トップ >  関西 > 北近畿 > 天橋立・丹後半島 > 舞鶴 > 

舞鶴観光おすすめスポット!海軍ゆかりの港町めぐりをしよう

jigen

更新日: 2023年9月6日

この記事をシェアしよう!

舞鶴観光おすすめスポット!海軍ゆかりの港町めぐりをしよう

明治期に海軍鎮守府が置かれ、軍港として発展した舞鶴。
旧海軍が建造した赤レンガ倉庫を生かしたカフェや、全国でも珍しい現役の自衛隊艦艇が停泊する桟橋など、新旧が交錯する風景に歴史ロマンが感じられます。
潮風に吹かれながら、魅力に満ちた港町を散策してみてはいかがでしょうか。

舞鶴観光モデルコース

所要:約7時間
料金:約3000円(施設利用料+飲食費、移動交通費を除く)

 

<START>
JR西舞鶴駅

⇩ 車で約15分

9:00 ① 五老スカイタワー

⇩ 車で約11分

10:00 ② 海軍記念館

⇩ 徒歩すぐ

11:00 ③ 自衛隊桟橋

⇩ 徒歩約15分

12:00 ④ 海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

⇩ 徒歩すぐ

13:00 ⑤ 舞鶴赤れんがパーク

⇩ 徒歩すぐ

14:30 ⑥ 赤れんが博物館

⇩ 車で約10分

<GOAL>
15:30 ⑦ 舞鶴引揚記念館

 

プランニングのコツ
★①の五老スカイタワーと⑦の舞鶴引揚記念館へは車で。②の海軍記念館から⑥の赤れんが博物館までは車を舞鶴赤れんがパークの駐車場へ止めて徒歩で見学。

★港めぐり遊覧船は12時に出港する便に乗りたい。乗船チケットは舞鶴赤れんがパークで販売しているので着いたらすぐにゲットしよう。

★ランチは舞鶴赤れんがパーク内にあるカフェでとるのが効率的。舞鶴ゆかりの肉じゃがやカレーも味わえる。

★舞鶴引揚記念館の最終入館は16時30分。舞鶴赤れんがパークからの移動時間をチェックして遅れないようにしよう。

【舞鶴×観光】① 五老スカイタワー

海抜325mから美しいリアス海岸を一望

舞鶴市のほぼ中央、五老ヶ岳山頂にそびえ立つスカイタワー。日本有数の高さを誇る海抜325mの展望室からは360度のパノラマビューが楽しめ、舞鶴湾と市街地が一望できる。

【舞鶴×観光】① 五老スカイタワー

近畿百景第1位に選ばれた絶景。夕暮れや夜景も素敵

【舞鶴×観光】① 五老スカイタワー

タワーに隣接するカフェテラスでゆっくり過ごしてもいい

五老スカイタワー

住所
京都府舞鶴市上安暮谷237
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:30(閉館19:00)、土・日曜、祝日は~20:30(閉館21:00)、12~翌3月は~16:30(閉館17:00)
休業日
無休(天候により臨時休あり)
料金
入館料=大人300円、小・中学生150円/(障がい者手帳持参で入館料半額)

【舞鶴×観光】② 海軍記念館

旧海軍の貴重な資料を展示

海上自衛隊舞鶴地方総監部内にある、旧海軍機関学校大講堂を利用した展示施設。東郷平八郎に関する資料や旧海軍にまつわる品を200点あまり展示。

【舞鶴×観光】② 海軍記念館

日露戦争に関する貴重な資料が多く展示されている

【舞鶴×観光】③ 自衛隊桟橋

巨大な艦艇を目の前で見学

土・日曜、祝日に、舞鶴海上自衛隊の艦艇を敷地内の岸壁から見学することができる。想像以上に大きな艦艇にみんな大興奮!HPの見学予定をチェック

【舞鶴×観光】③ 自衛隊桟橋

最新鋭の護衛艦を間近に。マニアならずとも感動間違いなし

【舞鶴×観光】④ 海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

湾内の美しい風景が楽しめる

海軍ゆかりの造船所や迫力満点の護衛艦を間近に見られる人気の30分コース。土・日曜、祝日はweb予約が望ましい。

【舞鶴×観光】④ 海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

二羽の鶴をイメージした名所「クレインブリッジ」

【舞鶴×観光】④ 海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

遊覧船の運航はHPで要事前確認

【舞鶴×観光】⑤ 舞鶴赤れんがパーク

情緒たっぷりの赤れんが倉庫群

東舞鶴地区に残る赤れんが建築物は、もともと海軍の軍需品保管庫だった。現在、残る12棟のうち8棟は重要文化財に指定され、カフェやショップ、博物館、イベント会場などに利用されている。

【舞鶴×観光】⑤ 舞鶴赤れんがパーク

アートイベントの開催など、新たな魅力を発信し続けている

【舞鶴×観光】⑤ 舞鶴赤れんがパーク

赤れんが2号棟の2階は舞鶴の歴史を紹介する展示コーナー

<ここでひと休み>cafe jazz

ジャズをBGMにくつろぐ

2号棟・舞鶴市政記念館にあるジャズカフェ。ドリンクのほか、海軍肉じゃが丼や海軍カレーライスなど軽食メニューもある。ジャズコンサートも開催。

<ここでひと休み>cafe jazz

海軍カレー(ドリンク付)

<ここでひと休み>cafe jazz

赤煉瓦cafe jazz

住所
京都府舞鶴市北吸1039-2舞鶴市政記念館 1階
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通東西循環線左回りバスで5分、市役所前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:30(閉店20:00)、月曜は~16:30(閉店17:00)
休業日
無休(12月28日~翌1月3日休)
料金
ケーキ=320円/珈琲=420円/

舞鶴赤れんがパーク

住所
京都府舞鶴市北吸1039-2
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通東西循環線左回りバスで5分、市役所前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由(内部は9:00~17:00)、イベント開催時は変更の可能性あり
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休、変更の可能性あり)
料金
入館無料(イベントは有料の場合あり)

【舞鶴×観光】⑥ 赤れんが博物館

世界のレンガを展示する

現存する鉄骨レンガ造りの建築物では国内最古級。富岡製糸場のレンガや古代メソポタミアの遺跡、万里の長城のレンガなどを展示している。

【舞鶴×観光】⑥ 赤れんが博物館

旧海軍の魚雷庫として建設された倉庫を利用

赤れんが博物館

住所
京都府舞鶴市浜2011
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通東西循環線左回りバスで5分、市役所前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
入館料=大人300円、小・中・高・大学生150円/舞鶴引揚記念館との共通券=大人400円、小・中・高・大学生200円/(入館料は団体20名以上大人200円、小・中・高・大学生100円、障がい者入館料半額)
1 2

北近畿の新着記事

【城崎温泉駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット4選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、城崎温泉駅周辺(徒歩20...

【西舞鶴駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、西舞鶴駅周辺(徒歩20分...

【天橋立駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、天橋立駅周辺(徒歩20分...

【宮津駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット4選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、宮津駅周辺(徒歩20分圏...

【浜坂駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、浜坂駅周辺(徒歩20分圏...

兵庫県の桜の名所・お花見スポットおすすめ15選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月19日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

京都府の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月19日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

【京都府・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!京都の初詣スポットおすすめ8選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、京都府のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...

【兵庫県城崎・カニ】この冬もシーズン到来!城崎でカニを堪能できる宿3選&気軽にカニを楽しめる店6選をご紹介

名湯につかりながら鮮度抜群のカニを! 西日本屈指の温泉街。 冬は車で5分ほどの位置にある津居山漁港のカニが楽しめます。 漁場まで2時間と近く、日帰り漁も可能な津居山ガニは鮮度抜群!...

【兵庫県香住・カニ】紅ズワイはすでにシーズン中!本場香住のカニをお得に楽しめる宿6軒&市場3軒をご紹介

カニの本場、兵庫県香住町。 本場の美味しいカニを求めて、遠くからわざわざ訪れる人も多い町です。 そんな香住町で本場のカニを味わえる温泉宿や、お土産に買って帰りたくなるカニが豊富に揃う市場などを...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者
jigen

まっぷるの奈良、山陰地方を担当。担当エリア以外にもオモシロネタを発信します!