トップ >  九州・沖縄 > 沖縄 > 八重山諸島 > 黒島 > 

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

エディターズ

更新日: 2022年12月20日

この記事をシェアしよう!

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。
上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかんな島です。
平坦な島の大部分が牧草地とあって、レンタサイクルで島をめぐれば、視界をさえぎるものがない開放感に浸れます。

黒島ではかわいいウミガメやウミガメの赤ちゃんに出会える、黒島研究所にもぜひ立ち寄ってみましょう。
エサやり体験などもできますよ。

黒島でのんびりとした島時間を楽しみましょう。

黒島ってこんな島

黒島ってこんな島

黒島は、人口約220人に対して、牛の数は3000頭を超える牛の島。またウミガメが産卵に訪れる自然豊かな美しい島です。ATMは島内唯一の黒島郵便局にありますが、日曜や祝日は使えません。商店が一軒のみでコンビニはなく自動販売機も少ないので、必要なものは出発前に石垣島で準備してでかけましょう。

黒島の見どころ

黒島の見どころ

まずはウミガメの資料と島の情報が充実する黒島研究所へ。黒島展望台から島を一望したら、自然豊かな浜をめぐってみましょう。木陰が少ないので、クールダウンは島カフェがおすすめです。

黒島への行き方 石垣港離島ターミナルから高速船に乗って約30分!

黒島への行き方 石垣港離島ターミナルから高速船に乗って約30分!
石垣港離島ターミナル

黒島への行き方① 高速船はここから出発!石垣港離島ターミナルってこんなところ

石垣空港から路線バスで約30〜40分、タクシーで約30分の位置にある石垣港離島ターミナル石垣島と離島を結ぶ高速船の拠点施設です。船会社やツアー会社のカウンター、おみやげショップ、飲食店、プラネタリウム、コインロッカーなどがあります。

黒島への行き方② 高速船乗船券は事前予約がおすすめ!

黒島への行き方② 高速船乗船券は事前予約がおすすめ!

黒島へは安栄観光と八重山観光フェリーの高速船に運航しています。乗船代は片道1340円、往復2570円(2022年12月1日現在)。船会社のホームページで高速船乗船券を予約、クレジットカード決済をしておけば、乗船当日はカウンターでの手続きは不要。観光客でにぎわう夏季は予約がおすすめです。出港10分前までに「のりば」へ向かえばOK。もちろん当日空席があればカウンターでもチケット購入はできます。

黒島への行き方③ 石垣港から黒島への乗船代と時刻表(2022年12月1日現在)

所要25〜30分
乗船代片道1340円(小学生680円)往復2570円(小学生1300円)
安栄観光石垣黒島
07:5009:25
13:00(竹富経由)13:50
16:0017:25
八重山観光フェリー
08:0008:40
12:3013:10
17:0017:35

燃料油仕入価格によっては運賃以外に燃油サーチャージが発生いたします。
金額は変更になる場合もございますので予めご了承ください。

ターミナル内のとぅもーるショップでドリンクなど必要なものを購入

高速船は全席自由席。酔いやすい人は早めに並んで後部座席へ

黒島への行き方④ 高速船で約30分で黒島港に到着!

黒島への行き方④ 高速船で約30分で黒島港に到着!

高速船で約30分の船旅。船上から赤瓦屋根が印象的な黒島港ターミナルを望むことができます。

黒島の島内をめぐる手段

島内に公共交通機関やタクシーはありません。平坦な島なのでレンタサイクルでまわるのが一般的。黒島港のターミナルにコインロッカーはないので、リュックひとつなど、荷物は少なめにしておきましょう。日焼け止めも忘れずに。

黒島内をめぐる手段① おすすめはレンタサイクル

黒島内をめぐる手段① おすすめはレンタサイクル
島カフェ ハートらんどのレンタサイクル

自転車を借りるなら、港の前にある島カフェ ハートらんどがおすすめです。電動自転車や電動キックボードもあり、普通自転車は2時間800円からです。

黒島内をめぐる手段② レンタカーは予約必須

島内には黒島レンタカー(電話/0980-85-4211)がありますが台数が少ないので、予約を必ずしておきましょう。また石垣港からレンタカーを航送することはできません。

黒島観光で絶対したいこと

黒島観光で絶対したいこと① 黒島研究所でウミガメに出会う

黒島観光で絶対したいこと① 黒島研究所でウミガメに出会う
屋内の水槽でスイスイ泳ぎ回るタイマイの子ガメ

黒島はウミガメが産卵する浜があることで知られていますが、近年はその数が減少。島にある黒島研究所ではさまざまな調査・研究を行い、ウミガメが産卵できる砂浜を守っています。展示室ではウミガメの飼育保護の様子やサンゴ標本をはじめ、黒島にすむ動物や民具などを紹介しています。屋外ではサメのエサやり体験にも挑戦できます。

アカウミガメやアオウミガメを紹介する展示室

サンゴ標本のコレクションの一部を展示

「うしくじ」一回1000円でもれなく当たる牛のぬいぐるみ

黒島研究所
住所/竹富町黒島136
電話/0980-85-4341
見学料/500円
営業時間/9:00~18:00(10~3月は~17:00)
休業日/無休

黒島観光で絶対したいこと② 黒島展望台で島を360度見渡す

黒島観光で絶対したいこと② 黒島展望台で島を360度見渡す
琉球王国時代の遠見台が原型

黒島展望台は黒島の中心にあり、高さ10mながら島いちばんの眺望が楽しめるスポット。牛がのんびりと草を食む放牧場を一望し、晴れた日には竹富島や西表島を見渡すことができます。展望台の横にはあずまやがあり、休憩するのもいいですよ。

黒島展望台から島内を見渡す

黒島展望台
住所/竹富町黒島
営業時間/見学自由

黒島観光で絶対したいこと③ 絶景海岸をのんびり散策

黒島観光で絶対したいこと③ 絶景海岸をのんびり散策
ウミガメの産卵を見守るのどかで美しい浜

浜に向かう未舗装の小道を抜けた先にある西の浜。海の向こうに西表島や小浜島を望み、春から夏にかけては、夜にウミガメが産卵することもあるそうです。波の音を聴きながら静かな時間を過ごすのがおすすめ。

西の浜
住所/竹富町黒島
営業時間/見学自由

黒島の浜はどこも手つかずの自然が残る浜。その一つ仲本海岸は、沖に向けて浅瀬が延び、イノー(礁池)でスズメダイやクマノミ、ヒトデ、ウミウシなどの海の生き物を見ることができます。

また、宮里海岸は旧暦の6月頃に行われる豊年祭の会場となる静かで夕日が美しい浜。いずれの浜も潮の流れが早いこともあり、アクティビティはおすすめできません。潮が引いた浜の散策を楽しみましょう。

宮里海岸

仲本海岸

まるで海の上を歩いているよう

海の上に一直線に延びる全長354mの伊古桟橋は国の有形文化財。かつては船着き場として使われていた桟橋で釣りをしたり、あずまやで休憩したりと、島人の憩いの場となっています。桟橋の上で写真を撮るのもいいですね。

伊古桟橋
住所/竹富町黒島
営業時間/見学自由

黒島観光で絶対したいこと④ 島ならではの絶品ランチを食べる

黒島観光で絶対したいこと④ 島ならではの絶品ランチを食べる
パパイヤ入りカレーライス800円、パリのアイスコーヒー500円

伊古桟橋の近くにあり、観光の足休めにぴったりのカフェ iconoma。パリで暮らしていた女性オーナーが作るメニューは評判の味。島特産のパパイヤをふんだんに使い、トマトの酸味がほどよいカレーが人気です。

本日のスイーツ(写真はクレープ)400円

手作りの看板が出迎えてくれる

カフェ iconoma
住所/竹富町黒島1409-1(2023年夏、近くに移転予定)
電話/090-1179-3204
営業時間/12:00~17:00
休業日/水・土曜

黒島観光で絶対したいこと⑤ 島カフェでトロピカルスイーツを楽しむ

黒島観光で絶対したいこと⑤ 島カフェでトロピカルスイーツを楽しむ
看板代わりの牛のモニュメントが目をひく

島カフェ ハートらんどは港の目の前にある憩いの場。窓から海を眺めながら、八重山そばやかき氷などが味わえます。船の時間待ちにもぴったり。

波照間島産の黒蜜シロップをかけたアイスクリームの天ぷら800円

磯の香りが食欲をそそる生アーサーそば1100円

島カフェ ハートらんど
住所/竹富町黒島466
電話/0980-85-4007
営業時間/9:00~21:00
休業日/無休

黒島観光で絶対したいこと⑥ 黒島のことをもっと知る

黒島観光で絶対したいこと⑥ 黒島のことをもっと知る
建物裏手にはプズマリ(遠見台)が残る

竹富町の文化財「番所跡」に建つ黒島ビジタセンター。黒島で昔使われていた民具や農具、生活用品、海の生物などの展示を見ながら、自然や伝統について知ることができます。島内観光の合間に立ち寄ってみましょう。

敷地内に残る「学校教育発祥之地」の石碑

西表石垣国立公園 黑島ビジターセンター
住所/竹富町黒島1
電話/0980-85-4149
営業時間/9:30〜17:00(10〜3月は16:30)
休業日/無休

黒島観光で絶対したいこと⑦ 情緒ある黒島の集落を歩く

黒島観光で絶対したいこと⑦ 情緒ある黒島の集落を歩く
昔ながらの家屋が残る

黒島伝統芸能館が建つ通りは風情ある道。近くの東筋集落には整然と積まれたサンゴの石垣に囲まれた、赤瓦の民家が並んでいます。庭先を彩る花を愛でながら、のんびりと散策を楽しみましょう。

集落近くに建つ「日本の道100選」の碑

東筋集落
東筋集落(あがりすじしゅうらく)
住所/竹富町黒島

黒島観光で絶対したいこと⑧ 黒島へ宿泊してみる

黒島観光で絶対したいこと⑧ 黒島へ宿泊してみる
戦前からある赤瓦の家

「まいすく家(前底家)」は今では数少なくなった、赤瓦屋根の古民家です。瓦や柱、天井の梁などはそのまま残し、一日一組限定の古民家宿に生まれ変わりました。緑に囲まれた庭でBBQをしたり、星空を眺めたりしてのんびりと過ごすのも島泊ならでは。

手ぶらでも泊まれるように必要な物はそろっている

まいすく家
住所/竹富町黒島460
料金/1棟2万(2人)〜4万5000円(10人)
電話/0980-85-4007
チェックイン・アウト/15:00・ 10:00
休業日/無休

黒島観光で絶対したいこと⑨ 黒島みやげを購入

黒島観光で絶対したいこと⑨ 黒島みやげを購入
店頭に赤いのぼりがでていたら営業中

飲み物の自動販売機がほとんどない島で、ドリンクやおにぎり、刺身、サーターアンダギーなどを販売。牛がモチーフになったマスコット根付けやポーチなどはおみやげにおすすめです。

島民にとっては欠かせない店

たま商店
住所/竹富町黒島1450
電話/0980-85-4223
時間/10:00~20:00
休業日/無休

黒島で感動体験にあふれる一日観光をしよう!

黒島で感動体験にあふれる一日観光をしよう!

アオウミガメ、タイマイなどが産卵に訪れるほど、美しい浜が残る黒島。

コンビニやファストフード店など便利な施設はありませんが、海風を感じたり、波音に耳を傾けたり、星空を見上げたりと自然に身を委ねて過ごすぜいたくな旅はいかがでしょうか。

九州・沖縄の新着記事

【宮崎・夜ごはん】宮崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!宮崎で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに宮崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、宮崎でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 チキン南蛮と...

【長崎・夜ごはん】長崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!長崎で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに長崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、長崎でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 長崎のソウル...

【沖縄 那覇・ディナー】那覇で夜を楽しめるとっておきのお店10選!那覇でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに沖縄の那覇で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、那覇でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 沖縄の...

【福岡 小倉・夜ごはん】小倉で夜を楽しめるとっておきのお店6選!小倉で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに福岡の小倉で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、小倉でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 鶏ガラ...

10円パンは韓国発の人気スイーツ!映え間違いなしの10円パンを食べてみた!

みなさまは「10円パン」をご存じですか? 韓国で生まれた10円パン(10ウォンパン)は、SNSで話題の商品!2023年のトレンドやグルメランキングに軒並みランクインするなど、多方面から注目を集めてい...

【大分・夜ごはん】大分で夜を楽しめるとっておきのお店5選!大分で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに大分で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、大分でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 手打ちの麺が...

【熊本・ディナー】熊本で夜を楽しめるとっておきのお店13選!熊本でディナーをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに熊本で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、熊本でおすすめのディナーをご紹介いたします。 桜のように鮮やかな...

【福岡県・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!福岡の初詣スポットおすすめ7選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、福岡県のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...

【博多駅近く・夜ごはん】博多駅近くで夜を楽しめるとっておきのお店16選!博多駅近くで夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに博多で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、博多駅近くでおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 明太子...

【福岡・夜ごはん】福岡で夜を楽しめるとっておきのお店20選!福岡で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに福岡で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、福岡でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 水と新鮮な鶏...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。