トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊豆高原 > 

【連載エッセイ・第14回】猫と田舎で暮らしてみた~6匹と僕たちの里山生活~

高橋のら

更新日: 2021年2月9日

この記事をシェアしよう!

【連載エッセイ・第14回】猫と田舎で暮らしてみた~6匹と僕たちの里山生活~

東京生まれ、東京育ち。9年前に奥さんと、大分・国東半島へ移住。

そこで出会った猫たちと、こんどは、自然豊かな伊豆の田舎へ。

ゆっくりと流れる時間のなかで、森や草むらで自由に駆け回る猫たちと、一緒に暮らす日々のあれこれをお伝えしていきます。(毎週火曜日・金曜日に公開)

>>第1回から読む

この記事の目次

田舎のペースで暮らす

ご近所さんの家に足場が組んであった。

朝の散歩で会ったSさんに「外壁の塗り替えですか?」と尋ねたら、数日前の大風で屋根のてっぺんについている棟板金が飛んでしまったための修理だそうで、「雨が降らないうちにやってもらいたいのだけど、足場を組んだきりいつ来てくれるか分からないのよ」と苦笑いしていた。

田舎のペースで暮らす

田舎生まれ、田舎育ちの三男くつした。彼らとっては何から何までが田舎ペース。

僕は東京から大分へ移り住んだ当初、こういうことがあるたびにプンスカプンと怒っていた。だから田舎は嫌なんだよ! と呆れて不機嫌になっていた。宅配便の営業所へ荷物を出しに行っても、銀行や郵便局の窓口でも、スーパーのレジでも、とにかくあらゆるところで良く言えばノンビリだが悪く言えばチンタラしている。

車の走り方にしても同じで、都会なら1回の青信号で10台以上は右折できそうな交差点でも、良くて6台、下手すると3台くらいしか曲がれない。田舎では時間がゆっくり流れていると言われるが、それは時間の速度がゆっくりなのではなく、時間の使い方がゆっくりなだけなのだと思い知らされた。

しま兄曰く「まあ急がない急がない」猫たちは体全体で僕たちにそう教えてくれる。

しかしイライラしたって足踏みしたって何も変わりはしない。2か月くらいするとそんなペースにも馴染んできて、あれから9年たった今では憤慨したり呆れることもなく、まあそのうち終わるでしょうと呑気に構えている。

僕が田舎のペースに寛容になったのは慣れたからでもなく諦めたわけでもなく、きっと、自分の置かれた状況に対する愛情の量や満足度の問題なのだと思う。平たく言えばアバタもエクボというやつで、田舎での暮らしがぬるま湯のように心地よくなってくるにつれ、自分自身も時間の使い方が悠長になってきたんだろうな。

そんな暮らしはどこか猫たちの生き様に似ていると僕は思う。我が家の毎日には慌てるとか急ぐなんて言葉や場面はほとんどないが、たまにそんな状況に出くわしたときでも、猫たちは床に転がったまま「まあまあ慌てなさんにゃ」と言っているもんなあ。

なんとも小さくて、なんとも美味しくなさそうな我が家特産のみかん。

卓の上に庭でとれたミカンがのっている。もう10日ぐらいは置きっ放しになっていると思う。

どこかの観光地で売っている温泉饅頭ぐらいの小さなミカン。皮を剥くと中の袋は厚くて噛み切れない時がある。そこそこ甘いんだけれどやけに水っぽくて、いわゆる温州ミカンのくせに種がある。

実が小さい上に袋の皮が厚くて種が多いから食べづらいことこの上ない。だから誰も手をつけることなく10日余りも机の上で時を貪っている。

小さいのは手入れをしないから発育不良なんだろう。しかし種があるのが解せないと思っていたら、なんでも近くに他の柑橘類があると種を作るようになるんだらしい。つまり子孫を残して自然淘汰を勝ち抜くための本能なのだな。

 

競るという状況。あるいは競る相手との共存。

本来僕たちはそういうものの中で生きているはずだ。競る相手がいなくなった時、競る必要がなくなった時、人はそれを安泰とか隠居とか呼ぶんだろうか?

僕はこういうことを考えるとき東京という街をよく思う。誰かよりも良く、何かよりも高く。東京に限らず都会で暮らすということは多くの競い合いの中で暮らすことのように思う。

畑に敷いた藁がちーのベッド。都会の煌めきも華やかさもないけれど、ここは静かに季節だけが流れています。

伊豆・箱根の新着記事

【伊豆・修善寺のそば】山葵・酒と味わう・こだわりの修善寺のそば屋さんおすすめ6軒!

伊豆・修善寺のあたりや恋人岬付近で人気のそば屋さん6軒をご案内します。 そばに合う日本酒や焼酎、修善寺ならではのつまみなども豊富なやぶ誠。天城産の新鮮な山葵のお薬味もある独鈷そば大戸。鮎そばが味わえ...

相模湾を望む⼩⽥原・根府川駅周辺の絶景&観光スポット8選!⼈気ベーカリーやランチ情報も♪

相模湾に面した海辺の街・小田原と、真鶴半島の中ほどにある根府川駅とその周辺。 箱根と熱海という2つの人気観光地のすぐ近くにありながら、観光客のにぎわいなく静かに楽しめる穴場エリアです。 旅行ガ...

伊豆大島観光ナビ 熱海から45分の離島をドライブでめぐるプラン!日本唯一の砂漠「裏砂漠」にもGO!

高速ジェット船で、熱海港から45分、東京竹芝桟橋から1時間45分で到着する伊豆大島。 東西9km、南北15km、周囲約52kmの、海底火山が噴火をくり返してできた島には、生命力を感じる地球の営み...

静岡のおすすめケーキ店18選 美味しいケーキを食べるならこのお店!

多くのスイーツファンを魅了する静岡のケーキ。 フルーツ系やチョコ系など、ショーケースを目の前にどれにしようかと迷うのも楽しみのひとつです。 店内でケーキを堪能するもよし、テイクアウトして自...

東海のおすすめアスレチック20選!大人も子供も楽しめる!

東海のおすすめアスレチックスポットをご紹介! 気軽に行ける公園から本格的なアスレチックまで、子供だけでなく、大人も楽しめるアスレチックもありますよ。 天気の良い日は、密を避けて思う存分に体...

静岡のドライブスポットおすすめ45選 定番から穴場までご紹介

静岡には、富士山の眺望がすばらしい場所やひと休みできる公園などドライブスポットがたくさん! 伊豆シャボテン動物公園、恋人岬、三保の松原といった定番スポットはもちろん、国指定史跡 韮山反射炉や來宮...

熱海のデートスポットおすすめ5選 二人の距離がグッと近くなる!

熱海といえば、海や花火、良質な湯を堪能できる有名な温泉地でもあり、子どもから大人まで、四季を問わず楽しむことのできる人気観光地です。近年はおしゃれなカフェやショップ、新しいホテルが続々と立ち並び、平日...

【箱根】2021年のクリスマスは絶景ランチ&アフタヌーンティーを!

今年のクリスマスシーズンは、箱根の豊かな自然に癒されながら、ランチやアフタヌーンティーを楽しんでみませんか? 芦ノ湖や箱根の山々、広大な庭園の眺めがすばらしい「山のホテル」や「箱根ハイランドホテ...

静岡のデートスポットおすすめ40選! 定番から穴場までをご紹介

静岡には、富士山の眺望がすばらしいデートスポットがたくさん! 伊豆シャボテン動物公園、恋人岬、三保の松原といった「ザ・定番デートスポット」はもちろん、国指定史跡 韮山反射炉や來宮神社、久能山東照...

三宅島 秋のキャンプ旅!東京の離島を1泊2日で巡るハイキングコースもご紹介

特別暑かった2021年の夏も終わり、「涼しくなってきたし、秋の行楽シーズンはどこに行こうかな」「自粛疲れも溜まり、人のいない大自然でスカッとリフレッシュしたい!」と楽しみにしている方も多いかもしれませ...
もっと見る

1960年東京生まれ。製本業経営を経て編集プロダクションを設立。
2011年に東京から大分県国東市へ移住し、2014年に国東市から静岡県伊豆半島に転居しました。現在は伊豆の家で編集業を営みながら仕事上のパートナーでもある家内と、国東で出会った6匹の猫たちと共に暮らしています。
国東での猫暮らしを綴った著書「猫にGPSをつけてみた」雷鳥社刊があります。

エリア

トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊豆高原 > 

この記事に関連するタグ