トップ > 九州・沖縄 > 沖縄 > 宮古列島 > 

ゴールデンウィークの旅行費用をできるだけ抑える方法とは

ゴールデンウィークの旅行費用をできるだけ抑える方法とは
写真:123RF

2泊3日の東京~宮古島旅行。
もっとも料金が高くなる出発日は5月1~3日でしたが、反対に、4月24日~5月7日の間で一番料金が安くなる出発日はいつになるのでしょうか。

ゴールデンウィーク期間のお得なパッケージツアーの費用目安(2泊3日、大人2名と小学生以下の子ども2名の場合)

一番お得な出発日の場合
4月26日(月)出発で、大人1名あたり約4~8万円、子ども1名あたり約35,000円~65,000円です。
とはいえ、カレンダーどおりであれば平日に3日間のお休みを取得しなければなりません。あまり現実的ではありませんよね。

1日だけ休める場合
この条件下では、5月4日(火)の出発が一番お得。
大人1名あたり約7~10万円、子ども1名あたりは約65,000円~8万円です。

ゴールデンウィーク期間のお得な個別手配の費用目安(2泊3日、大人2名と小学生以下の子ども2名の場合)

交通費、食費に関して大きな差は出ないものとします。
宿泊費に焦点を合わせてみましょう。

一番お得な4月26日(月)出発の場合
民宿タイプを選べば:2泊で1室平均3~5万円台
リゾートホテルタイプを選べば:2泊で1室平均15~20万円台

1日だけ休める5月4日(火)出発の場合
民宿タイプを選べば、2泊で1室平均4万円~55,000円台
リゾートホテルタイプを選べば、2泊で1室平均15~22万円台となります。

ゴールデンウィーク旅行の予約はいつからしておくべき?

ゴールデンウィーク旅行の予約はいつからしておくべき?
写真:123RF

予定が立ったらすぐにチケットなどの手配をするのがおすすめ。
通常期よりもホテルやフライト、新幹線などが満室・満席になることが多いゴールデンウィーク。年末~年明けくらいには予約を始める方もいます。

とはいうものの、仕事の都合で数カ月先の予定ははっきり立てられないということは十分に考えられます。

パッケージツアーの場合は、旅行開始日の前日からさかのぼって21日前まではキャンセル料が無料になるものがほとんどです。
また、国内ホテルの予約キャンセルについても、予約の7日前まではキャンセル料がかからないところが多いため、希望日がある場合はとりあえず押さえておくことをおすすめします。

今年のゴールデンウィークこそ、宮古島旅行を実現させよう!

今年のゴールデンウィークこそ、宮古島旅行を実現させよう!
写真:123RF

雄大な自然と絶景スポットが点在している宮古諸島。
宮古ブルーと称される海の青さや星空の美しさは、本州では決して見ることができないものです。

梅雨入り前、4月~5月上旬にかけての沖縄県は、一年で最も過ごしやすい時期といわれています。
せっかくのゴールデンウィーク。少し長めのお休みを取って、宮古島とその周辺の離島をめぐる旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

1 2
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。オールジャンルでお出かけ情報をお届けしますね!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください