からすぐ
営業期間
4月下旬~10月下旬
営業時間
要問合せ
休業日
期間中火~金曜、祝日の場合は運行
料金
要問合せ

1 致道博物館

貴重な歴史的建造物で庄内の文化にふれる
旧西田川郡役所や多層民家など、見ごたえのある重要文化財建造物3棟が移築されている。館内には歴史、民俗、考古、美術など庄内の暮らしを伝える資料を豊富に展示。

見学50分

1 致道博物館

庄内で出土された考古学資料などを展示する旧西田川郡役所

1 致道博物館

吊り階段
2階から塔屋へ上る階段は、下からの支えがない初期ルネサンスの様式を取り入れている。

1 致道博物館

旧渋谷家住宅
兜造りの茅葺き屋根が特徴。山村文化を伝えるため、湯殿山山麓から移築された。

⇩ 徒歩5分

より道情報

荘内神社
鶴岡公園内の鶴ヶ岡城本丸跡に建ち、歴代の庄内藩主が4柱の御祭神として祀られている。

荘内神社

住所
山形県鶴岡市馬場町4-1
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで10分、市役所前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由(宝物殿は9:00~16:30)
休業日
無休(宝物殿は展示替え期間休)
料金
入場料(宝物殿)=大人(大学生以上)200円/(15名以上の場合団体割引あり、大人150円、障がい者は半額、同伴者は無料)

致道博物館

住所
山形県鶴岡市家中新町10-18
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで12分、致道博物館下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)、12~翌2月は~16:00(閉館16:30)
休業日
無休、12~翌2月は水曜(12月28日~翌1月4日休)
料金
一般700円、高・大学生380円、小・中学生280円(20名以上団体割引あり、障がい者手帳持参で料金半額)

2 大宝館

クラシカルな洋館は鶴岡公園のシンボル
大正4(1915)年に、大正天皇の即位を記念して建設された洋風建築。明治の文豪・高山樗牛や直木賞作家・藤沢周平など、鶴岡ゆかりの人物の資料を展示する。

見学20分

2 大宝館

赤いドームと白壁が特徴の洋風建築

2 大宝館

レトロな階段
大正時代に造られたレトロな手すりの装飾が、往時の面影を残す階段。

⇩ 徒歩すぐ

大宝館

住所
山形県鶴岡市馬場町4-7
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで11分、市役所前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30
休業日
水曜、祝日の場合は翌平日休(12月28日~翌1月3日休、臨時休あり)
料金
無料

3 国指定史跡 庄内藩校 致道館

東北で唯一現存する貴重な藩校建築
庄内藩酒井家9代・忠徳が、文化2(1805)年に創設した藩校。現在は、表門や講堂、孔子を祀る聖廟などが残っており、敷地一帯は国の史跡に指定されている。

見学30分

3 国指定史跡 庄内藩校 致道館

見学時の入口となる表御門は藩主専用の門として使われていた

3 国指定史跡 庄内藩校 致道館

聖廟
孔子像や祭器が展示される聖廟。孔子の教えを研究する徂徠学が藩学の基本だった。

⇩ 徒歩3分

より道情報

荘銀タクト鶴岡
2018年3月にオープンした、世界的な建築家・妹島和世氏が設計を手がけた文化会館。

荘銀タクト鶴岡

住所
山形県鶴岡市馬場町11-61
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで13分、市役所前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~22:00
休業日
無休
料金
要問合せ

国指定史跡 庄内藩校 致道館

住所
山形県鶴岡市馬場町11-45
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで11分、市役所前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30
休業日
水曜、祝日の場合は翌平日休(12月29日~翌1月3日休、臨時休あり)
料金
無料

4 鶴岡カトリック教会 天主堂

世界的にも珍しい黒いマリア像が必見
赤い尖塔が印象的な明治ロマネスク様式建築の傑作といわれる教会。日本で多くの教会を手がけたフランス人のパピノ神父の設計により、明治36(1903)年に建設された。

見学20分

4 鶴岡カトリック教会 天主堂

明治時代に建設。国指定重要文化財に指定されている

4 鶴岡カトリック教会 天主堂

ステンドグラス
透明な紙に描かれた聖画をガラスで挟んだ「窓絵」は、日本ではここでしか見られない。

黒いマリア像
フランスのデリブランド修道院から贈られた黒いマリア像は世界的にも貴重なもの。

⇩ 徒歩3分

鶴岡カトリック教会天主堂

住所
山形県鶴岡市馬場町7-19
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで10分、市役所前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:00~18:00(閉場)、10~翌3月は~17:00
休業日
無休
料金
無料

5 旧風間家住宅 丙申堂

豪壮な邸宅に繁栄ぶりをしのぶ
鶴岡城下随一の豪商・風間家の旧住宅。「丙申堂」は当主の住宅兼店舗として建造され、当時の繁栄ぶりを今に伝える。石置屋根や広大な板の間と大黒柱など見どころ満載。

見学30分

5 旧風間家住宅 丙申堂

約4万個の石が置かれた石置屋根が特徴

5 旧風間家住宅 丙申堂

趣ある小座敷
往時の面影を残す座敷趣ある小座敷や板の間を見学できる。小座敷は映画のロケにも使われた。

旧風間家住宅 丙申堂

住所
山形県鶴岡市馬場町1-17
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで4分、銀座通り下車、徒歩3分
営業期間
3月(お雛様の特別展示)、4月10日~11月
営業時間
9:30~16:00(閉館16:30)
休業日
期間中無休(7月13日休)
料金
入館料(無量光苑釈迦堂との共通券)=大人400円、小・中学生200円、特別展は別料金/(障がい者手帳持参で入館料半額)

ココでひと休み ランチ&カフェ

散策途中のランチやおやつタイムに訪れたい、くつろぎ空間が自慢のひと休みスポットをご紹介。

フルーツショップ青森屋

フレッシュフルーツでおいしいカフェタイム ◎鶴岡駅からすぐ
山形を中心に全国の果物を集めた専門店。2・3階のカフェで旬のフルーツタルトなどが味わえる。

フルーツショップ青森屋

ミックスフルーツのタルト(480円)

フルーツショップ青森屋

住所
山形県鶴岡市末広町7-24
交通
JR羽越本線鶴岡駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:30~19:00
休業日
無休(1月1日休)
料金
タルト=各480円~/シャインマスカットのタルト=450円(イートインのドリンクセットはプラス380円~)/フルーツサラダ=890円/季節のフルーツ=時価/

カフェスタジオ サンク ◎国指定史跡 庄内藩校 致道館からすぐ

広々とした店内で庄内食材のランチ
木のインテリアで統一した広い店内で自家焙煎コーヒーを楽しめる。庄内産の食材を使ったランチも好評。

カフェスタジオ サンク ◎国指定史跡 庄内藩校 致道館からすぐ

トマトカレー(880円)

カフェスタジオ サンク

住所
山形県鶴岡市馬場町8-13 商工会議所会館 1階
交通
JR羽越本線鶴岡駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉店19:00)、日曜、祝日は11:00~
休業日
不定休
料金
オリジナルワッフル=540円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×