コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  長崎【池島】本物の炭鉱が間近で見られる!

長崎【池島】本物の炭鉱が間近で見られる!

by mapple

更新日:2018年2月7日

平成27年に軍艦島が世界遺産に登録されたことを発端にして、人気が高まっているのが九州最後の炭鉱の島「池島」。「池島炭鉱さるく」を実施していて、国内で唯一、本物の坑内をガイドの案内でめぐることができる。

アクセス

池島へは、長崎市神浦江川町の神浦港と西海市大瀬戸町の瀬戸港からフェリーや高速船などが運航。いずれも便数が少ないため、事前に確認しよう。

長崎駅
↓長崎バス45分
桜の里ターミナル(板の浦行きに乗り換え※時間によっては長崎駅から直行便あり)
↓長崎バス32分
神の浦
↓徒歩すぐ
神浦港
↓フェリー27分※高速船10分、地域交通船15分
池島港
長崎駅
↓長崎バス45分
桜の里ターミナル
↓長崎バス48分
NTT大瀬戸
↓徒歩3分
瀬戸港
↓フェリー30分※高速船10分
池島港

島内には食堂や宿泊施設がある

池島炭鉱さるくに参加しよう

池島炭鉱さるくとは?
平成23年から実施されている観光ツアー。元炭鉱マンのガイドとともに坑内へ入り、解説を聞きながら約1時間かけて歩いて見学する。午前と午後の一日2回開催で、インターネットでの予約は3日前まで。電話予約や当日の受け付けも可。動きやすく、汚れてもよい靴が望ましい。ハイヒールやサンダルは不可。

00959-26-0888(三井松島リソーシス)
池島港集合 午前コース10:45~、午後コース14:15~
水曜休み
2680円(1人から催行、小学生未満は参加できない)

かわいらしいヤギがお出迎え

池島炭鉱さるくのトロッコ乗り場のそばで、かわいらしいヤギに出会える。平成29年2月に赤ちゃんが生まれ、池島を訪れる人たちのアイドルに♥

START 池島港集合

桟橋前でガイドが待機している。

ビデオ観賞&昼食タイム

池島炭鉱倶楽部に移動し、池島の歴史や池島炭鉱を紹介するビデオを観賞。午前コースでは昼食タイムがあるため弁当を持参するか、もしくはツアー予約時に当時をイメージした池島炭鉱弁当(お茶付き800円)を注文する。

しっかりと安全確認

ヘルメットとヘッドランプを装着。坑内を歩いて移動するため、軽装で参加しよう。

トロッコに乗って出発♪

トロッコ電車に乗って坑内へ。300mほど進み、約4分で到着する。

石炭発掘現場(復元)を見学

当時使われていた全長12mのドラムカッター。実際に動かして、採炭の仕組みがわかるようになっている。

炭鉱マンになりきり

発破用のダイナマイト穴を掘る穿孔機(オーガー)の操作を体験。体がうしろに飛ばされるような衝撃がある。

見学後はトロッコに乗って坑外へ

GOAL 池島港

もっとディープに!池島を満喫

Check!池島島内観光オプションコース
午前コースの参加者は、島民ガイドによるオプションコースにも参加することができる。島の南西端にある第二立坑見学広場、炭鉱マンの生活を知ることができる第三棟炭坑住宅などを見学しながら島内をめぐる。

炭鉱マンの旧社宅の一室を公開。昭和の懐かしい雰囲気が残る

第二立坑には、保安確保の願いを込めた女神像がある

筆者:mapple

まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18

発売日:2017年05月23日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18」です。掲載した内容は、2017年1~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×