トップ >  中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 広島・宮島 > 岩国 > 岩国市街 > 

【岩国】山上の城と錦帯橋が優美な城下町

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2023年5月23日

この記事をシェアしよう!

【岩国】山上の城と錦帯橋が優美な城下町

広島との県境近くに広がる山口県岩国市は、情緒豊かな城下町。
必見は日本三名橋のひとつ錦帯橋です。

川幅約200mの錦川に橋を渡すため、約35m間隔で橋脚を組む、伝統的な木組みの技法を採用しています。
また、緑の多い周辺には、史跡や博物館など歴史的な見どころも集まっており、一年を通して観光客でにぎわっています。

岩国への行き方

[電車・バス]
宮島口駅
⇩ JR山陽本線約23分 330円
岩国駅
⇩ 岩国市交通局・いわくにバス約20分 300円
錦帯橋バス停

[車]
山陽自動車道岩国IC
⇩ 約4㎞ 約10分
錦帯橋

問い合わせ
岩国市観光振興課…0827-29-5116
www.iwakuni-city.net

岩国観光お役立ち情報

割引チケット
錦帯橋(往復)、岩国城ロープウェー(往復)、岩国城のセット券は970円。錦帯橋料金所などで販売。
0827-41-1477 (錦川鉄道 岩国管理所)

岩国観光ボランティアガイド
錦帯橋、岩国城、白蛇の歴史や文化とともに、錦帯橋周辺を案内してくれる。
0827-41-2037(岩国市観光協会)
9:00~16:30(実施日の5日前までに要予約)

錦帯橋

長さ193.3mの木造橋
伝統の木組みの技法を使って造られた、五連のアーチが美しい木造橋。日光の神橋、甲斐の猿橋と並び、日本三名橋と呼ばれている。

錦川の洪水にも耐えるようにと岩国3代目藩主の吉川広嘉が創建に力を注いだ錦帯橋は、2004年に3年にわたる架け替え工事を終え、今なお橋梁美を誇る。

錦帯橋

大正11(1922)年、名勝として指定された錦帯橋
長さ193.3m、高さ最高13mの五連アーチの木造橋。実際に渡ることができる

錦帯橋

春と秋の季節限定で遊覧船が運航。船から望む錦帯橋も見事

錦帯橋

錦川の河川敷からは精巧な木組みが眺められる

錦帯橋

住所
山口県岩国市岩国、横山
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで15分、錦帯橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
24時間
休業日
無休
料金
入橋料=大人310円、小学生150円/

ひと味違う錦帯橋の眺め方

四季の表情を感じ、さまざまなアングルから美しいアーチを眺めてみよう。

お茶処 錦帯茶屋

名物の岩国寿司600円やオリジナルラテ500円などの食事をしながら眺めることができる。

お茶処 錦帯茶屋

茶屋から
窓から眺める錦帯橋の姿は見ごたえ十分

お茶処 錦帯茶屋

お茶処 錦帯茶屋

お茶処 錦帯茶屋

お茶処 錦帯茶屋

カフェいつつばし

住所
山口県岩国市岩国1丁目1-42橋の駅 錦帯橋(錦帯橋バスセンター) 2階
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで15分、錦帯橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:00、9~翌3月は~17:00
休業日
無休
料金
岩国寿司セット=1100円/

錦帯橋を渡ったら「吉香公園めぐり」をしよう

緑豊かな憩いの公園
岩国藩主吉川家の居館跡などを公園として整備、公開。園内には武家屋敷や旧目加田家住宅など藩政当時の姿をとどめる史跡が点在。さくら名所100選のひとつとしても知られ、城下町の面影が色濃く残る。

錦帯橋を渡ったら「吉香公園めぐり」をしよう

錦帯橋を渡ったらすぐ。ぜひ散策したい

吉香公園

住所
山口県岩国市横山
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで20分、錦帯橋下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

吉川史料館

吉川家伝来の宝物
約800年の歴史を持つ旧岩国藩主、吉川家に代々伝わる武具、甲冑、刀剣、美術品などを年4回の展示替えにより順次公開。国宝の大刀や豊臣秀吉より拝領した陣羽織などもある。

吉川史料館

史料を中心に美術工芸品も収蔵している

吉川史料館

住所
山口県岩国市横山2丁目7-3吉香公園内
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで15分、錦帯橋下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休(年4回展示替え期間休、12月24日~翌1月1日休)
料金
入館料=大人500円、高・大学生300円、小・中学生200円/(障がい者半額)

岩国城

城山山頂に建つ城
慶長13(1608)年、初代岩国藩主の吉川広家が築城した、桃山風南蛮造りの城。現在の模擬天守は昭和37(1962)年に現在の位置に建てられた。

岩国城

内部には刀剣や書画などを展示している

岩国城ロープウェー

城山山頂と山麓を往復。約3分間の空中散歩が楽しめる。

岩国城ロープウェー

岩国城ロープウエー

住所
山口県岩国市横山2
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで20分、錦帯橋下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(最終乗車)
休業日
無休(点検期間休)
料金
乗車料(往復)=大人550円、小学生250円/セット券(錦帯橋・ロープウエー・岩国城)=大人940円、小学生450円/(障がい者手帳持参で乗車料(往復)大人270円、小学生120円)

岩国城

住所
山口県岩国市横山3丁目
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで20分、錦帯橋から徒歩10分の山麓駅でロープウェイに乗り換えて3分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館16:45)、ロープウェイは~17:00
休業日
無休(ロープウェイは点検期間休)
料金
入場料=大人270円、小学生120円/ロープウェイ利用料(往復)=大人560円、小学生260円/セット券(錦帯橋、ロープウェイ、岩国城)=大人970円、小学生460円/
1 2

中国・四国の新着記事

【大人編】松山の遊ぶところ2024 とっておきスポット9選!

四国で一番人口の多い都市、松山。城下町として栄えた松山には風情溢れる大人向けのスポットが数多くあります。 今回は松山の大人向けおすすめスポットを9選ご紹介します。大人気の観光地道後温泉はもちろん...

【大人編】徳島の遊ぶところ2024 とっておきのおすすめスポット10選!

日本三大盆踊りのひとつである阿波踊りや、世界最大級の大きさを誇る鳴門の渦潮で有名な徳島。そんな徳島には定番スポット美しい渓谷や動物園に併設された遊園地とくしまファミリーランドなど、まだまだ楽しいスポッ...

【大人編】山口の遊ぶところ2024 おすすめスポット10選をご紹介!

海の景色が美しく美味しいものがたくさんの山口県。 有名な角島大橋はもちろんですがそのほかにも魅力がいっぱいのスポットがたくさんあります。 今回は山口県のおすすめスポット厳選10選をご紹介します。 ...

【香川 高松・夜ごはん】高松で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高松で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに高松で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高松でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 旧武家屋敷で...

【高知・夜ごはん】高知で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高知で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに高知で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高知でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 土佐の味めぐ...

【徳島・夜ごはん】徳島で夜を楽しめるとっておきのお店10選!徳島で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに徳島で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、徳島でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 骨付き阿波尾...

【広島・ディナー】広島で夜を楽しめるとっておきのお店10選!広島でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに広島で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、広島でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 広島のお好み...

【鳥取・夜ごはん】鳥取で夜を楽しめるとっておきのお店10選!鳥取で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鳥取で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、鳥取でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 白イカや松葉...

【下関・夜ごはん】下関で夜を楽しめるとっておきのお店8選!下関で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに下関で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、下関でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 下関生まれの...

【鳥取 米子・ディナー】米子で夜を楽しめるとっておきのお店7選!米子でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鳥取の米子で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、米子でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 山陰の...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。