トップ > 北海道 > 

北海道でひとり旅を楽しもう!1人で訪れたいおすすめスポット20選

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年8月24日

この記事をシェアしよう!

北海道でひとり旅を楽しもう!1人で訪れたいおすすめスポット20選

今の旅のトレンドは、「ひとり旅」や「おひとり様」。
新型コロナウイルスの影響もあり、ひとり旅の需要がますます増えてゆく予感です。

壮大な大自然が残る北海道を、ゆっくりじっくり味わいたいと1人旅を計画する旅行客から高い人気を誇ります。
そこで今回は、“ひとりでこそ訪れたい”北海道のおすすめスポットを厳選して20カ所ご紹介します。

北海道のどこまでも広い草原や神秘の湖を前にすれば、日ごろの疲れや悩みも吹き飛ぶはず。あなただけの北海道ひとり旅プランを計画してみてくださいね!

この記事の目次

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】のどかな風景が広がる「さっぽろ羊ヶ丘展望台」(札幌市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】のどかな風景が広がる「さっぽろ羊ヶ丘展望台」(札幌市)

昭和34(1959)年、北海道農業試験場の一角に建てられた展望台。札幌ゆかりの人物・クラーク博士の銅像が立つ、有名な観光スポットです。丘の上からは、札幌市街や石狩平野を見渡せるほか、周辺の牧草地で羊たちが草を食べる様子を見ることもできます。

さっぽろ羊ヶ丘展望台

住所
北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
交通
地下鉄福住駅から北海道中央バス羊ヶ丘展望台行きで10分、終点下車すぐ
料金
入場料=大人530円、小・中学生300円/(未就学児無料)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】イサム・ノグチが遺したアートパーク「モエレ沼公園」(札幌市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】イサム・ノグチが遺したアートパーク「モエレ沼公園」(札幌市)

公園全体を一つの彫刻として造成されています。直径48mの「海の噴水」は4月下旬~10月中旬に1日3~4回、40分または15分のプログラムを実施しており、ダイナミックな水の動きが楽しめます。

モエレ沼公園

住所
北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
交通
地下鉄環状通東駅から北海道中央バスあいの里教育大駅行きで20分、モエレ沼公園東口下車、徒歩10分
料金
入場料=無料/テニスコート(1時間)=640円/野球・陸上競技場(1時間)=1200円/レンタサイクル(2時間)=200円~/

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】自然と文化を満喫できる憩いの場「中島公園」(札幌市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】自然と文化を満喫できる憩いの場「中島公園」(札幌市)

大通公園と並ぶ札幌市民憩いの場。音楽ホールKitaraなど、北国の文化に触れられる施設のほか体育センター、テニスコートなどの運動施設も充実しています。

中島公園

住所
北海道札幌市中央区中島公園
交通
地下鉄中島公園駅からすぐ
料金
情報なし

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】イベント会場にもなる札幌の街づくりの基点「大通公園」(札幌市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】イベント会場にもなる札幌の街づくりの基点「大通公園」(札幌市)

西1丁目から西12丁目まで、長さ約1.5kmにわたって続くグリーンベルト。札幌は碁盤の目状に区画されていますが、ここがその基点の場所です。季節折々の花が植えられた花壇や芝生、樹木があり、芝生やベンチでくつろぐ人も。さっぽろ雪まつりなど、各種イベントの会場としても知られています。

大通公園

住所
北海道札幌市中央区大通西1~12丁目
交通
地下鉄大通駅からすぐ
料金
情報なし

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】原生林や動物園に隣接する神社「北海道神宮」(札幌市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】原生林や動物園に隣接する神社「北海道神宮」(札幌市)

樹齢100年を超えるハルニレやカツラなどが茂る境内は散策におすすめのスポットです。春は梅と桜が同時に咲く名所でもあり、6月の「札幌まつり」は札幌最大のお祭りとして多くの参拝客が訪れます。

北海道神宮

住所
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
料金
無料

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】石畳の坂道に映える教会「カトリック元町教会」(函館市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】石畳の坂道に映える教会「カトリック元町教会」(函館市)

江戸時代の末、フランス人宣教師のメルメ・デ・カションが仮聖堂を建てたのが始まり。内部にある祭壇は日本で唯一、ローマ法王から贈られた貴重な祭壇です。

カトリック元町教会

住所
北海道函館市元町15-30
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車、徒歩10分
料金
無料

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】観光名所として賑わう「五稜郭公園」(函館市)

【北海道ひとり旅×おすすめスポット】観光名所として賑わう「五稜郭公園」(函館市)

箱館開港後の警備、蝦夷地防衛などを目的に元治元(1864)年に完成した五角形の城郭。設計したのは蘭学者・武田斐三郎でオランダにあった一冊の築城書だけで完成させたといわれています。

五稜郭公園

住所
北海道函館市五稜郭町44
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで17分、五稜郭公園前下車、徒歩15分
料金
無料(郭内有料施設有り(箱館奉行所))
1 2 3

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください