トップ > 関西 > 南紀 > 串本・那智勝浦 > 

この記事の目次

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】円月島<西牟婁郡白浜町>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】円月島<西牟婁郡白浜町>

夕暮れどきがとくに美しい

白浜のシンボルとして名高い円月島は、島の中央に丸い海食洞があいたユニークな姿が名前の由来。黄昏の美しさで知られ、夕暮れどきにはカメラマンたちが集まる人気の撮影スポットです。

円月島

住所
和歌山県西牟婁郡白浜町3740
交通
JRきのくに線白浜駅から明光バス町内循環線で15分、臨海下車すぐ
料金
グラスボート遊覧=大人1500円、4歳~小学生750円/

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】雑賀崎<和歌山市>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】雑賀崎<和歌山市>

絵画のような美しさ

織田信長に抵抗した雑賀孫市率いる雑賀党衆の拠点と伝わる雑賀崎は、紀淡海峡を望む景勝地であり、瀬戸内海国立公園の指定特別地域。雑賀崎付近の湾の傾斜部に家屋が密集した、独特の景観が魅力的です。

雑賀崎

住所
和歌山県和歌山市雑賀崎
交通
JR和歌山駅から和歌山バス雑賀崎循環線で35分、雑賀崎遊園下車、徒歩15分
料金
情報なし

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】那智の滝(飛瀧神社)<東牟婁郡那智勝浦町>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】那智の滝(飛瀧神社)<東牟婁郡那智勝浦町>

何度見ても感動を覚える、那智山信仰の原点

飛瀧神社の杉木立の参道を下ると、あたりを圧する音とともに姿をあらわす那智の滝。那智原始林の水を集め、133mの高さからしぶきを上げて滝つぼへと落ちるその姿は、何度見ても神々しさを感じます。

那智の滝(飛瀧神社)

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
交通
JRきのくに線紀伊勝浦駅から熊野交通那智山行きバスで25分、那智の滝前下車、徒歩5分
料金
見学料(お滝拝所舞台)=大人300円、小人(小・中学生)200円/

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】百間山渓谷<田辺市>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×自然】百間山渓谷<田辺市>

南紀の秘境

深い原生林におおわれ、滝・淵・峡の宝庫として知られる百間山渓谷。全長約3kmにわたって、奇岩や甌穴、大小の滝が連なります。約100mごとに繰り広げられる自然美の競演が見事!

百間山渓谷

住所
和歌山県田辺市熊野394
交通
JRきのくに線白浜駅からタクシーで1時間20分
料金
情報なし

【和歌山のおでかけ穴場スポット×美術館】田辺市立美術館分館 熊野古道なかへち美術館<田辺市>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×美術館】田辺市立美術館分館 熊野古道なかへち美術館<田辺市>

有名建築家が手がけた美術館

近露王子のすぐそばにある近代的な美術館です。野長瀬晩花や渡瀬凌雲など地域ゆかりの画家を紹介するほか、現代美術の展示にも力を入れています。

<新型コロナウイルス感染対策>
混雑時に入館制限を行う場合あり

田辺市立美術館分館熊野古道なかへち美術館

住所
和歌山県田辺市中辺路町近露891
交通
JRきのくに線紀伊田辺駅から龍神バス本宮大社方面行きで1時間7分、なかへち美術館下車すぐ
料金
大人250円、18歳未満無料、特別展は別料金

【和歌山のおでかけ穴場スポット×美術館】和歌山県立近代美術館<和歌山市>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×美術館】和歌山県立近代美術館<和歌山市>

国内屈指の近現代版画コレクション

和歌山城を望む美術館です。川口軌外などの郷土作家コレクション、浜口陽三を含む版画コレクション、佐伯祐三コレクション、マーク・ロスコをはじめとした現代美術のコレクションを所蔵しています。

<新型コロナウイルス感染対策>
検温の実施
混雑時に入館制限を行う場合あり

和歌山県立近代美術館

住所
和歌山県和歌山市吹上1丁目4-14
交通
JR和歌山駅から和歌山バス和歌浦口行きで10分、県庁前下車すぐ
料金
大人340円、大学生230円、高校生以下無料、企画展、特別展は別料金(65歳以上・障がい者無料、県内に在学中の外国人留学生は無料)

【和歌山のおでかけ穴場スポット×博物館】太地町立くじらの博物館<東牟婁郡太地町>

【和歌山のおでかけ穴場スポット×博物館】太地町立くじらの博物館<東牟婁郡太地町>

広大なクジラのテーマパーク

クジラの街・太地のくじら浜公園には、くじらの博物館やマリナリウムなどが点在しています。入り江の自然プールではクジラショーを開催。子どもたちには、イルカとのふれあいプランが大人気!

<新型コロナウイルス感染対策>
一部イベントの中止・延期あり
検温の実施
混雑時に入館制限を行う場合あり

太地町立くじらの博物館

住所
和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
交通
JRきのくに線太地駅から町営じゅんかんバスで5分、くじら館下車すぐ
料金
入館料(くじらの博物館・太地くじら浜公園共通)=大人1500円、小・中学生800円/イルカとビーチでふれあい=1000円/(身体障がい者半額)
1 2 3 4 5
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。オールジャンルでお出かけ情報をお届けしますね!

エリア

トップ > 関西 > 南紀 > 串本・那智勝浦 > 
トップ > 関西 > 南紀 > 和歌山・高野 > 
トップ > 関西 > 南紀 > 白浜・熊野古道 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください