東北のおすすめの神事・神楽などスポット

東北のおすすめの神事・神楽などスポットをご紹介します。会津彼岸獅子、黒石寺蘇民祭、新庄まつりなど情報満載。

会津彼岸獅子 (アイヅヒガンジシ) 会津地方に400年以上続く伝統行事

900年以上続く伝統行事。家臣の魂を鼓舞するために、舞ったのが始まりと言われる。当日は豊作と家内安全を祈願して、三体の獅子が古式ゆかしく舞う。

会津彼岸獅子
会津彼岸獅子
会津彼岸獅子
会津彼岸獅子

会津彼岸獅子の詳細情報

住所
福島県会津若松市追手町
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で20分、鶴ヶ城入口下車、徒歩7分(鶴ヶ城)
営業期間
春分の日
営業時間
10:30~
休業日
情報なし
料金
要問合せ

黒石寺蘇民祭 (コクセキジソミンサイ) 天台宗妙見山黒石寺で夜を徹して行われる行事

凍てつくような寒さの中、厄払いと五穀豊穣を願って、参加者たちが我先にと勢いよく蘇民袋を奪い合う。1000年以上の歴史を持つ裸の男と炎の勇壮なまつりだ。

黒石寺蘇民祭

黒石寺蘇民祭の詳細情報

住所
岩手県奥州市水沢黒石町山内17
交通
JR東北本線水沢駅から岩手県交通正法寺行きバスで20分、黒石寺前下車すぐ(JR東北新幹線水沢江刺駅またはJR東北本線水沢駅から岩手県交通臨時便バスあり)
営業期間
旧暦1月7~8日(要問合せ)
営業時間
蘇民祭22:00~翌早暁(裸参り22:00~、蘇民袋争奪翌5:00頃~)
休業日
情報なし
料金
要問合せ

新庄まつり (シンジョウマツリ) 豪華な山車が町を練り歩く

最大の見どころは、町内ごとに出される20の山車(やたい)。どれもこれも力作揃いで、笛や鉦の奏でる新庄囃子のリズムにのって、力強く練り歩く姿は必見。

新庄まつり
新庄まつり
新庄まつり

新庄まつりの詳細情報

住所
山形県新庄市市内各所
交通
JR山形新幹線新庄駅からすぐ(駅前通り)
営業期間
8月24~26日
営業時間
山車行列18:30~(24日)・10:00~(25日)、他イベントにより異なる、詳細は要問合せ
休業日
情報なし
料金
有料観覧席(24日)=2000円(スタンド席)、1500円(スタンド席以外)/有料観覧席(25日)=1500円(スタンド席)/

豊烈神社例大祭 古式打毬 (ホウレツジンジャレイタイサイ コシキダキュウ) 1821年から現在まで継承されている「古式打毬」を祭礼で奉納

文政4(1821)年以来、現在まで継承されている「古式打毬」を祭礼で奉納。日本に残る3つの打毬のうちのひとつで、騎馬戦修練のために行われたと伝えられている。

豊烈神社例大祭 古式打毬の詳細情報

住所
山形県山形市桜町7-47
交通
JR山形駅から徒歩10分

五所川原立佞武多 (ゴショガワラタチネプタ) 超高層の山車が夜空を彩る

見どころは何と言っても“立佞武多”。1台の大きさは約22mにもなり、7階建てのビルに相当するというから驚きだ。天を衝くような巨大な姿で巡行する様子は圧巻。

五所川原立佞武多
五所川原立佞武多
五所川原立佞武多
五所川原立佞武多

五所川原立佞武多の詳細情報

住所
青森県五所川原市五所川原駅周辺
交通
JR五能線五所川原駅からすぐ
営業期間
8月4~8日
営業時間
立佞武多運行19:00~21:00、他イベントにより異なる、詳細は要問合せ
休業日
情報なし
料金
要問合せ
×